ゲイリー・ロス(Gary Ross)

2014年11月10日 (月)

マシュー・マコノヒー、南北戦争を描くゲイリー・ロス監督作出演へ?

マシュー・マコノヒーマシュー・マコノヒーが、新作映画『Free State Of Jones』に向けた出演交渉に入ったという。マシューは、南北戦争での反乱軍を率いたニュートン・ナイトを描くゲイリー・ロス監督作に興味を示しているようで、かつては南部連合支持者の採用担当であったが軍隊から離脱した後、ジョーンズ郡奪還に向けた軍隊を率いるに至ったナイト役に向けて交渉中だという。ストーリーが展開していくうちにナイトは1人の奴隷と結婚し、このことは南部で公になった初の人種混合の結婚となり、紛争が終わったのちには奴隷となった子供たちを解放する。この作品は長年映画化に取り組んでいたロス監督によって実現に至っている。

2012年5月 8日 (火)

ゲイリー・ロス、『Houdini』映画化作品監督へ

ゲイリー・ロスゲイリー・ロスが、『Houdini』の監督を務める方向だ。最新作『ハンガー・ゲーム』が海外で公開中のロスは、ウィリアム・カルシュとラリー・スロマンによる奇術師ハリー・フーディーニの伝記本「The Secret Life of Houdini, The Making of America's First Superhero」のを映画化したもので、監督を務める話し合いにあるという。原作本は、フーディーニがイギリスのスパイとして働き、シークレットサービスや警察組織の手助けをしたと描いた作品として有名だ。サミット・エンターテインメント社は2009年3月に原作本の映画化権を取得し、アクションスリラー作品としてシリーズ化を目指しており、最近ではノア・オッペンハイムが脚本を執筆している。フーディーニについては、2007年のガイ・ピアース主演作『奇術師フーディーニ ~妖しき幻想~』を含め、これまで何作もの映画が制作されている。




最新映画ナビ関連ブログ

カテゴリ