エリック・バナ(Eric Bana)

2020年2月28日 (金)

『ジュラシック・ワールド』第3弾、タイトルが明らかに

エリック・バナエリック・バナが伝説的レーサー、マイク・ヘイルウッドを描く伝記映画で脚本、監督、主演の3役を務めるという。エリックはヘイルウッドを自ら演じる一方で、ロバート・コノリーと共同でメガホンを取るようだ。この作品では、イギリス人レーサーのヘイルウッドが、キャリアの絶頂期であった1967年を最後に一度引退したものの、11年間の活動休止期間を経て1978年に世界で最も危険なレースと言われるマン島TTレースで復帰を果たす姿が描かれる。ヘイルウッドはマン島TTレースで12回も優勝を収めたことで、世界的に最も偉大なレーサーの1人とされている。1981年に公道における交通事故により、40歳の若さでこの世を去った。またエリックは大のモータースポーツ好きとして知られており、2009年には自身の初の愛車やその思い入れを描いたドキュメンタリー作『Love The Beast』で監督デビューを飾っている。

2011年10月26日 (水)

エリック・バナ、新作映画でエルヴィス役へ

エリック・バナエリック・バナが新作映画『Elvis & Nixon』でエルヴィス・プレスリー役を演じるようだ。俳優ケイリー・エルウィスの監督デビュー作品となり、エリックは主演と製作総指揮を務めることになるという。1970年12月21日のエルヴィスによる米37代大統領リチャード・ニクソン面会のためのホワイトハウス訪問に焦点を置いた作品で、ニクソン役にはダニー・ヒューストンにオファー中らしい。エルヴィスがニクソン大統領に宛てて6ページに渡る手紙を執筆したことがきっかけで実現したこの会合に、エルヴィス自ら家族の写真と大統領へのプレゼントとして拳銃を持参したという実話に基づき、脚本をエルウィス監督がジョー・セイガルとハナラ・セイガルと共同で書き上げている。

2011年9月30日 (金)

エリック・バナ、最新映画『Brilliant』出演か?

エリック・バナエリック・バナが、犯罪スリラー『Brilliant』への出演に向けて交渉を行なっているようだ。エリックが検討しているのは、ダイヤモンドを奪う熟練強盗団に参加するこそ泥役だと報じられている。『キューティ・ブロンド』のロバート・ルケティックが監督を務め、『ブラッド・ダイヤモンド』のプロデューサー、ジリアン・ゴーフィルが脚本家として候補に挙がっている。エリックといえば、多言語を話す暗殺者に育て上げるため、娘ハンナを2歳の頃から鍛える父エリックを演じたアクションスリラー映画『ハンナ』が8月27日に日本公開されている。

2009年8月12日 (水)

エリック・バナは、ジム嫌い

エリック・バナは、ジムに通って身体を鍛えるのが苦手であることが明らかになった。体型を気にしないと断言するバナには、ストイックなエクササイズでかっこいいボディを保つよりも、人生を謳歌することのほうが重要だそう。役作りで一度だけストイックなエクササイズをやったそうだが、苦痛と時間の無駄を感じたバナ。ジムで多くの時間を1人で費やす人の考えは理解できず、友達がいないのだろうと考えてしまうそうだ。

Photo:アフロ




最新映画ナビ関連ブログ

カテゴリ