ジョージ・クルーニー(George Clooney)

2017年6月 9日 (金)

ジョージ・クルーニーに双子誕生!

ジョージ・クルーニージョージ・クルーニーとアマル・クルーニー夫妻に双子が誕生した。6日(火)午前に妻アマルが双子を出産したことをジョージの広報担当スタン・ローゼンフィールドが発表している。ローゼンフィールドによると、その双子はエラちゃんとアレキサンダー君と名付けられ、母子ともにとても健康だという。さらに発表された声明文の中でジョージについては「鎮静状態にあるため、回復までに数日掛かりそうだ」とジョーク交じりにコメントされている。つい最近ジョージは子どもの名前をまだ決めていないと話していただけに、すでに双子の名前が発表されたことは驚きをもって捉えられている。アマルはロンドンのチェルシー・アンド・ウェストミンスター病院の豪華な個室で双子を出産したそうで、その費用は8500ポンド(約120万円)と言われている。

2017年4月17日 (月)

ジョージ・クルーニー、自宅改装中に近隣住民へ豪華なお詫び

ジョージ・クルーニージョージ・クルーニー(55)はイギリスの自宅改装中、迷惑をかけてしまうことへのお詫びとして周辺住人に豪華なお詫びのパッケージを提示していたという。 2014年、ジョージと妻アマルは英バークシャー州ソニングに推定750万ポンド(約10億3500万円)の豪邸を購入し、1250万ポンド(約17億2500万円)もの改装プロジェクト計画を提出した後、ジョージは改装中に掛かる迷惑のお詫びとしてある取引を申し出ていたようだ。 デイリー・メール紙によれば、双子の誕生を控えているジョージは、近隣住人のジョンとクレア・グローブさんとは4万5000ポンド(約620万円)相当の合意に至り、その中には工事の騒音を逃れるためのギリシャのコルフ島へのホリデーや、高級ホテルへの滞在、さらには3万ポンド(約410万円)の一時金、78万ポンド(約1億円)相当のコテージへの宿泊、工事が完成するまでの家賃や光熱費などの支払いなどが含まれているという。 ある内部関係者は同紙に「クルーニー宅の近隣住人がその工事によってかなりのストレスを受けていたことはその村では知られていることです。工事が一番忙しかったときには、工事用の車両最高3台ほどが毎日狭い道にあったのです」「ですが、夫妻は引っ越してきてからたくさんのものを地元にもたらしています。この工事に伴う迷惑に対し、グローブ夫妻にとても寛大な補償をしてきています」と話す。 この自宅工事はすでに終了しており、最終的には12席のシネマ、プール、テニスコート、地下灌漑システムなどが設置されたという。

2016年4月 5日 (火)

ジョージ・クルーニー夫妻、結婚生活でのルールとは!?

アマル・クルーニー、ジョージ・クルーニージョージ・クルーニーと妻アマルには、1週間以上別々に過ごす日は作らないというルールがあるそうだ。2014年9月に挙式した後も、ジョージは映画界で、アマルは人権派弁護士としてそれぞれ世界をまたにかけて活躍しているが、何をしていようとも1週間たったら会うと2人の間で決めているのだそうで、ジョージはハロー!誌に「僕達には1週間以上は離れないっていうルールがあるんだ。それにソーシャルメディアを通じて連絡を取ったりして、世界のどこにいても連絡を欠かさないようにしているんだよ。僕たちは今、ロンドンにも家を持っていて、一緒に過ごすにも僕が映画に向けて執筆や本読みをするにも簡単なんだ。それかコモ湖に行ったりもするし、僕が俳優業のためのミーティングがある時や友達に会いに行く時はロサンゼルスで過ごすよ。計画はちゃんとしなくちゃいけないけど、僕達の間ではけっこう上手くいっているんだ」と話した。またジョージはアマルの好きなところについて、その自然美はもちろんのこと、その知的さも同等に魅力的だと明かしている。

2016年2月23日 (火)

ジョージ・クルーニー、イギリスでの隠居生活を希望

アマル・クルーニー、ジョージ・クルーニージョージ・クルーニーはイギリスで隠居生活を送りたいそうだ。2014年に妻アマルと挙式し、イングランド南東部バークシャーに自宅を購入しているジョージは、アメリカで生まれ育ったものの、引退後はイギリスに腰を据えたいと考えているという。ロサンゼルスから完全にイギリスへと引っ越すつもりはあるかと尋ねられた際、ジョージはOK!誌に「近い将来ではないね。でも長い目で見たら、妻と一緒に歳をとって白髪が増えていく姿を想像できるのはあのイギリスの家だね。歳を取って白髪が増えていくっていうのは僕だけの話だけどね」と答えた。アマルが人権弁護士としての仕事が落ち着いてきた今、2人は子供を作る絶好のチャンスだとも考えていると言われており、ある関係者は先日「2人は今がベストタイミングだと思っているんです。アマルは今抱えている以上の仕事は受けていませんしね。2人ともとても子供が欲しいんです」と語っている。

2015年10月30日 (金)

ジョージとアマル・クルーニー夫妻、捨て犬の里親に!

ジョージ&アマル・クルーニージョージとアマル・クルーニー夫妻が捨てられていた犬の里親になったようだ。昨年イタリアで挙式した夫妻は、カリフォルニアのサンガブリエル・バリー・ヒューメイン・ソサエティによって保護された4歳のミリーというバセットハウンドを引き取って飼い始めたようだ。同団体はフェイスブックに夫妻とすでに里親として飼っている10歳のルイにミリーが加わった写真を投稿し、この嬉しいニュースを公表すると共に、公式ウェブサイトでは地元レストランの外でご飯にありつけないかとたたずんでいるところを保護されたミリーが、ジョージとアマル、ルイと一緒に交流した後にそのままクルーニー家の一員となった経緯を綴っている。

2015年10月 5日 (月)

ヒュー・ジャックマン、女性に生まれていたらジョージ・クルーニーと付き合いたかった!?

ヒュー・ジャックマンヒュー・ジャックマンは、もし女性に生まれていたらジョージ・クルーニーと付き合いたかったそうだ。デボラ=リー・ファーネスと18年間に渡って幸せな結婚生活を送っているヒューだが、ジョージと付き合ってみたかったそうで、それというのもジョージのやんちゃで生意気な面に惹かれるからなのだという。ツイッターであるインタビューの一部を公開したヒューは「自分が女だったら誰とデートしたいかって?ジョージ・クルーニーだろうね。だって彼は面白いし、やんちゃで生意気なところがあるだろ。ただすごく楽しそうじゃないか」とコメントしている。そんなヒューのジョージ像は大正解のようで、実際にジョージは妻アマルとの結婚生活が楽しいものであると先日明かしていた。最近結婚1周年を迎えたジョージは「僕たちは間違いなく楽しんでいるね。素晴らしい記念日を迎えたし、楽しんでいるのさ」と語っていた。

2015年8月12日 (水)

ジョージ・クルーニーの弁護士妻、「アプレンティス/セレブたちのビジネスバトル」の司会に?

アマル・アラムディンジョージ・クルーニーの妻アマルが、「アプレンティス/セレブたちのビジネスバトル」でドナルド・トランプの代わりにホストを務めるのではないかと噂されている。NBC局陣はフェイスブックのCEOシェリル・サンドバーグや女優ジェシカ・アルバらを検討しているというが、その中でも人権弁護士のアマルが有力視されているようだ。ジョージの妻という名声だけでなく、世界でも権威ある人物であるうえ、公衆の場での発言がほとんどないために謎めいたところがある点も番組にぴったりだと考えられているようだ。アマルは同番組の撮影地であるニューヨークにあるコロンビア大学ロースクールで頻繁に客員教授を務めており、スケジュールが合えば是非と、番組側は望んでいるそうだ。NBC局陣はメキシコ移民について問題発言をしたことで、トランプ氏を今年になってから解雇していた。

2015年4月27日 (月)

ジョージ・クルーニー、賭けに負けて来年のロンドンマラソンに出場!?

ジョージ・クルーニージョージ・クルーニーが、賭けに負けたことで来年のロンドンマラソンに出場することになったようだ。ジョージはカルバン・クラインのモデル、クリスティ・ターリントンが今年のロンドンマラソンで4時間以内に走りきった場合、来年度のロンドンマラソンに出場すると約束していたそうで、4月26日に行われた同大会でクリスティが3時間45分で完走したことから、来年にジョージがクリスティのチャリティ団体エブリ・マザー・カウンツのTシャツを着てロンドンマラソンを走ることになったという。ちなみに今年のロンドンマラソンには昨年道端ジェシカと結婚したF1ドライバーのジェンソン・バトンも出場していたようだ。

2015年2月10日 (火)

ジャック・オコンネル、『Money Monster』に出演決定

ジャック・オコンネルジャック・オコンネルが、ジョージ・クルーニー主演作『Money Monster』に出演することが決定した。ジャックは同じような役ばかり演じてイメージが固定される危険を冒してでもジョージと一緒に共演する機会を逃したくなかったと、役を引き受けた理由を語った。ジョディー・フォスターが監督を務める本作でジョージは自身のテレビ番組の中で株式についてアドバイスを行うTVパーソナリティー、リー・ゲイツ役を演じる。ジャックはそんなゲイツをテレビのオンエア中に人質に取ろうと企むカイル・バドウェル役を演じることになるようだ。ジュリア・ロバーツの出演も囁かれている同作は、年内にも公開となる予定。

2015年1月13日 (火)

ヘレン・ミレンら、ゴールデン・グローブ賞でシャルリー・エブドとの連帯を示す

ヘレン・ミレンヘレン・ミレン、ジョージとアマル・クルーニー夫妻ら俳優達が、先日のパリの新聞社襲撃事件を受け、仏政治週間新聞シャルリー・エブドを支援する意向をゴールデン・グローブ賞受賞式典の席で示した。ヘレンは1月11日(日)に新聞社「シャルリー・エブド」との連帯を示すスローガン「私はシャルリー」という意のフランス語のサインを掲げてレッドカーペットに現れた、さらにアマルは同じメッセージが書かれたバッジをバッグにつけ、連続テロ事件を通ってきたフランスの人々に対して敬意を払った。セシル・B・デミル賞を受賞したジョージはスピーチの中でその連帯を示し、ジョシュア・ジャクソン、ダイアン・クルーガー、キャシー・ベイツら数多くのスター達も「私はシャルリー」のサインを掲げて参加した。また、ハリウッド外国人映画記者協会のテオ・キングマ代表は、北朝鮮からパリまでどこであろうと言論の自由を妨げる者に対して立ち向かうというスピーチを行い、会場からはスタンディングオベーションが起こった。




最新映画ナビ関連ブログ

カテゴリ