ヒース・レジャー(Heath Ledger)

2011年1月27日 (木)

故ヒース・レジャーのエキシビション、開催へ

ヒース・レジャーヒース・レジャーをテーマにした新しいエキシビションが、故郷のオーストラリアで開催されるようだ。2008年にニューヨークの自宅アパートで薬物過剰摂取のため事故死したヒース。彼に近しい親類が集まり、パースにある西オーストラリア博物館にて、彼の映画界でのキャリアを記念するエキシビションを開催しようと取り組んでいる。展示品の多くはヒースの父キム・レジャーの所持品で、その中には『ダークナイト』のジョーカー役で死後に獲得したオスカー像や、役作りのために綴っていた日記などが含まれているという。キムは今回のプロジェクトに参加できたことをこの上なく喜んでおり、ヒースが生まれ育ったパースに、より多くの観光客を呼び込めることを期待しているという。

2009年2月 5日 (木)

オーストラリアの記念切手に、オーストラリア人俳優が続々!

1月26日のオーストラリア・デーにちなんで発売されたオーストラリア特別記念切手に、俳優としてケイト・ブランシェット、二コール・キッドマン、ラッセル・クロウ、ジェフリー・ラッシュが選ばれたことが明らかになった。アカデミー賞を受賞した同4人がアート部門におけるオーストラリアのホープとして、オーストラリアの伝説的人物シリーズの切手に登場するもの。今年ヒース・レジャーが『ダークナイト』で同賞助演男優賞を受賞すれば、新たにヒースも記念切手に選ばれるかもしれない。

Photo:ACP/アフロ

2009年2月 3日 (火)

ヒース・レジャーが、『ダークナイト』の冒頭6分間を鑑賞していた

昨年の1月22日亡くなったヒース・レジャーは、『ダークナイト』の完成前に亡くなったため、同作品を見ていないと思われていたが、亡くなる直前に、冒頭のシーン約6分間(ジョーカーらが銀行強盗をするシーン)だけを鑑賞していたことが明らかになった。プロデューサーがヒースに観賞を薦めたもので、ヒースは自分の演技にかなり衝撃を受けている様子だったという。それと同時にヒースは、同作がいい作品になる!と確信したようで、もう一度見せて欲しいと頼んできたという。

Photo:AFLO

2009年1月30日 (金)

第81回アカデミー賞のノミネーション総括

1月22日、第81回アカデミー賞のノミネートが発表され、『ベンジャミン・バトン/数奇な人生』が、作品賞、監督賞ほか主演男優賞など最多の13部門にノミネートされた。各賞を席巻している『スラムドッグ$ミリオネア』も作品賞、監督賞など9部門10ノミネートされており、作品賞はこの2作品の闘いになりそうだ。同ノミネートは各賞と顔ぶれはあまり変わりないが、『レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで』でゴールデングローブ賞主演女優賞を、『愛を読むひと』で同助演女優賞を受賞し、アカデミー賞助演女優賞の最有力候補だったケイト・ウィンスレットが、同賞では『愛を読むひと』で主演女優賞にノミネートされているため、助演女優賞の行方が気になるところ。また、助演女優賞に『ダウト/あるカトリック学校で』のエイミー・アダムスとヴィオラ・デイヴィスがダブルノミネートするなど、アカデミー賞ならではの結果となった。また同賞らしくメインの賞からははずれている『ダークナイト』が8部門でノミネートされており、ヒース・レジャーの助演男優賞はほぼ確実か。なお、授賞式は2月22日に、恒例のコダックシアターで行われる予定。

Photo:ZAK BRIAN/Gamma/AFLO

2009年1月 7日 (水)

故ヒース・レジャーの代わりは誰?

『ダークナイト』でジョーカー役を演じた故ヒース・レジャーの演技は確かなもので、各賞レースを席巻しているが、ゴールデングローブ賞やアカデミー賞などの授賞式でヒースが受賞した場合に、誰が代役を務めるかを巡ってもめているそうだ。スタジオ側やプロデューサーらは、ヒースの子供マチルダの母親であるミシェル・ウィリアムズに代役を務めて欲しいようだが、ヒースの父親が断固反対。監督のクリストファー・ノーランや主役のクリスチャン・ベールならいざしらず、ミシェルには何の関係もないと主張しているようだが、ミシェル側も同オファーはお断りのようだ。

2008年12月25日 (木)

ワシントンDC映画批評家協会賞が、発表に! 詳細はこちら>>

ワシントンDCの映画批評家協会賞が発表され、作品賞には、ナショナル・ボード・オブ・レビュー賞にも選ばれた『Slumdog Millionaire』が、そして同作のダニー・ボイルが監督賞を受賞した。また主演男優賞には『The Wrestler』ミッキー・ローク、同女優賞には『Doubt』のベテラン女優メリル・ストリープがそれぞれ選ばれた。なお『ダークナイト』の故ヒース・レジャーが助演男優賞を受賞しており、1976年に『ネットワーク』で故人としてはじめてアカデミー賞を手にした故ピーター・フィンチ以来、2人目の同受賞者になる可能性が高くなってきた。

第75回NY映画批評家協会賞も、発表に! 詳細はこちら>>

12月10日、第75回NY映画批評家協会賞が発表された。作品賞にはガス・ヴァン・サント監督作『Milk』が、監督賞には『Happy go Lucky』のマイク・リー監督がそれぞれ選ばれた。また主演男優賞には、『Milk』ショーン・ペン、同女優賞には『Happy go Lucky』のサリー・ホーキンスが、助演男優賞には『Milk』ジョシュ・ブローリン、同女優賞には『Vicky Cristina Barcelona』ペネロペ・クルスがそれぞれ選ばれ、同賞では『Milk』が高い評価を得る結果となった。なおヒースは、惜しくも次点で助演男優賞を逃したが、アメコミ超大作が同賞を受賞する可能性はかなり低く、高い評価を得ていることが伺える結果となった。

2008年12月24日 (水)

第14回放送映画批評家協会賞ノミネートが発表。詳細はこちら>>

第14回放送映画批評家協会賞のノミネートが発表され、ガス・ヴァン・サント監督作『Milk』と、デビッド・フィンチャー監督作『ベンジャミン・バトン/数奇な人生』が最多の8部門に、クリストファー・ノーラン監督作『ダークナイト』、ジョン・パトリック・シャンリィ監督作『Doubt』、ダニー・ボイル監督作『Slumdog Millionaire』が6部門にノミネートされた。作品賞10作品は上記5作品のほか、『Changeling』『Frost/Nixon』『愛をよむひと』『The Wrestler』、そしてアニメの『WALL・E/ウォーリー』が選ばれたほか、助演男優賞には故ヒース・レジャーが選ばれており、ヒースはアカデミー賞にまた一歩近づいた。なお授賞式は、2009年1月8日にロスで行なわれる予定。

2008年12月23日 (火)

第66回ゴールデングローブ賞ノミネートがついに発表!

第66回ゴールデングローブ賞ノミネートが、12月11日発表された。今年は大作のノミネートが例年に比べてかなり少なく、小粒の秀作がずらり。それぞれ主演のブラッド・ピットとフランク・ランジェラがドラマ部門の主演男優賞にノミネートされている『ベンジャミン・バトン/数奇な人生』『Frost/Nixon』『Milk』が最多の5部門でノミネートされているほか、『Slumdog Millionaire』『レボリューショナリー・ロード』『愛をよむひと』『Vicky Cristina Barcelona』がそれぞれ4部門にノミネートされており、接戦が予想されている。また、故ヒース・レジャーが、全米歴代2位を記録した『ダークナイト』で唯一、助演男優賞にノミネートされており、アカデミー賞への期待がかかる。なお、昨年の授賞式は米脚本家組合のストライキで開催中止を余儀なくされたが、来年は1月11日に、ロスのビバリーヒルトンホテルで開催される予定。

2008年12月22日 (月)

第34回LA映画批評家協会賞が発表。作品賞は今大人気のアノ作品!!

12月9日、LA映画批評家協会賞が発表され、作品賞には、アンドリュー・スタントン監督のアニメ『ウォーリー』が選ばれた。同賞の33年の歴史で、アニメが作品賞に選ばれるのは初めてのこと。また次点はクリストファー・ノーラン監督作『ダークナイト』が選ばれており、ジャンルを問わずに作品そのものが評価される時代を感じさせる結果となった。また監督賞には、『Slumdog Millionaire』のダニー・ボイルが、主演男優賞は『Milk』ショーン・ペン、同女優賞は『Happy go Lucky』のサリー・ホーキンスが、そして助演女優賞には『Vicky Cristina Barcelona』ペネロペ・クルス、同男優賞には『ダークナイト』の故ヒース・レジャーがそれぞれ選ばれた。

Photo : StarlightPics/Retna/アフロ




最新映画ナビ関連ブログ

カテゴリ