ジャイモン・フンスー(Djimon Hounsou)

2018年10月 4日 (木)

ジャイモン・フンスー、リブート版『チャーリーズ・エンジェル』出演へ

ジャイモン・フンスージャイモン・フンスーがリブート版『チャーリーズ・エンジェル』の出演陣に加わる。スティーブン・スピルバーグ監督作『アミスタッド』のシンケ役で有名なジャイモンは、同作でエリザベス・バンクスとパトリック・スチュワートと共に姿を見せない探偵社のオーナー、チャーリー・タウンゼントの右腕となるボスレーの1人を演じるという。エリザベスがメガホンを取る同作では、クリステン・スチュワート、エラ・バリンスカ、ナオミ・スコットの3人が新世代のエンジェルを演じる。さらにエリザベスは、クレイグ・メイジンとセミ・チェラスによる初稿を基に、ジェイ・バスと共に脚本の執筆に取り掛かっていると報じられている。一方で8月には、クリステンは2019年9月に公開予定の同作への出演に向けてトレーニングしていることを明かしていた。同シリーズは、2000年にキャメロン・ディアス、ドリュー・バリモア、ルーシー・リュー主演の映画版『チャーリーズ・エンジェル』、その3年後には続編『チャーリーズ・エンジェル フルスロットル』が公開されている。

2014年6月 9日 (月)

ジャイモン・フンスー、新作『ターザン』に出演決定!

ジャイモン・フンスージャイモン・フンスーが、新作『ターザン』に出演することになった。ジャイモンは、同作内でムボンガ族の酋長を演じる予定だと言われており、サミュエル・L・ジャクソンもまたその仲間を演じる方向で、クリストフ・ヴァルツは悪役としてキャスティングされている。この実写版では、アフリカのジャングル内で猿に育てられたターザンがロンドンへ戻り、ヴィクトリア女王の命を受け、鉱山を取り巻く怪しげな取引を捜査する姿が描かれる予定だ。同じくターザンを主役に置き、SFの要素を取り入れたアニメーション版は現在公開中で、ケラン・ラッツがタイトルロールの声を担当している。

2008年8月13日 (水)

A・ジョリー差し置き、ベスト・ドレッサー獲得の60代女性とは?

バニティフェア誌が2008年度のベスト・ドレッサー賞を発表し、女性部門で、アンジェリーナ・ジョリーを2位に差し置いてヘレン・ミレンが1位の座を獲得した。そして男性部門では、ダニエル・クレイグを2位に差し置いて、ジャイモン・フンスーが1位。ジョージ・クルーニーは黒服が多いからかランク入りは果たして折らず、5位にブラッド・ピット、9位にジョニー・デップが名を連ねている。なお、カップルではアンジェリーナとブラッドが1位で、6位にデビッド&ヴィクトリア・ベッカム夫妻がランク入りしている。




最新映画ナビ関連ブログ

カテゴリ