デヴィッド・ボウイ(David Bowie)

2016年5月13日 (金)

デヴィッド・ボウイ、「ツイン・ピークス」新シリーズに出演予定だった!?

デヴィッド・ボウイデヴィッド・ボウイが生前、「ツイン・ピークス」の新シリーズへのカメオ出演を予定していたという。1月にがんで命を落としたボウイは、1992年公開の同シリーズ映画『ツイン・ピークス ローラ・パーマー最期の7日間』にも出演していたことから、来年放送予定のリバイバル版にも端役で出演する意向を示していたという。1990年から1991年にかけて放送されたオリジナルシリーズでは、シェリル・リー演じるローラ・パーマーの殺人事件をカイル・マクラクラン演じるデイル・クーパーが捜査にあたる姿が描かれた。オリジナル版に続きデヴィッド・リンチ監督が手掛ける新シリーズには、マクラクランをはじめ、ナオミ・ワッツ、トム・サイズモア、アマンダ・セイフライド、バルサザール・ゲティ、ジェームズ・ベルーシが出演することが明らかになっているが、ストーリーについては出演者も分からないと言われている。

2016年3月15日 (火)

デヴィッド・ボウイ、妻への遺産は56億円

イマン・アブドゥルマジド、デヴィッド・ボウイデヴィッド・ボウイの妻イマン・アブドゥルマジドは、5000万ドル(約56億円)の遺産を受け取ることになるようだ。1月にがんで他界したボウイと24年間の結婚生活を送っていたイマンは、マンハッタンにあるマンションなどを含めたほとんどの物件を相続することになるという。また、2人の15歳の娘アレクサンドリアは25歳になった時に、そして前妻アンジー・ボウイとの息子であるダンカン・ジョーンズは間もなく、それぞれ2500万ドル(約28億円)ずつを相続するという。ほかにもボウイの長年のスタッフなどにも遺産の一部が相続されるという。そんなボウイについて、元コラボレーターのイヴォ・ヴァン・ホーヴェはマイホームパパであるというボウイが生きるために必死に戦っていたと以前に明かしていた。

2016年2月16日 (火)

レディー・ガガ、自身の成功はデヴィッド・ボウイのおかげ

レディー・ガガレディー・ガガは、デヴィッド・ボウイがいなければ今の自分はありえないと感じているそうだ。先月69歳でがんのため他界したボウイのグラミー賞におけるトリビュートコーナーでステージに立つ予定のガガは、ボウイの一風変わった個性によって自分が変わり過ぎていないと思えたことでキャリアを築けたのだという。アカデミー賞でもパフォーマンスが予定されているガガは、アメリカの大学ではびこるレイプ犯罪を追ったドキュメンタリー映画『ザ・ハンティング・グラウンド』のためにダイアン・ウォーレンと作曲した「ティル・イット・ハプンズ・トゥ・ユー」が歌曲賞にノミネートされたことで重要な問題により焦点が当てられることを喜んでいるそうだ。また、先週末にはスーパーボウルでアメリカ国家を歌い上げたガガはあれほど栄誉なことはなかったとしており、「とても緊張したけど、興奮もしていたの。選手たちは自分の世界に入って準備しているところだったし、スタジアムにみなぎるパワーはすさまじいものがあったわ。自分の国のために歌うほど名誉なことってないわよね」と振り返った。

2016年1月18日 (月)

デヴィッド・ボウイ、葬儀なしで火葬

デヴィッド・ボウイデヴィッド・ボウイが火葬されたという。今月10日、1年半に渡るがんの闘病生活の末69歳で他界したデヴィッドは、生前に親族に対して葬儀をしないでほしいという意向を伝えていたようで、遺族や友人も出席せずにアメリカ国内で火葬されたという。デヴィッドは妻イマンを含む親類に自分の音楽だけで人々に覚えてもらいたいと伝えていて、遺作となった「ブラックスター」がファンへのお別れの挨拶だったとも言われている。その一方でこの先数か月に渡って追悼コンサートが数々予定されており、デヴィッドのファン達はそこでお別れを告げることが出来るようになっている。

2015年9月25日 (金)

デヴィッド・ボウイ、テレビドラマの主題歌を担当!

デヴィッド・ボウイデヴィッド・ボウイが、新作ドラマ「The Last Panthers」の主題歌をリリースするようだ。ヨーロッパを舞台にした犯罪スリラーを描くドラマで、オープニングに流れることになるというダークかつ美しい曲は、マドンナやビヨンセ、ラナ・デル・レイなどを手がけたことでも知られるヨハン・レンク監督とのコラボ作となるようで、レンクはボウイが同ドラマをまさに表した楽曲を作ってくれたと絶賛している。ボウイが前回テレビ番組のテーマソングを書き下ろしたのは1993年にBBCで放送された「郊外のブッダ」となっている。「The Last Panthers」はヨーロッパの暗黒界を舞台にした6話仕立てのシリーズとなっており、英国アカデミー賞も受賞しているサマンサ・モートンとゴールデングローブ受賞歴のあるジョン・ハートという豪華なキャストが登場する。

2014年7月30日 (水)

スーザン・サランドン、デヴィッド・ボウイと交際していた!

スーザン・サランドンスーザン・サランドンが、1980年代にデヴィッド・ボウイと恋愛関係にあったという。1983年映画『ハンガー』で共演した2人は交際に発展したものの、スーザンは9人兄弟の長女として母親代わりの役目をしてきたため、自分で子供を作る気がなかったことから、結局2人の関係は続かなかったのだそうだ。とは言え、スーザンは1985年にイタリア人監督のフランコ・アムリとの間に第1子エヴァ・アムリをもうけており、その後ティム・ロビンスの間には2人の息子をもうけており、一方のデヴィッドもスーパーモデルのイマンと1992年に結婚し、娘を1人もうけている。関係こそ上手く行かなかったものの、スーザンはデヴィッドが才能ある素晴らしい人物だと絶賛している。




最新映画ナビ関連ブログ

カテゴリ