エマ・ワトソン(Emma Watson)

2017年3月 2日 (木)

エマ・ワトソン、ファンとの自撮り写真を禁止に!

エマ・ワトソンエマ・ワトソンがファンとの自撮り写真をこれ以上撮らないことにしたようだ。「ハリー・ポッター」シリーズでお馴染みのエマと写真を撮ることができなくなるのはファンにとって残念なことだが、エマは撮った写真がすぐにオンライン上に投稿されることですぐに居場所がばれてしまう事に恐れを感じているのだという。その一方で、ただのセレブ目撃自慢ではなく、本当にその人のために意味がある場合には写真にも応じると話しており、状況に応じて対応を変えるつもりのようだ。そんなエマはヒロインのベル役を演じた実写版『美女と野獣』が4月21日から日本でも公開される。

2017年2月27日 (月)

ダン・スティーヴンス、『美女と野獣』撮影秘話を明かす

ダン・スティーヴンスダン・スティーヴンスは、『美女と野獣』の撮影中、毎日気を失いそうになっていたという。この実写版で野獣役を演じているダンは、その大きく重たいコスチュームを毎日着る必要があったが、その姿で1日中撮影に挑むことは簡単なことではなかったようだ。ダンはメトロ紙のインタビューで「かなり厳しい運動だったと言えるね。あのスーツを1日12時間も着ていることはさ。それに意識を失わないように、十分な水分補給をすることも試練だったね」と語る。一方でヒロインのベル役を演じているエマは、自身との共通点があると感じていたことから、オファーの際にはそのチャンスにすぐに飛びついたという。「私が(実写版)『シンデレラ』のオファーを断った時には『美女と野獣』も作るなんて知らなかったの。でもベル役をオファーされた時、シンデレラよりも自分に通じるものがあると感じたの。好奇心旺盛で、思いやりがあって、考え方がオープンなベルにね。それこそ私が模範として表現したい女性像なのよ」さらにエマはベルという人物を自分なりに作り上げて良い許可をもらったそうで、「私たちは彼女に新しい背景となるストーリーを与えたの。洗い物する時間を読書に費やすため、洗濯機を発明したっていうね」と明かした。この待望の新作『美女と野獣』は日本でも4月21日公開予定だ。

2016年7月 8日 (金)

エマ・ワトソンの最新作が大コケ!?

エマ・ワトソンエマ・ワトソンの最新作『The Colony』が、公開週末収入わずか47ポンド(約6140円)という最悪なスタートを切ってしまった。チリの郊外を舞台にカルト宗教団体から夫を救い出そうとする妻をエマが演じている同作は、7月1日(金)から5つの映画館で公開されているが、英国映画協会が発表したこの成績にはそのうち報告のあった3つの映画館からの収益のみが反映されているようだ。英リール・シネマ系列の映画館で公開されており、各映画館によってチケットの値段は異なるものの、この週末にわずか7人の観客しか足を運ばなかったことになる。アウグスト・ピノチェト元大統領下のチリでの生活を描いたこの作品は批評家からもすでにかなりの批判を受けていたが、配給元のシグネチャー・エンターテイメント社はネットのストリーミング目的で製作されたものであったとして、チケットのセールスで作品が評価されるのは不公平だと反論している。

2016年2月29日 (月)

エマ・ワトソン、しっかり眉が大嫌いだった!

エマ・ワトソンエマ・ワトソンは昔は自身のしっかり眉が大嫌いだったそうだ。先日ロンドンのエマニュエル・センター行われた満員御礼のイベントに出席したエマは、以前は自身の眉を嫌っていたが、今は母の助けもあり大好きになったと明かした。「9歳のとき眉を抜いて細い眉にしたくてたまらなかったわ。でも、こういうことは受け入れることになるものよ。母がこの眉が私の顔に特徴を出してくれるものになるから、恥じることはないって熱心に言ってくれたのよ」さらに、「ハリー・ポッター」シリーズに10歳の時から出演していたエマは、注目を浴びるのが居心地が悪かったために、回りの人に自分がつまらない人間だと思わせて自分のプライベートな部分を守りたかったのだという。

2016年2月 9日 (火)

エマ・ワトソンに新恋人?

エマ・ワトソンエマ・ワトソンに新たな恋人ができたようだ。マックという愛称で知られる技術者で起業家の米名門私立大学出身ウィリアム・ナイト氏とエマが交際中と報じられている。ウィリアムが映画業界とはまったく関係のないごく普通の人というところがエマは気に入っていると言われており、4か月前から交際をスタートしたとされている。年始にはウィリアムがエマの故郷である英オックスフォードを訪れるなど、時間がある時には常に会っているようだ。2014年までラグビー選手のマシュー・ジャネイと交際していたエマはその破局にかなり傷心の様子だったが、1年以上の時を経てやっと新たな恋へ歩み出す準備が出来たようだ。

2015年7月21日 (火)

エマ・ワトソン、新作撮影現場で誘拐未遂事件!?

エマ・ワトソンエマ・ワトソンが新作映画の撮影現場で、誘拐計画の標的になっていたという。現場となっているロンドン近郊のシェパートン・スタジオで働く2人がエマ誘拐の計画を練っていたというが、その計画を耳にしたタクシー運転手がスタジオ上層部へと警告したため、未遂に終わったのだとか。東欧出身の清掃員とみられるこの2人は、タクシーに乗った際、運転手がその言語を理解できると知らずに外国語でその計画について話していたそうで、連絡を受けたスタジオ側は7月17日、実写版『美女と野獣』の撮影現場にあるエマのトレーラー外に警備員を配置させたという。この新作ディズニー映画でベル役を演じているエマは、これまでにも何度か身の危険を感じたことがあり、2011年にアメリカの大学に在学中、数々の悪質な手紙を受け取ったことでボディガードを常時つけることになったほか、2014年にも『ノア 約束の舟』の撮影現場に熱狂的なファンが不法侵入したため、撮影自体が中止となる事態になったこともあった。

2015年6月29日 (月)

エマ・ワトソン、新作『The Circle』でトム・ハンクスと共演

エマ・ワトソンエマ・ワトソンが、新作『The Circle』でトム・ハンクスと共演する。エマは「3人の聡明な男」として知られるトム扮する実業家と他2人が運営するインターネット会社に就職することになった大学を卒業したばかりのメイ・ホランド役を演じることになるようだ。トム扮するキャラクターのビジネス目標は、ユーザーのEメールアカウント、ソーシャルメディア、銀行取引、オンラインショッピングなどをウェブ上で結合し、透明かつオープンな1つのオペレーションシステムを作ることだ。しかしエマ演じるメイはそのビジネスの本当の狙いが顧客、そしてスタッフの情報を集めて監視することにあるのを発見する。2013年に発表されたデイヴ・エガーズ著作の同名小説を基に、監督も務めるジェームズ・ポンソルトが脚本を書き上げた本作には当初、アリシア・ヴィキャンデルがメイ役を演じる予定であったがスケジュールの都合で降板せざるを得なくなっていた。

2015年4月17日 (金)

ブラッドリー・クーパー、エマ・ワトソンらが最も影響力のある100人に選出

ブラッドリー・クーパーブラッドリー・クーパー、ジュリアン・ムーア、エマ・ワトソンらがタイム誌による本年度の最も影響力のある100人に選ばれた。4月16日に発表された毎年恒例のアメリカで最も影響力のある人物として、1位のロシアのウラジーミル・プーチン大統領をはじめ、クリス・プラットやリー・ダニエルズ監督らと共に選出されたブラッドリーは、光栄であるとコメントした上でこのことが『アメリカン・スナイパー』で描かれたような退役軍人たちが抱える問題への注目を集める手助けになればとしている。一方でダニエルズ監督は『大統領の執事の涙』の出演者であるオプラ・ウィンフリーからの賛辞のコメントが同誌に寄せられており、いじめられていた幼少期とは全く違う立場になったとその心境を明かしている。

2015年1月29日 (木)

エマ・ワトソン、実写版『美女と野獣』で主役のベル役に!

エマ・ワトソンエマ・ワトソンが、実写版『美女と野獣』で主役のベル役として出演することになった。自身のフェイスブックで1月26日、ビル・コンドン監督がメガホンを取る本作への出演が決定したニュースを発表したエマは、子供の頃から大好きだったという同作でヒロインを演じることが待ち遠しいとその感激を綴っている。同作においてのエマの共演者に関してはまだ明らかになっていないものの、マンデヴィル・フィルムズのデイヴィッド・ホバーマンとトッド・リーバーマンがプロデューサー陣に加わるということは発表されている。実写版『美女と野獣』は年内にも製作をスタートさせる予定だ。

2014年12月15日 (月)

エマ・ワトソンが恋人と破局

エマ・ワトソンエマ・ワトソンが恋人と破局した。エマはオックスフォード大学の学生であるマシュー・ジャネイとの別れを決めたものの、今後も友人関係を続けていくつもりだという。一般人との交際を好むことを公言しているエマはマシューと約1年間に渡って交際を続けていたが、エマの多忙なスケジュールが原因で破局に至ったものとみられている。この破局のニュースのわずか数か月前には、マシューの手伝いのもとエマがロンドン内の自宅から引越しをしている姿が目撃されていたことから2人が同棲を始めたのではないかという噂が立っていた。引っ越し業者と共に2人はエマのラグや調理器具、椅子などの家具を引越トラックに積んでいる姿が見られており、とても仲睦まじい様子だったと言われていた。




最新映画ナビ関連ブログ

カテゴリ