ジェームズ・ワン(James Wan)

2015年9月28日 (月)

ユニバーサル、『ワイルド・スピード8』の監督探しに必死!

ヴィン・ディーゼルユニバーサル社が、人気シリーズ第8弾となる『ワイルド・スピード8』に向けて最適な監督を必死に探しているところのようだ。同シリーズおなじみのジャスティン・リン監督と前作『ワイルド・スピード SKY MISSION』の監督を務めたジェームズ・ワンが共に次回作で監督することを断ったため、ユニバーサル側は引き続き監督探しを続けていることを発表した。ユニバーサルの広報はワンがプロデューサー兼主演のヴィン・ディーゼルと一緒に仕事をするのが困難であるという理由から新作への監督続投を拒否したという噂を一蹴しており、『死霊館2』とのスケジュールの兼ね合いにより、ワンが第8弾を手がけることは元から視野に入れられていなかったと明かしている。

2015年8月13日 (木)

ジェームズ・ワン、人気ゲーム「モータルコンバット」映画化作のプロデュースへ

ジェームズ・ワン『ワイルド・スピード SKY MISSION』の監督であるジェームズ・ワンが、人気ゲーム「モータルコンバット」映画化作のプロデュースに携わるようだ。1995年にすでに映画化されている作品のリブート版で、長いこと話し合いが行われてきており、脚本はウェブシリーズ『Mortal Kombat Legacy』や『エクスペンダブルズ』を共に手掛けたことのあるオレン・ウズィエルとデヴィッド・キャラハムが執筆中だという。この新作のほかにもワンにはワーナー・ブラザース製作の『死霊館2』や『アクアマン』の監督業も控えるなど多忙を極めている。一方で今年に公開されたワン監督作『ワイルド・スピード SKY MISSION』は映画史上最高レベルの興行収入を収める大ヒットとなっており、この結果を受けてシリーズ第8弾も製作されることが決定している。

2015年6月 8日 (月)

ジェームズ・ワン、『アクアマン』の監督に決定!

ジェームズ・ワンジェームズ・ワンが、『アクアマン』の監督を務めることになった。ワーナー・ブラザースはジェイソン・モモアがアトランティス王として出演するDCコミック最新映画にワン監督が参加することを発表した。故ポール・ウォーカーやヴィン・ディーゼル、ドウェイン・ジョンソンらが出演した『ワイルド・スピード SKY MISSION』の興行成績を受けて、『アクアマン』の監督としてワンの名前は一番に挙がっていたようで、ワーナー・ブラザース側はそのクリエイティブな才能とユニークな提案を持って素晴らしい作品を作りだしてくれることに期待しているそうだ。アクアマンがアトランティス王としての座に就くことに気が進まない中、海底の市民たちが地上世界との戦争に向けて準備を進めるという姿が描かれるこの作品。ジェイソンはバットマンvスーパーマン:ドーン・オブ・ジャスティス』でアクアマンとして初登場することが決まっており、『ジャスティス・リーグ』2作品にも出演する予定になっている。




最新映画ナビ関連ブログ

カテゴリ