グェンドリン・クリスティー(Gwendoline Christie)

2016年3月25日 (金)

グェンドリン・クリスティー、英ドラマ「トップ・オブ・ザ・レイク~消えた少女~」出演決定

グェンドリン・クリスティーグェンドリン・クリスティーが、英ドラマ「トップ・オブ・ザ・レイク~消えた少女~」に出演することが決まった。BBC2とサンダンスTV制作、エリザベス・モス主演の同人気ドラマのシーズン2にグェンドリンは登場する。シーズン1終了から4年後を舞台に2017年より放送がスタートするシーズン2では、エリザベス演じるロビン・グリフィン刑事がシドニーのボンダイビーチにあがった身元不明のアジア人の少女の遺体を巡る事件を調査するストーリーになるようだ。「ゲーム・オブ・スローンズ」でおなじみのグェンドリンの役どころは今のところ明らかになっていないが、ストーリー展開上重要な役になることは間違いないようだ。そんなグェンドリンは現在『スター・ウォーズ:エピソード8』の撮影に入っており、同作の中で再びキャプテン・ファズマを演じている。

2014年4月10日 (木)

グェンドリン・クリスティー、『The Hunger Games: Mockingjay - Part 2』出演へ

グェンドリン・クリスティー人気ドラマ「ゲーム・オブ・スローンズ」のブライエニー役でおなじみのグェンドリン・クリスティーが、『The Hunger Games: Mockingjay - Part 2』にキャスティングされた。この夏、ロンドンのシェイクスピア・イン・ザ・パークにおける「から騒ぎ」の舞台に立つことが以前から予定されていたため降板したリリー・レーブに代わり、グェンドリンがジェニファー・ローレンス主演の人気シリーズ第4作目でライム司令官を演じることになる。第2区の反抗軍の司令官であるライムは、スノー大統領とその議会の手先から逃れた反乱軍が集まる第13区のリーダーの1人という役どころだ。6フィート3インチ(約190センチ)という長身のグウェンドリンは、原作で「6フィート以上の長身で筋肉質」と表記されるライム役にはぴったりのようだ。スザンヌ・コリンズのベストセラー第3作目「ハンガー・ゲーム3 マネシカケスの少女」の映画化作は2部構成になっており、第1部は今年の11月、第2部はその翌年の11月にそれぞれ公開が予定されている。




最新映画ナビ関連ブログ

カテゴリ