ジョージ・クルーニー(George Clooney)

2018年11月 9日 (金)

ジョージ・クルーニーの愛車がオークションに

ジョージ・クルーニージョージ・クルーニーが愛車のハーレーダビッドソンをオークションに出品している。ジョージは、負傷した退役軍人に暮らしやすい自宅をプレゼントすることを目的とした「 Home for Our Troops Veterans Day Celebrity Auction」に、ハーレーダビッドソン社製2017年式ツーリング FLHTK ウルトラリミテッドを出品した。今年7月にイタリアでスクーターを運転中に車との衝突事故に遭ったジョージは、骨盤への後遺症や、踵や腕に痣が残っていると言われており、商品説明には妻からバイクをもうやめるように言われていることもあり、走行距離が25マイル(約40キロ)しかないというこのハーレーを手放すことにしたと書かれている。9日間の間に入札を受け付けている今回のオークションは、2万5000ドル(約280万円)で始まっている。

2018年8月27日 (月)

ジョージ・クルーニー、今年度の世界一稼いだ俳優に

ジョージ・クルーニージョージ・クルーニー(57)が、フォーブス誌が発表した2018年度世界で最も稼いだ俳優に輝いた。妻アマルとの間に双子を持つジョージは、2017年6月から今年6月までの期間に額面で2億3900万ドル(約270億円)を稼いで、並み居るハリウッドスターを抑えて1位に輝いた。ジョージの収入の多くは、2013年にランディ・ガーバーやマイク・メルドマンと共に創立したカーサミゴス・テキーラ社を酒蔵メーカーのディアジオに最大10億ドル(約110億円)で売却したことによる。その他にも、ジョージには広告収入や過去の作品から収入が含まれている。一方で2位には、『ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル』に主演兼製作で携わったことが功を奏して、1億2400万ドル(約140億円)を稼いだドウェイン・ジョンソンが続いた。さらに、3位には8100万ドル(約90億円)を稼いだロバート・ダウニー・Jrが入り、同じマーベル・シネマティック・ユニバースの共演者クリス・ヘムズワースが6450万ドル(約71億円)で4位にランクインした。

2018年7月13日 (金)

ジョージ・クルーニー、交通事故に遭うも命に別状なし

ジョージ・クルーニージョージ・クルーニーが、イタリア領サルデーニャ島で交通事故に遭った。映画版『キャッチ=22』の撮影で同地を訪れていたジョージは、スクーターを運転中に突然前に割り込んできたという車と衝突し、20フィート(約6メートル)ほども投げ出されたという。ジョージは幸いにも軽傷で済んだようで、数日で退院したそうだが、バイクから投げ出されたた際には、落ちたヘルメットが車のフロントガラスを割るほどの衝撃だったようで、大惨事になっていた可能性も十分にあったという。救急車で緊急搬送されたものの、命に別状はない怪我だったそうで、現在はイタリアの自宅で妻アマルの看病で療養しているそうだ。

2018年6月26日 (火)

ジョージ・クルーニー、『Echo』の監督か

ジョージ・クルーニージョージ・クルーニーが『Echo』の監督に向けて、20世紀フォックスと交渉をしているようだ。ショーン・レヴィ、ダン・レヴィン、ダン・コーエンらが製作する同作は、SF要素もあるオリジナルのスリラー作になるそうで、恋人が最初に思っていたような人物ではないのではないかと疑いを持つ心理的危機を迎えたドローンの専門家の物語だという。同作はジョージにとって、マット・デイモンやオスカー・アイザックらが出演した『サバービコン 仮面を被った街』以来となる監督作品になりそうだ。『サバービコン』の公開にあたって、プロデューサーのグラント・ヘスロヴと共に携わったジョージは出演と監督の両方をやらないようになってほっとしていることを明かしていた。

2017年10月30日 (月)

ジョージ・クルーニー、戦犯撲滅に向けて100万ドルの寄付

ジョージ・クルーニージョージ・クルーニーがアフリカの戦争犯罪撲滅に向けて100万ドル(約1億1000万円)を寄付した。ジョージがこの高額を寄付したのは、自ら創設にも携わった戦争犯罪撲滅に向けて捜査を進めるセントリーという団体で、最近では紛争で利益を得ているネットワークに裁きを下すことを目的としたMake Criminals Payというキャンペーンを打ち出していた。ジョージは2015年に人権擁護者のジョン・プレンダーガストと共に設立した同団体の今回の取り組みについて、償いをしない戦争犯罪に焦点を置き、政治的および経済的利益のために、大量殺人を行おうとする人々の状況を困難にしようとしていると説明し、投票ではなく弾丸を選択する戦争のリーダー格の懐を追求し、破産に追い込むことで、戦争ではなく平和、汚職ではなく透明性という報奨を生み出したいとコメントしている。 ジョージは2015年に人権擁護者のジョン・プレンダーガストと共にこの団体を設立している。 一方で、私生活では妻アマルとの間に今年双子が誕生したばかりのジョージは、子供たちを「壊してしまう」のではないかと恐れていると父親としての胸中を先日明かしていた。ジョージは現在生後4か月になる双子があまりに小さく、壊れそうであるとして、抱き上げるたびにビクビクしているようだ。

2017年9月 1日 (金)

ジョージ・クルーニー、双子の父親になるとは想像もしていなかった

ジョージ・クルーニージョージ・クルーニー(56)は、この歳になって双子の父親になるとは「想像もしていなかった」と語っている。妻アマルとの間に授かった双子エラちゃんとアレキサンダー君を溺愛しているジョージも、この展開は全く予想外だったと認め、突然誰かの人生を背負うことになって動揺したという。その一方アマルはジョージ曰く子育てに関してオリンピック選手みたいに何事も軽々とやってのけるようで自分の仕事はおむつ交換と近所まで散歩に連れて行くことだと語った。この人生の変化にジョージは、計画的になんて考えない方がいい、その時々を楽しむのが一番さと答えている。また、ジョージとアマルは「子育てに熱心な親」として知られると同時にベビーナースやアマルの母親のおかげで2人きりになれる時間も取れているようだ。

2017年8月17日 (木)

ジョージ・クルーニー、自身の監督作品からジョシュ・ブローリンを降板

ジョージ・クルーニージョージ・クルーニーが新作映画『Suburbicon』からジョシュ・ブローリンを降板させた。同新作でメガホンを取るジョージは、ジョシュが野球コーチの役を演じるシーンをいくつか撮影したというが、作品の雰囲気にそぐわなかったとしてジョシュの出演シーンをカットする決断に至ったのだという。かなり面白いシーンだったというが、そのことにより作品の持つ緊張感を緩めてしまうことが、最初の試写会で判明したそうで、ジョシュにその旨を伝えたところ、ジョシュは自分に落ち度があったのではないかと申し訳なく感じていた様子だったという。しかし、ジョージはそのシーンがこの作品の中で最も面白いシーンであったとしている。

2017年6月25日 (日)

ジョージ・クルーニー、所有テキーラブランドを1000億円超で売却

ジョージ・クルーニージョージ・クルーニーが自身の所有するテキーラブランド、カーサミーゴスをおよそ10億ドル(約1100億円)で売却することに同意したようだ。シンディ・クロフォードを妻に持つ実業家の友人ランディ・ガーバーと同ブランドを所有するジョージは、酒蔵メーカーのディアジオにブランドの管理権を700万ドル(約7億8000万円)で売却することに合意し、今後10年間の売上次第ではさらに300万ドル(約3億3000万円)の支払いを受ける契約を交わしたという。2013年にマイケル・メルドマンと共に同ブランドを立ち上げたジョージとランディは今後も引き続き経営に関わっていくようだ。そんなジョージは妻アマルとの間に今月6日、双子が誕生したばかりで、公私ともに絶好調のようだ。

2017年6月 9日 (金)

ジョージ・クルーニーに双子誕生!

ジョージ・クルーニージョージ・クルーニーとアマル・クルーニー夫妻に双子が誕生した。6日(火)午前に妻アマルが双子を出産したことをジョージの広報担当スタン・ローゼンフィールドが発表している。ローゼンフィールドによると、その双子はエラちゃんとアレキサンダー君と名付けられ、母子ともにとても健康だという。さらに発表された声明文の中でジョージについては「鎮静状態にあるため、回復までに数日掛かりそうだ」とジョーク交じりにコメントされている。つい最近ジョージは子どもの名前をまだ決めていないと話していただけに、すでに双子の名前が発表されたことは驚きをもって捉えられている。アマルはロンドンのチェルシー・アンド・ウェストミンスター病院の豪華な個室で双子を出産したそうで、その費用は8500ポンド(約120万円)と言われている。

2017年4月17日 (月)

ジョージ・クルーニー、自宅改装中に近隣住民へ豪華なお詫び

ジョージ・クルーニージョージ・クルーニー(55)はイギリスの自宅改装中、迷惑をかけてしまうことへのお詫びとして周辺住人に豪華なお詫びのパッケージを提示していたという。 2014年、ジョージと妻アマルは英バークシャー州ソニングに推定750万ポンド(約10億3500万円)の豪邸を購入し、1250万ポンド(約17億2500万円)もの改装プロジェクト計画を提出した後、ジョージは改装中に掛かる迷惑のお詫びとしてある取引を申し出ていたようだ。 デイリー・メール紙によれば、双子の誕生を控えているジョージは、近隣住人のジョンとクレア・グローブさんとは4万5000ポンド(約620万円)相当の合意に至り、その中には工事の騒音を逃れるためのギリシャのコルフ島へのホリデーや、高級ホテルへの滞在、さらには3万ポンド(約410万円)の一時金、78万ポンド(約1億円)相当のコテージへの宿泊、工事が完成するまでの家賃や光熱費などの支払いなどが含まれているという。 ある内部関係者は同紙に「クルーニー宅の近隣住人がその工事によってかなりのストレスを受けていたことはその村では知られていることです。工事が一番忙しかったときには、工事用の車両最高3台ほどが毎日狭い道にあったのです」「ですが、夫妻は引っ越してきてからたくさんのものを地元にもたらしています。この工事に伴う迷惑に対し、グローブ夫妻にとても寛大な補償をしてきています」と話す。 この自宅工事はすでに終了しており、最終的には12席のシネマ、プール、テニスコート、地下灌漑システムなどが設置されたという。




最新映画ナビ関連ブログ

カテゴリ