ジェームズ・ガン(James Gunn)

2018年5月31日 (木)

マーク・ハミル、「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」シリーズ第3弾に出演?

ジェームズ・ガン、マーク・ハミルマーク・ハミルが、「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」シリーズ第3弾への出演の可能性について言及した。「スター・ウォーズ」シリーズのルーク・スカイウォーカー役でお馴染みのマークは、「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」シリーズで監督を務めているジェームズ・ガンと共に、自分が過去にマーベル・シネマティック・ユニバースに出演する可能性があったことを明かし、続編への出演の噂に肯定的な構えを見せている。ガンはインスタグラムにマークとの写真を投稿し、家族ぐるみでバーベキューを楽しんだことを報告し、マークも同様に何でも話す仲だというガンとの会話の中でマーベル・シネマティック・ユニバースの話題が持ち上がると明かしている。

2018年1月18日 (木)

ジェームズ・ガン監督、『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』第3弾の公開日を発表

ジェームズ・ガンジェームズ・ガン監督が『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』第3弾を2020年に公開すると発表した。ガンはツイッター上で、あるファンから『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』第3弾が公開されるのかと尋ねられ、2020年に公開されると答えた。マーベル・スタジオは同作のため2020年に3つの公開日を用意していることから、5月1日か8月7日、あるいは11月6日に封切られると見られている。マーベルのケヴィン・ファイギ社長が、来年に公開予定の『アベンジャーズ』第4弾がマーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)のフェイズ3の完結となるとコメントしたことを受け、ガンは最近、同作がMCUの新たなフェイズの幕開けになると発表していた。

2017年9月14日 (木)

『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』続編にロケットの生い立ちの話!?

ジェームズ・ガンジェームズ・ガン監督が次回作『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシーVol.3』に人気キャラクター、ロケット・ラクーンの生い立ちの話を盛り込むことを示唆したそうだ。ロケットはシリーズ1作目から出演しており、ブラッドリー・クーパーが声優を務めている。そんなロケットについてガン監督は、先週アメリカで開催されたハズコン(HASCON)にて、次回作でその過去について触れると発言した。同キャラクターは漫画家のビル・マントロとアーティストのキース・ギフェンによってつくられ、1976年の『Marvel Preview』第7巻で初登場を果たした。また、「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」シリーズの主要キャラクターたちは、『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』にも出演することが決定しており、同映画でアベンジャーズのメンバーと協力して宿敵サノスとの戦いに挑む。ガンは最近ファンに対して、『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシーVol.3』にはマーベルシリーズの今後の展開においてキーパーソンとなる人物が登場することも明かしていた。

2017年8月25日 (金)

『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』第3弾、マーベル映画の新たな章の幕開けに?

ジェームズ・ガンジェームズ・ガン監督は今後のマーベル映画の展望について触れ、『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』第3弾が新たなマーベル映画のステージの幕開けとなることを明かした。ガン監督はノヴァという名でも知られるキャラクター、リチャード・ライダーが今後マーベル・シネマティック・ユニバースに登場する可能性を認め、『アベンジャーズ』の2作品の後に展開される同シリーズ第3弾を、マーベル映画作品の今後の10年か20年を構成するのに役立つ映画にしたいとしている。また同シリーズ第3弾の脚本に苦戦しながらも、1作目でのキャラクターの観客も注目していないような細部のこだわりを明かし、それが今後生かされるだろうと述べた。

2017年4月20日 (木)

ジェームズ・ガン、『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』第3弾の脚本兼監督へ

ジェームズ・ガン、『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』ジェームズ・ガンが『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』第3弾の脚本兼監督を務めることが決定した。シリーズ第2弾となる『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー: リミックス』が5月12日に日本公開予定となっているが、すでにガン監督はマーベルと第3弾についての話し合いを進めていたようで17日(月)、自身のフェイスブックで次回作の脚本兼監督を務めることが決まったことを発表している。そんなガン監督は以前、クリス・プラットやゾーイ・サルダナ、カート・ラッセルらが出演する第2弾に紫色を使うことを禁じたと話していたことがあった。第2弾を視覚的に訴えるものにしたかったというガン監督は、新たなスタイルを持たせるためにも第1弾に多く使われていた色を使わないように心がけたそうだ。




最新映画ナビ関連ブログ

カテゴリ