エレン・デジェネレス(Ellen DeGeneres)

2016年6月20日 (月)

『ファインディング・ドリー』、アニメ史上最高の公開初週末興収を記録

エレン・デジェネレス『ファインディング・ドリー』が、アニメ史上最高の公開初週末興行収入を記録した。2003年公開の『ファインディング・ニモ』の続編となる本作は、全米公開初週末に1億3620万ドル(約143億円)という記録的な興行収入を叩き出し、これまでの記録保持作である『シュレック3』の1億2160万ドル(約127億円)を押さえてこのトップに躍り出たという。トーク番組でおなじみのエレン・デジェネレスが声を務める忘れっぽい主役のドリーが両親を探し求める姿を描いた同作には、ニモ役を前作のアレクサンダー・グールドから引き継いだヘイデン・ローレンスをはじめ、アルバート・ブルックス、ダイアン・キートン、ユージン・レヴィ、イドリス・エルバ、ドミニク・ウェスト、ウィレム・デフォーらが声の出演を果たしている。日本でも来月16日に公開がスタートする『ファインディング・ドリー』の記録はアニメ界に留まらず、今年の公開初週末興収においても4月に公開された『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』に続く2位に君臨している。

2014年7月10日 (木)

エレン・デジェネレス、新居を売ってひと財産!

エレン・デジェネレス、ポーシャ・デ・ロッシエレン・デジェネレスとポーシャ・デ・ロッシのカップルが、たった数か月前に購入した邸宅を売って1500万ドル(約15億円)の利益を上げた。同性婚をして6年が経つエレンとポーシャは、ロサンゼルスに購入した新居をすぐに売却するつもりではなかったものの、ナップスターの共同創立者であるショーン・パーカー氏から非常に魅力的なオファーを出され、ノーとは言えなかった模様だ。2人は昨年末にその寝室9部屋の豪邸を4000万ドル(約40億円)で買い、さらに6万ドル(約600万円)かけてキッチンやバスルームの改装を行っていたが、パーカー氏から5500万ドル(約56億円)もの申し出を受けたことで売却に踏みきり、わずか8日間で手続きを終えたという。今回得た利益で、早速2人はビバリーヒルズに2軒を1600万ドル(約16億円)で購入し、今後その2軒を1軒に合体させる予定だそうだ。

2014年4月17日 (木)

エレン・デジェネレス、アウト誌が選ぶ「最も影響力のある同性愛者セレブ」ランキング1位に

エレン・デジェネレス、ポーシャ・デ・ロッシエレン・デジェネレスが、米アウト誌のランキングで、全米で最も影響力のある同性愛者セレブに選ばれた。女優ポーシャ・デ・ロッシと結婚しているエレンは、アメリカにおいて最も影響力のあるLGBT(レズビアン、ゲイ、バイセクシュアル、トランスジェンダー)の有名人をランク付けするパワー・リスト2014でトップを飾った。同誌はエレン選出の理由に「エレンの部屋」の高視聴率、アカデミー賞司会の功績などを挙げている。そんなエレンの他には今回、デザイナーのトム・フォードやマーク・ジェイコブス、朝の情報番組「グッド・モーニング・アメリカ」の司会ロビン・ロバーツ、人気ドラマ「ママと恋に落ちるまで」のニール・パトリック・ハリス、CNN局のアナウンサーであるアンダーソン・クーパー、「glee/グリー」のジェーン・リンチなどが顔をそろえた。その他、バレンタインデーにカミングアウトしたエレン・ペイジは、29位にランインしている。

2014年3月 5日 (水)

アカデミー賞で自分撮りした写真がツイッター記録を突破!

ジェニファー・ローレンス、メリル・ストリープ、ジュリア・ロバーツ、エレン・デジェネレス、ケヴィン・スペイシー、ブラッドリー・クーパー、ブラッド・ピットスターが一堂に会するアカデミー賞授賞式で、出席者が3月2日にツイッターのサーバをダウンさせた。授賞式の司会を務めたエレン・デジェネレスによって企画され、エレンに渡されたスマホでブラッドリー・クーパーが撮影した自分撮り写真が、30分間で110万件もリツイートされ、ツイッターの歴史を塗り替えた。しかしその後、同サイトに技術的な問題が生じたことで、それ以上リツイートが出来なくなってしまったという。その写真にはエレンとブラッドリーのほか、ジェニファー・ローレンス、ジャレッド・レト、メリル・ストリープ、ジュリア・ロバーツ、ケヴィン・スペイシー、ブラッド・ピット、アンジェリーナ・ジョリー、ルピタ・ニョンゴ、ルピタの兄弟ピーターがぎゅうぎゅうになって写っている。その写真を投稿したエレンは、「ブラッドリーの腕がもう少し長かったらよかったのに」と茶化していた。

2013年4月 4日 (木)

『ファインディング・ニモ』の続編『Finding Dory』、2015年11月に公開へ

エレン・デジェネレス『ファインディング・ニモ』の続編『Finding Dory』が、封切が早まり、2015年には劇場公開されるようだ。以前、2016年公開とも報道されていた本作で、エレン・デジェネレスが物忘れの激しいナンヨウハギのドリー役として声優を続投することになっている。オリジナル版でドリーは、歯医者の観賞用の水槽に入れられてしまったニモを助け出すため、過保護なニモの父親でカクレクマノミのマーリンが旅に出た際に友達になるという設定になっている。さらにスタジオ側によれば、第2作目は第1作目の事件から1年後の設定で、カリフォルニアの沿岸を舞台に物語が繰り広げられるという。また、ニモとマーリン親子も続編には登場するようだが、第1作でニモ役の声優を務めていたアレクサンダー・グールドが実際に成長してしまったため、製作陣は今回の続編では新たなニモ役を獲得する模様だ。

2011年11月29日 (火)

エレン・デジェネレス、ブラッド・ピットの自宅を購入か?

エレン・デジェネレスエレン・デジェネレスとパートナーのポルティア・デ・ロッシが、マリブにあるブラッド・ピットの自宅を購入するようだ。エレンとポルティアは今より少し小さめの家を購入したいと考えたため、ビバリー・ヒルズにある4900万ドル(約38億円)の自宅を売りに出したところで、現在は太平洋を見渡せるブラッドの1400万ドル(約10億円)の邸宅に目を付けているという。パートナーのアンジェリーナ・ジョリーと共にロサンゼルス、ニューオーリンズ、フランス、そしてイタリアに自宅を持つブラッドは、今年初めにこの物件を売りに出しており、リース・ウィザースプーンが購入するのではないかと言われている時期もあった。




最新映画ナビ関連ブログ

カテゴリ