イーライ・ウォラック(Eli Wallach)

2014年6月27日 (金)

イーライ・ウォラックが98歳で死去

イーライ・ウォラックイーライ・ウォラックが98歳で死去した。セルジオ・レオーネ監督によるクリント・イーストウッド主演の西部劇『続・夕陽のガンマン』のトゥーコ役で知られるイーライが他界したことを、娘のキャサリンがニューヨーク・タイムズ紙に認めた。10年間に渡って舞台で活躍した後、1956年に映画界に入ったイーライは、1960年の『荒野の七人』で演じた盗賊団リーダーのカルベラも代表的な役柄とされている。60年間における俳優業の中でアカデミー賞にノミネートされることはなかったものの、2011年にはその幅広い役柄を自然と自分のものにし、それぞれの役柄に独特の味を取り入れたとして「カメレオンの真髄」という栄誉をアカデミーから与えられている。また、コメディ作でも成功を収めたほか、数々のテレビシリーズにも出演しており、「ミスター・フリーズ」ではバットマンの敵で悪の科学者であるタイトルロールを演じた。イーライの最後の出演作は2010年に94歳で出演した『ウォール・ストリート』だった。




最新映画ナビ関連ブログ

カテゴリ