ジェームズ・コーデン(James Corden)

2018年6月19日 (火)

ジェームズ・コーデン、新作映画『Super Intelligence』で声優に

ジェームズ・コーデンジェームズ・コーデンが、新作SFコメディ映画『Super Intelligence』で声優を務めるようだ。『レイト×2ショー with ジェームズ・コーデン』の司会でお馴染みのジェームズは、メリッサ・マッカーシー主演の同新作で人口知能である世界初の超知能の役を演じるようだ。一方でメリッサは、監視対象に選ばれたことで人生が劇的に変わった元重役のキャロル・ピーターズという役を演じるという。ジェームズはここ数年、司会の才能を発揮している一方で、『ピーター・ラビット』や8月10日に日本で公開予定の『オーシャンズ8』などにも出演している。2011年に上演された『One Man, Two Guvnors』での演技を評価され、トニー賞を受賞したことがあるジェームズだが、体重を理由に配役を逃したことも過去にはあったそうだ。

2017年12月15日 (金)

ジェームズ・コーデンに第3子が誕生

ジェームズ・コーデン,ジュリア・キャリージェームズ・コーデンとジュリア・キャリー夫妻に12日(火)、第3子が誕生した。すでに6歳のマックス君と3歳のキャリーちゃんの2児の父であったジェームズは、ツイッターで3人目の誕生を報告した。母子ともに健康だと伝えると共に、開始2時間半前という突然の頼みに答え、この日放送の冠番組『レイト×2ショー with ジェームズ・コーデン』で自身に代わり司会を務めてくれたというハリー・スタイルズにも感謝の意を表している。ジェームズは、今年9月に行われた第69回プライムタイム・エミー賞に出席した際、生まれてくる子どもが女の子であることを明かし、クリスマス時期の予定日を心待ちにしていると話していた。

2017年9月28日 (木)

ジェームズ・コーデン、3年連続でハリウッド・フィルム・アワードの司会へ

ジェームズ・コーデンジェームズ・コーデン(39)がハリウッド・フィルム・アワードの司会を3年連続で務めることになった。同アワードをプロデュースするディック・クラーク・プロダクションズより25日(月)にジェームズが今年も司会を担当することが発表された。11月5日にビバリー・ヒルトン・ホテルで開催予定の同アワードは今年で21回目を迎えており、映画作品と俳優を賞賛するのに加え、新作映画の予告編なども紹介し、撮影賞、視覚効果賞、作曲賞、衣装デザイン賞、編集賞、製作デザイン賞、サウンド賞、メイクアップ賞などを授与する。「アワードシーズンの始まり」として知られる同アワードの受賞候補者は近々発表されるとのことだ。ジェームズはこれまでにブリット・アワードを3回、2016年にトニー賞、今年グラミー賞で司会を務めた経験があり、すでに2018年のグラミー賞でも司会をすることが決まっている。

2017年5月20日 (土)

ジェームズ・コーデン、2018年度グラミー賞司会へ!

ジェームズ・コーデンジェームズ・コーデンが2018年度グラミー賞の司会を務めることが決定した。今年度のグラミー賞でも司会を務めていたジェームズは、主催者側からそのパフォーマンスを高評価されたようで、来年度の式典でも引き続きその役を任されたという。CBSの「ザ・レイト・レイト・ショー・ウィズ・ジェームズ・コーデン」の司会を務めるジェームズは17日(水)、ニューヨークで行われたCBSのイベントにパネラーとして出演した際にこのニュースを発表した。グラミー賞はこれまでカリフォルニア州ロサンゼルスで開催されてきたのだが、来年度からその場所をニューヨークへと移すことが決定している。その一方で今週にはジミー・キンメルが今年度に引き続き、来年度のアカデミー賞授賞式司会を務めることが発表されていた。

2016年11月24日 (木)

ジェームズ・コーデン、2017年度グラミー賞司会へ

ジェームズ・コーデンジェームズ・コーデンが2017年度グラミー賞の司会を務めることが決定した。人気トーク番組「レイト・レイト・ショー」の人気司会者であるジェームズは、来年2月12日に開催されるアメリカ最大級の同音楽賞の司会を初めて務めることになる。アデルやスティーヴィー・ワンダー、ジェニファー・ロペスなど音楽界のスーパースターたちとともに車の中でカラオケを楽しむコーナー「カープール・カラオケ」が人気を博しているジェームズは、過去5年間に渡ってグラミー賞の司会を務めたLL・クール・Jからそのバトンを受け取る。ジェームズはリット・アワードの司会を3回務めた経験を持つほか、今年6月に行われた2016年度トニー賞の司会も務めていた。

2016年6月13日 (月)

第70回トニー賞で『ハミルトン』が11部門受賞!

ジェームス・コーデン6月12日に開催された第70回トニー賞で『ハミルトン』が11部門の最多受賞に輝いた。同日早朝にフロリダ州オーランドで起きた銃乱射事件の追悼の意を込め、同授賞式の司会を務めたジェームス・コーデンは式典のはじめに、舞台とはすべての人種、宗教、セクシャリティ、性別が平等であり、受け入れられ、愛される場所だとし、この式典がその本質の象徴となり称えるものとなると語った。そんな中、演劇作品賞には『ザ・ヒューマンズ』、ミュージカル作品賞には『ハミルトン』が輝き、演劇主演女優賞は『夜への長い旅路』のジェシカ・ラング、演劇主演男優賞は『ザ・ファーザー』のフランク・ランジェラがそれぞれ受賞した。

2015年4月28日 (火)

ジェームズ・コーデン、トム・フェルトンのパスポートを発見!

20150501_tomfeltonジェームズ・コーデンは、トム・フェルトンがロサンゼルス国際空港で失くしたパスポートを発見したそうだ。『ハリー・ポッター』のドラコ・マルフォイ役でお馴染みのトムが自身のツイッターで携帯電話とパスポートを失くしてしまったとツイートしたその数時間後、ジェームズがロサンゼルス国際空港でパスポートを見つけたことをツイッターで報告した。携帯電話は見つけたファンたちがその携帯電話でセルフィーを撮った後にトムの元へと返還したそうで、結果的には無事両方が手元に戻ってきたトムだが、パスポートと携帯電話を同じ日になくすなんてどうかしていると落ち込んだ様子のツイートをしていた。

2013年6月10日 (月)

ジェームズ・コーデン、トム・クルーズ主演最新作『M:i:5』に出演でいよいよ本格ハリウッド進出!?

ジェームズ・コーデンジェームズ・コーデンが、『ミッション:インポッシブル5』に出演する可能性が出てきた。ジェームズは今週ロサンゼルスで主演のトム・クルーズと豪華なディナーを共にしているところを目撃されていて、ジェームズのシリーズ最新作への出演に向けて2人が話し合っていたと噂されている。今回のトムとのディナーには、前作に引き続き出演が取り沙汰されているジェレミー・レナーをはじめ、『マン・オブ・スティール』のマイケル・シャノンや『ゼロ・ダーク・サーティ』のジェイソン・クラークなど、近年頭角を現してきているクセ者俳優達も参加している。そんなジェームズは新作『Into The Woods』でジョニー・デップやメリル・ストリープとも共演予定だ。




最新映画ナビ関連ブログ

カテゴリ