ドゥエイン・ジョンソン(Dwayne Johnson)

2013年12月20日 (金)

ドウェイン・ジョンソン、フォーブス誌が選ぶ「2013年最も稼いだ俳優」で1位

ドウェイン・ジョンソンドウェイン・ジョンソンが、フォーブス誌が選ぶ「2013年最も稼いだ俳優」で1位となった。ドウェインは今年に入って出演した4作品『ワイルド・スピード EURO MISSION』『G.I.ジョーバック2リベンジ』『ペイン・アンド・ゲイン』『オーバードライヴ』が世界中のボックスオフィスで13億ドル(約1340億円)もの興行成績を記録して、今年のランキングでトップを飾った。2位のロバート・ダウニー・Jr.は、今年は『アイアンマン3』の1作品しか公開されていないものの、同作が12億ドル(約1240億円)もの興行成績を収めて最高のヒット作となったことで僅差の2位につけた。3位には『怪盗グルーのミニオン危機一発』のスティーヴ・カレルが、『The Way Way Back』『The Incredible Burt Wonderstone』などが9億6400万ドル(約990億円)、さらに『ワイルド・スピード EURO MISSION』『リディック』のヴィン・ディーゼルが8億8700万ドル(約913億円)で4位、『ゼロ・グラビティ』『The Heat』がヒットしたサンドラ・ブロックが、8億6200万ドル(約887億円)で5位と続いている。

2013年11月18日 (月)

ドウェイン・ジョンソン、元NFL選手の海上遭難事故を描く『Not Without Hope』出演へ

ドウェイン・ジョンソン

ドウェイン・ジョンソンが、新作『Not Without Hope』に出演することになった。ドウェインが出演とプロデュースの2役を務める本作は、元アメフト選手のニック・スカイラーのベストセラーになった回顧録が原作で、乗っていたボートが転覆し、海で遭難してしまう友人グループの姿をドラマチックに描く。ニックとそのNFL選手仲間であるマーキス・クーパーやコーリー・スミス、親友のウィル・ブリークリーの4人がメキシコ湾に釣りに出かけたものの、船が転覆し、苦難を強いられる姿が描かれる。そんなドウェインは最近、ブレット・ラトナー監督最新作『Hercules』のクランクアップを迎えたばかりで、現在は人気シリーズ最新作『ワイルド・スピード7』を撮影中だ。さらに映画だけでなく、今後は米HBO局が贈るマイアミのアスリート達に焦点を当てた番組のパイロット版やリアリティ番組「The Hero」の新シーズンに取り掛かるなど大忙しだ。

2013年6月24日 (月)

ドウェイン・ジョンソン、『ターミネーター5』でアーノルド・シュワルツェネッガーと共演!?

ドウェイン・ジョンソンドウェイン・ジョンソンが、『ターミネーター5』に出演する可能性が出てきた。ドウェインは現在、アーノルド・シュワルツェネッガーがカムバックする同シリーズ最新作に向けて出演交渉中だという。来年の1月にもクランクイン予定の本作は、1940年代、もしくは1950年代を舞台にするようで、人類抵抗軍のリーダーとなるジョン・コナーの母親でターミネーターの標的となるサラ・コナーが生まれる前の、サラの両親のストーリーを描くものになりそうだ。今回も一家は未来から送り込まれたターミネーターに命を狙われることになる。先日にはシュワルツェネッガー自身がターミネーターを再演すると口にしていたが、ここにきて、サラの両親と深い関わりを持つ人間の役を演じるとの噂も出ている。今年に入って『Pain & Gain』『ワイルド・スピード EURO MISSION』などの大作に出演を果たしているドウェインは現在、新作『Hercules: The Thracian Wars』の撮影中だ。

2013年4月 4日 (木)

パラマウント・ピクチャーズ、早くも『G.I.ジョー バック2リベンジ』の続編にゴーサイン

ドゥエイン・ジョンソンパラマウント・ピクチャーズが、「G.I.ジョー」シリーズ第3弾の製作にゴーサインを出した。日本では6月8日より公開予定で、アメリカ等では3月29日から公開がスタートしたアクション大作『G.I.ジョー バック2リベンジ』が世界的にヒットしているのを受け、スタジオ側が早速続編の製作に指示を出したとか。同シリーズ第2弾は北米週末興行成績で4120万ドル(約38億円)を叩き出し、初登場1位に輝いた上、公開5日間で世界興収1億3200万ドル(約123億円)の興行収入を記録している。今回続編の監督を務めたジョン・チュウは最近、第3弾でもメガホンを取りたいと明かしていた。

2012年2月21日 (火)

ドウェイン・ジョンソン、「ワイルド・スピード」シリーズ新作2作同時撮影はナシと明かす

ドウェイン・ジョンソン“ザ・ロック”ことドウェイン・ジョンソンが、『ワイルド・スピード6』とその続編を同時に撮影する計画がなくなったと明かした。同2作品で米連邦捜査官ルーク・ホブス役を再演することになっているドウェインは、プロデューサー陣が2作同時に撮影する方針を変更したと話している。ドウェインによると、『ワイルド・スピード』の新作は、ヨーロッパを舞台にする予定なのだそう。そんなドウェインは、『G.I.ジョー バック2リベンジ』の撮影を終えたばかりだが、WWEのプロレスラー、ザ・ロックとして4月1日にはジョン・シナとの対戦が控えており、両立に大忙しだ。

2011年9月30日 (金)

スーザン・サランドン、新作アクションでザ・ロックと共演へ

スーザン・サランドンスーザン・サランドンが、アクション・スリラー『Snitch』に出演するようだ。リック・ローマン・ウォーが監督と脚本を務めるこの新作映画で、スーザンはザ・ロックことドゥエイン・ジョンソンと共演する。この作品では、息子に科された30年の懲役を減刑してもらうため、大物ドラッグディーラーを逮捕しようとする父親の姿が描かれる。スーザンは、政界躍進を目指して薬物関連の逮捕に一役買おうとする野心家の弁護士を演じることになるようだ。ドキュメンタリー番組「Frontline」で放送された話をベースとしたこの作品のプロデュースは、主役のドゥエインと共にナイジェル・シンクレア、ガイ・イースト、アレックス・ブルナー、ダニー・ガルシア、デイヴィッド・ファニングが手掛ける予定だという。

2011年9月 2日 (金)

ドウェイン・ジョンソンが巨人役に?

ドウェイン・ジョンソンザ・ロックことドウェイン・ジョンソンが、『Goliath』でタイトルロールをオファーされているという。約2メートルの身長を持つドウェインは、『地球が静止する日』のスコット・デリクソンが監督を務めるこの作品で、聖書に登場する巨人兵士ゴリアテ役として出演交渉中だという。旧約聖書やコーランでも述べられている、イスラエルの真の王であることを証明するために繰り広げられた、ゴリアテとダビデの壮大な戦いが描かれる。この作品には「トワイライト」シリーズのプロデューサーであるマーティ・ボーウェンとウィック・ゴッドフリーも参加し、ダビデ役にはテイラー・ロートナーがオファーされているようだ。

2011年6月10日 (金)

ドゥエイン・ジョンソン、『G.I.ジョー』続編に出演か?

ドゥエイン・ジョンソンザ・ロックことドゥエイン・ジョンソンが、『G.I.ジョー:Cobra Strikes』への出演オファーがあったようだ。ドゥエインは、映画版『G.I.ジョー』の続編に登場するRoadblock役を演じる話し合いをパラマウント映画と進めているそう。主人公の戦士デュークは、前作に引き続きチャニング・テイタムが演じるものと見られており、『ステップ・アップ2:ザ・ストリート』『ジャスティン・ビーバー ネヴァー・セイ・ネヴァー』のジョン・M・チュがメガホンをとり、2012年8月公開予定。ドゥエインは他にも『Snitch』で主演を務めるほか、『センター・オブ・ジ・アース』の続編や『アラビアン・ナイト』など、大作への出演予定が目白押しだ。




最新映画ナビ関連ブログ

カテゴリ