デンゼル・ワシントン(Denzel Washington)

2010年5月13日 (木)

デンゼル・ワシントンが、イギリスの舞台に立つことを切望

現在「Fences」で2度目のブロードウェイの舞台に立っているデンゼル・ワシントンが、同作で、イギリスの舞台にも立ちたいと思っていることが明らかになった。この作品は、1987年に戯曲部門でピューリッツア賞を受賞したオーガスト・ウィルソンの代表作。デンゼルは、1950年代のピッツバーグで妻との暮らしに四苦八苦するアフリカ系アメリカ人を演じている。ニューヨークのブロードウェイの舞台も世界的に有名だが、舞台の本場はやはりロンドン。ウエスト・エンド劇場に立つことは舞台役者なら誰でも夢見ることだが、今作でのデンゼルの評価は真っ二つに別れており、夢を実現させるのは簡単なことではないようだ。

2010年4月12日 (月)

ショーン・ペンらアカデミー俳優3人が、キャスリン・ビグロー監督作に出演

ショーン・ペン、デンゼル・ワシントン、ハビエル・バルデムらアカデミー俳優3人が、『ハート・ロッカー』で女性初のアカデミー監督賞を受賞したキャスリン・ビグロー監督の次回作『Triple Frontier』に出演することが明らかになった。同作は、2000年にアカデミー賞作品賞を受賞したスティーブン・ソダーバーグ監督作『トラフィック』のような、麻薬密売を取り扱った作品になるそう。撮影は来年から、アルゼンチン、ブラジル、パラグアイの国境で開始される予定。

2009年11月24日 (火)

デンゼル・ワシントン、ブロードウェイの舞台「Fences」に出演

デンゼル・ワシントンが、「ジュリアス・シーザー」から5年ぶりに舞台「Fences」でブロードウェイに立つことが明らかになった。デンゼルは前作でブルータス役を演じており、ブロードウェイは今度で2度目。同作は、オーガスト・ウィルソン原作で1987年に上演されトニー賞の最優秀演劇賞を受賞している、1950年代のアメリカの人種問題を描いた作品。デンゼルがどんな役を演じるかは明らかになっていないが、来年4月から上演される予定。

2009年8月20日 (木)

デンゼル・ワシントンの夫婦の秘訣は?

結婚26周年を迎えたデンゼル・ワシントンが、妻に対してイエスマンでいることが夫婦円満の秘訣であることを明らかにした。俳優としての不動の人気を保ちながらも浮いた話が出ないデンゼルは、妻の気持ちを考慮して、映画でもセックス・シーンなどを演じないようにしているようだが、それ以外にも私生活でうまくやるために、「わかったよ。そうするよ。やるよ」という返事しかしないのそう。余計なことを言わないのが、夫婦円満の秘訣だそうだ。

Photo:アフロ

2009年6月 9日 (火)

デンゼル・ワシントンが、傷心のジョン・トラボルタについて語る!

新作『サブウェイ123』でジョン・トラボルタと共演したデンゼル・ワシントンが、電話で2、3時間トラボルタと話したときの様子を明らかにした。トラボルタは、今年1月に16歳の息子ジェットを亡くした悲しみから立ち直れずにいるようで、話しているときも、普通に話していたかと思うと泣き崩れてしまうため、デンゼルは聞き役に徹していたそうだ。傷が癒えるまでには相当な時間がかかりそうで、プロモーションにも参加しないそうだ。

2009年5月 1日 (金)

デンゼル・ワシントンがトニー・スコット監督と5度目のタッグ

デンゼル・ワシントンが新作スリラー『Unstoppable』で、トニー・スコット監督と5度目のタッグを組むことが明らかになった。同作は、2001年にアメリカのオハイオ州で実際に起こった列車の暴走事故をもとに描かれるもので、秋から撮影が開始される予定。なおデンゼルとトニーは、これまでにも『クリムゾン・タイド』『マイ・ボディガード』『デジャヴ』、そして6月12日に全米公開が決まっている『サブウェイ・パニック』でタッグを組んでいる仲。残念ながら大ヒットはしていないが、かなり相性がいいようだ。

2009年2月26日 (木)

トム・クルーズが、デンゼル・ワシントンと共演

トム・クルーズが、デヴィッド・クローネンバーグ監督の最新作スリラー『The Matarese Circle』で、デンゼル・ワシントンと共演することが明らかになった。同作は、マット・デイモン主演の人気映画ジェイソン・ボーンシリーズの著者ロバート・ラドラムのベストセラーを映画化したもので、デンゼルとトムが、ライバルとなるトップスパイを演じる。なお、撮影開始時期などの詳細は明らかになっていない。

Photo:VANDEVILLE ERIC/Gamma/Eyedea/アフロ




最新映画ナビ関連ブログ

カテゴリ