エディ・マーフィ(Eddie Murphy)

2020年10月16日 (金)

『星の王子ニューヨークへ行く』続編、12月に配信開始へ

エディ・マーフィエディ・マーフィ主演作『星の王子ニューヨークへ行く』の続編作品が、劇場ではなく配信というかたちで公開される。パラマウントは1988年公開の同コメディ作の続編をアマゾン・スタジオに売却、12月から配信開始予定だと報じられている。32年前に製作された同ヒット作品でアキーム王子役を演じたマーフィは以前、同新作がファンの期待に応えるものだと約束していた。前作では、許嫁との結婚を逃れ、アメリカ人の妻を探そうとアフリカの架空の国ザムンダからニューヨークへやって来るアキーム王子の姿が描かれていたが、同続編では、今では王となったアキームが、アメリカに自身の息子がいることを知り、亡くなった父(ジェームズ・アール・ジョーンズ)の遺言に従い、その息子を王子にすべくセミ(アーセニオ・ホール)と共に再びアメリカへ向かうといった内容だという。

2020年8月28日 (金)

『スクリーム5』製作チーム、『ナッティ・プロフェッサー』をリメイクへ

エディ・マーフィ『スクリーム5』の製作チームが、コメディ作品『ナッティ・プロフェッサー クランプ教授の場合』をリメイクするという。プロジェクトXエンターテイメントのジェームズ・ヴァンダービルト、ウィリアム・シェラックらは、1963年にジェリー・ルイス主演で製作され、その後エディ・マーフィが1996年にリメイクした同作品の版権を獲得した。現在のところ、監督やキャストに関しては明らかになっていないが、ヴァンダービルトは『アメイジング・スパイダーマン』で脚本経験があるものの、今回はプロデューサーとしてのみ参加すると見込まれている。ロバート・ルイス・スティーヴンソンによる小説『ジキル博士とハイド氏』のパロディである同作品のオリジナル版では、ルイスが冴えない教授を演じ、ある薬を飲んだことによりハンサムな男バディ・ラブに変身する姿が描かれていた。1996年のリメイク版では、エディーが同2役ほか、教授の両親や祖母など家族も演じ分けて成功をおさめ、2000年には続編『ナッティ・プロフェッサー クランプ家の面々』が公開された。

2020年4月27日 (月)

エディ・マーフィら、新型コロナ対策支援のコメディショーを開催

エディ・マーフィエディ・マーフィやアダム・サンドラー、ケヴィン・ハートらが、新型コロナウイルス対策支援のコメディ番組に登場する。昨年スタンダップコメディのステージに復帰したエディをはじめ、クリス・ロック、ティファニー・ハディッシュ、ホーウィー・マンデルらも含めた人気コメディアンらが、フードバンクへの募金目的で開催される『Feeding America Comedy Festival』の出演者として発表されている。3時間の特別番組として5月9日にアレン・メディア・グループ傘下のテレビ局、Comedy.TVやウェザー・チャンネル、「Local Now」アプリなどで配信される。主催のバイロン・アレンは、笑いは最高の薬だとして、食料難という問題に関心を集めること、そして新型コロナのパンデミックにより経済的打撃を受けた家庭へ食事を提供するという目的にとても意欲を駆られたと話している。

2019年10月 6日 (日)

エディ・マーフィー、『ビバリーヒルズ・コップ』第4弾を製作中!

エディ・マーフィーエディ・マーフィーが『ビバリーヒルズ・コップ』第4弾を製作中だという。1984年公開の第1弾から演じてきたデトロイト市警察のアクセル・フォーリー役でハリウッドでの地位を確立したエディが、前作から20年以上の時を経て、続編を製作していることを明らかにした。エディは『星の王子 ニューヨークへ行く』第2弾の後に『ビバリーヒルズ・コップ』新作に取り掛かり、その後はまたスタンダップコメディをするつもりであると語っている。そんな『星の王子』続編も1988年公開以来の新作となっているが、アキーム王子をエドが続投するだけでなく、アーセニオ・ホール、ジェームズ・アール・ジョーンズ、シャーリー・ヘドリーら前作からのおなじみの面々が再び出演する。一方でエディは1984年以来となる『サタデー・ナイト・ライブ』のクリスマス特番にも出演が決定しているほか、ネットフリックスともスタンダップコメディ番組の製作について話し合いを進めていると言われている。

2019年2月14日 (木)

30年ぶりとなる『星の王子 ニューヨークへ行く』続編、公開日が決定!

エディ・マーフィ『星の王子 ニューヨークへ行く』続編の公開日が決まった。クレイグ・ブリュワーがメガホンを取る同作は、2020年8月7日に封切りとなる予定だ。エディ・マーフィが30年以上前の前作に引き続きアキーム王子を演じることが発表されているが、ジェームズ・アール・ジョーンズやシャーリー・ヘッドリー、ジョン・エイモス、アーセニオ・ホールなどオリジナルキャストが再結集するかどうかは不明となっている。1988年公開の前作では、許嫁から逃れ、花嫁を探しに故郷アフリカからアメリカに来たエディ演じるアキーム王子が描かれていた。

2018年12月 6日 (木)

エディ・マーフィ、第10子が誕生!

ペイジ・ブッチャー、エディ・マーフィエディ・マーフィ(57)に第10子となる男児が誕生した。エディと恋人のペイジ・ブッチャー(39)の間に先月30日(金)生まれた赤ん坊は、2人にとってイジーちゃんに続く第2子となる。マックス・チャールズ・マーフィと名付けられたその子供は、体重約3033グラム、身長約48.26センチで生まれたようで、母子ともに健康であると報告されている。そんなエディとペイジはとても家庭的な生活を送っており、イジーちゃんに弟が出来ることを喜んでいたと言われている。一方で、ほかにも過去のパートナーとの間に11歳から29歳まで8人の子供を持つエディは、子供たちがそれぞれ全く違うと以前に話していた。

2018年9月25日 (火)

エディ・マーフィ、新作コメディ映画に出演へ

エディ・マーフィ、ペイジ・ブッチャーエディ・マーフィ(57)が新作コメディ映画に出演するようだ。『おかしな二人』のウォルター・マッソーとジャック・レモンが腐れ縁の幼馴染を演じた1993年の映画『ラブリー・オールドメン』を基にしたタイトル未定の新作に参加予定だという。オリジナル版では、子供の頃からいがみ合っている仲の2人の主人公がアン=マーグレット演じる新しい隣人女性に首ったけになり、状況がさらにエスカレートするという物語だった。まオリジナル版のドナルド・ペトリーに替わりティム・ストーリーが監督を務める新作に向けてはエディ以外の主要キャストがまだ決まっていないものの、もう1人の幼馴染役をサミュエル・L・ジャクソンが演じる可能性もあるようだ。一方で、エディには『ツインズ』続編が控えており、1988年の前作では見た目も中身も正反対の生き別れの双子ジュリアスとヴィンセントを演じたアーノルド・シュワルツェネッガーとダニー・デヴィートらと共演することになる。

2018年8月30日 (木)

エディ・マーフィ、第10子誕生へ

ペイジ・ブッチャー,エディ・マーフィエディ・マーフィ(57)に第10子が誕生するようだ。エディと2012年から交際している恋人ペイジ・ブッチャーとの間にとって第2子となる子供が12月に誕生する予定であると発表された。生まれてくる子供の性別はまだ不明なものの、2人には2016年5月に誕生した娘イジーちゃん(2)がいる。さらにエディには、2006年に離婚した元妻ニコール・ミッチェルとの間に5人の子供がいるほか、ポーレット・マクニーリーとの間に2人、タマラ・フッドと元スパイス・ガールズのメラニー・ブラウンとの間にそれぞれ子供が1人ずついる。エディは以前、9人もいる子供たちがそれぞれ性格が異なる良い子ばかりだと誇らしげに話していた。

2016年10月 6日 (木)

エディ・マーフィー、ハリウッド特別功労賞受賞へ

エディ・マーフィーエディ・マーフィーが、来月行われるハリウッド映画賞で特別功労賞を受賞することがわかった。エディは、11月6日にビバリー・ヒルトン・ホテルで開催される式典で、コメディアン、俳優、ライター、プロデューサー、監督として35年以上に渡って活躍してきたその輝かしいキャリアを称えられる。同賞は過去にハリソン・フォード、リチャード・ギア、故ロビン・ウィリアムズ、グレン・クローズ、ダスティン・ホフマン、マイケル・キートン、ロバート・デ・ニーロらが受賞している。そんなエディは最近、いつかはアカデミー賞を受賞できると信じていると冗談交じりに語っていたところだ。

2016年10月 5日 (水)

ディズニー、『ムーラン』実写版を製作へ

エディ・マーフィディズニーが、実写版『ムーラン』が2018年に公開されることを発表した。ヒロインのファ・ムーランをミン・ナが、赤竜のムーシューをエディ・マーフィがそれぞれ担当した1998年作が、より特別な意味合いを持った精巧なストーリーで生まれ変わるようだ。2018年11月2日の公開を視野に急ピッチで製作が進められており、ディズニーはムーランを演じる中国人女優を探しているところだという。ディズニーは同作の版権を昨年に獲得しており、リック・ジャッファとアマンダ・シルヴァーのコンビが脚本を執筆する予定になっている。『ムーラン』は年老いた父親の代わりに少年の格好をして軍隊に入り、友達で守り神でもある竜のムーシューと共に戦争に参加する姿が描かれた作品。ディズニーはつい先日、1994年作『ライオン・キング』をジョンファヴロー監督のもとで実写化することを発表したばかりだ。




最新映画ナビ関連ブログ

カテゴリ