デイヴ・バウティスタ(David Bautista)

2018年9月11日 (火)

デイヴ・バウティスタ、『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』降板を示唆

デイヴ・バウティスタデイヴ・バウティスタが、解雇されたジェームズ・ガン監督の脚本をマーベルが使わない場合『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』第3弾の降板を辞さないとしている。同シリーズでドラックスを演じるデイヴは、この映画はガンによるものであり、その脚本を使用しないのなら出演はしないと頑なな態度を示している。10年前のツイッターでの不適切な投稿が原因でマーベルを傘下に置くディズニーからガンは解雇を言い渡されていた。その後デイヴを含めた同作出演者らが彼の復帰を訴えるキャンペーンを展開したものの、同社はガンの復帰はないと発表していた。

2018年9月 4日 (火)

デイヴ・バウティスタ、『スター・ウォーズ』のオーディションに2度も落選

デイヴ・バウティスタデイヴ・バウティスタが「スター・ウォーズ」シリーズのオーディションに2度も落ちていたことを告白した。「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」シリーズでお馴染みのデイヴは、『スター・ウォーズ エピソード9』への出演を熱望していたというが、過去の経験を考えるとその夢が叶うことはないだろうと感じているそうだ。そんなデイヴだが、「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」シリーズ第3弾からジェームズ・ガン監督を解雇したことについて『スター・ウォーズ』の製作元でもあるディズニーに抗議の声を挙げていたため、出演のチャンスをもらえる可能性は少なそうだ。同シリーズでドラックスを演じるデイヴはツイッターで、法的な義務には従うものの、ジェームズ・ガンのいない『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』は『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』ではないと心情を明かしていた。

2018年8月 3日 (金)

デイヴ・バウティスタ、アクションコメディ映画に主演

デイヴ・バウティスタデイヴ・バウティスタが、家族向けアクションコメディ映画『My Spy』に出演する。ここ数年WWEからハリウッドに活躍の舞台を移したデイヴは、同作で、ある少女の家族を監視する任務に就くも、その女の子に翻弄される主役のCIA職員を演じるという。ピーター・シーガルがメガホンを取る同作でデイヴはジョナサン・マイスナーとクリス・ベンダーと共に同作のプロデューサーも務めるそうだ。一方で、ドラックス役で『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』にも登場したデイヴは、「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」シリーズ第3弾も控えている。




最新映画ナビ関連ブログ

カテゴリ