デーヴ・パテル(Dev Patel)

2014年12月11日 (木)

フリーダ・ピントーとデーヴ・パテール、破局!?

フリーダ・ピントー、デーヴ・パテールフリーダ・ピントーとデーヴ・パテールが破局したと報じられている。2008年作『スラムドッグ$ミリオネア』への出演をきっかけに交際を始めた2人が、約6年間の交際期間を経て破局を決めてからすでにしばらくが経過しているという。10月にフリーダが自身の30歳の誕生日をデーヴ抜きで祝っていたことから2人の破局説が広まっていた。フリーダはすでに前進する心の準備が出来ているようで、また別の人との交際も視野に入れているそうだ。ダニー・ボイル監督によるアカデミー賞受賞作『スラムドッグ$ミリオネア』で主演したことにより一躍スターダムにのし上がった2人だが、デーヴはフリーダが交際を始める前から心の友と感じていたことを以前に明かしており、同作の撮影が終了してから数か月後となる2009年1月に、フリーダは当時の婚約者である自身の元広報担当のローハン・アンタオとの婚約を解消し、デーヴと交際を始めていた。

2013年6月 6日 (木)

ロバート・シーハンとデーヴ・パテル、新作コメディー『The Road Within』で共演決定

ロバート・シーハンロバート・シーハンとデーヴ・パテルが、新作ロードムービー『The Road Within』に出演することになった。人気ドラマ「Misfits」で活躍するロバートと『スラムドッグ$ミリオネア』でお馴染みのデーヴは、グレン・ウェルズの初監督作となるこのコメディドラマでゾーイ・クラヴィッツと共演することになったようだ。ロバートが扮するトゥレット障害を持つ主人公は、母親の死後、父親によって施設送りの憂き目に遭うものの、ゾーイ扮する拒食症の女の子とデーヴ演じる強迫性障害を持つルームメイトとの2人の患者と共に施設を抜け出し、母親の遺骨を海に散骨しようとするというストーリーだ。2010年のドイツ映画『ヴィンセントは海へ行きたい』のリメイク作品で、監督のグレン自身が脚色も担当している。

2010年7月14日 (水)

デーヴ・パテルが、フリーダ・ピントとの再共演を否定

アカデミー賞作品賞を受賞した『スラムドッグ$ミリオネア』で恋人同士を演じ、プライベートでも交際を続けているデーヴ・パテルが、フリーダ・ピントとの再共演の可能性を否定した。ハリウッドの人気カップルは、観客がプライベートと作品を混同してしらけたりすることを恐れて共演をやめるケースが多い。しかしデーヴの場合は、フリーダと一緒にいると笑ってばかりで仕事にならないというのが理由のようだ。また、婚約の報道についても否定している。

2009年5月11日 (月)

『スラムドッグ・ミリオネア』のゴールデンカップルが、実生活でも交際!

『スラムドッグ・ミリオネア』で恋人同士を演じ一躍時の人となったデーヴ・パテルとフリーダ・ピントが、実生活でも交際していることが明らかになった。同作がすべてのショー・レースに絡んでいたため、撮影後も一緒に行動することが多かった2人。今年2月のアカデミー賞で交際の噂が流れていたものの、真実は明らかになっていなかったが、このほどデーヴの母親が正式に交際を認める発言をしており、2人の気持ちも確実なものになったようだ。

2009年3月 4日 (水)

『スラムドッグ$ミリオネア』のデーヴ・パテルとフリーダ・ピントが、交際!

b>『スラムドッグ$ミリオネア』で運命の恋人同士を演じ、息の合ったところを見せている18歳のデーヴ・パテルと24歳のフリーダ・ピントが、実生活でも交際していることが明らかになった。共演者のアニル・カプールが暴露したもので、6歳の年齢差にも関わらず、出会ったときから運命を感じていたようだ。アカデミー賞のレッドカーペットに2人仲良く出席しているほか、バレンタインには、デーヴの故郷ロンドンにある高級ショッピングモールで買い物をする姿も目撃されおり、公私共に絶好調のようだ。

2009年2月23日 (月)

シャロン・ストーンが、あのインド人に一目惚れ?

シャロン・ストーンが、『スラムドッグ$ミリオネア』を見て、主役で18歳のデーヴ・パテルに一目ぼれ状態になっていることが明らかになった。その気持ちを抑えることができないシャロンは、早速BAFTA(英国アカデミー賞)のパーティや授賞式でデヴに接近し、ずっと彼から離れなかったそう。演技を絶賛するとともに、祝福のキスを贈るなど直接彼にその気持ちを伝えたようで、デヴも大感激しているようだ。

Photo: Tristan Gregory/Camera Press/アフロ




最新映画ナビ関連ブログ

カテゴリ