ジェラール・ドパルデュー(Gerard Depardieu)

2013年1月 7日 (月)

ジェラール・ドパルデュー、母国フランスを捨ててロシア市民に

ジェラール・ドパルデュージェラール・ドパルデューにロシアの市民権が与えられた。昨年、フランスのフランソワ・オランド政権が富裕層に対して所得税率を最高で75%まで引き上げるという増税法案を提出したことに抗議してベルギーに一時的に移り住んでいたジェラールは、ロシアの市民権を申請していて、ロシアのウラジーミル・プーチン大統領は1月3日、正式にジェラールにロシア市民権を付与する大統領令に署名したという。フランスで長年活躍してきたジェラールはロシアでも人気があり、同国のソヴィエツキー銀行のテレビCMにも度々出演してきた。ジェラールは4000万ポンド(約56億6000万円)のパリにある自宅を売り払い、先月から所得税率が比較的低いベルギーに移り住んでいた。

2012年12月 3日 (月)

ジェラール・ドパルデュー、飲酒運転で留置所に拘留

ジェラール・ドパルデュージェラール・ドパルデューが、飲酒運転で拘留された。11月29日にパリをスクーターで走っていた最中に転倒したジェラール。だが、この事故はジェラールの飲酒運転が原因で起こったと報道されており、フランス当局の尋問を受けていたようだ。今回の事故でジェラールが肘に負傷したものの、被害者はいないという。そんなジェラールは昨年、搭乗した飛行機の離陸が迫っているのにも関わらずトイレに行こうとしたが拒否されたため、ペットボトルを尿瓶代わりにして座席で用を足したことで乗客の度肝を抜いた。ジェラールは、病気でもテロリストでもなく、ただ用を足したいだけだと客室乗務員に訴えたものの聞き入れられなかった。




最新映画ナビ関連ブログ

カテゴリ