ゴア・ヴァービンスキー(Gore Verbinski)

2013年2月 1日 (金)

ゴア・ヴァービンスキー 、北朝鮮が舞台の異色グラフィック・ノベル「Pyongyang」の映画化作品を監督へ

ゴア・ヴァービンスキーゴア・ヴァービンスキーが、ガイ・ドリール原作の異色グラフィック・ノベル「Pyongyang」の映画化作品でメガホンを取るようだ。「パイレーツ・オブ・カリビアン」シリーズでお馴染みのゴアは現在、8月の全米公開に向けてジョニー・デップ主演のアクション西部劇『ローン・レンジャー』のポスト・プロダクション中だが、次回作として北朝鮮が舞台の「Pyongyang」の映画化を選んだという。脚本は、『幸せのちから』を手掛けたスティーヴン・コンラッドが執筆する予定だ。原作グラフィック・ノベルは、北朝鮮の首都・平壌に住むことになった若きアニメーターがスパイ容疑をかけられてしまうというストーリー。そんなゴアは現在、プレイヤーの感情で操作できるというXbox Kinectの最新ゲーム、マターの企画も手掛けている。

2009年4月23日 (木)

ゴア・ヴァービンスキー監督が、「パイレーツ4」から降板

「パイレーツ・オブ・カリビアン」シリーズ第3弾までを手がけて大ヒットさせたゴア・ヴァービンスキー監督が、『パイレーツ・オブ・カリビアン4』から降板することが明らかになった。同作の公開は2012年に決まっているが、ヴァービンスキー監督は、意向をディズニーとプロデューサーのジェリー・ブラッカイマーに伝えたそうだ。既にジョニー・デップの出演とオーランド・ブルームの出演は決まっているものの、キーラ・ナイトレイも降板を示唆しており、製作スケジュールだけではなく、作風ががらりと変わってしまうのではないかと、ファンも気が気ではないようだ。




最新映画ナビ関連ブログ

カテゴリ