ダーレン・アロノフスキー(Darren Aronofsky)

2017年11月27日 (月)

ジェニファー・ローレンスとダーレン・アロノフスキー監督が破局!

ジェニファー・ローレンス,ダーレン・アロノフスキージェニファー・ローレンス(27)がダーレン・アロノフスキー監督(48)と破局したと報じられている。ジェニファーは自身が出演したホラー作品『マザー!』の監督を務めたアロノフスキーと交際していたが、1カ月前に別れていたようで、破局は友好的で2人は友人関係を保っているとみられている。1年間交際していた2人は今月11日にロサンゼルスで開かれたガバナーズ・アワードに共に出席しており、今回の報道によるとその時点ではすでに別れていたことになるが、2人は仲が良いため気まずい雰囲気ではなかったそうだ。最近ジェニファーは『マザー!』以前からアロノフスキーのことが気になっていたと明かしていた。

2017年9月20日 (水)

ダーレン・アロノフスキー監督最新作『マザー!』が不評

ダーレン・アロノフスキーダーレン・アロノフスキー監督による心理スリラー映画『マザー!』の出足がいまひとつとなっているようだ。先週15日(金)から海外で公開が始まった同作だが、評価が分かれる結果となっている。それに対してアロノフスキーはこの作品が日常に起こっている出来事に対する注意喚起であり、受け入れがたい人がいることも自覚しているため、気に入ってもらえない観客がいても落胆するようなことはないとしている。その一方で、全編を通して、肩越し、クローズアップ、主人公の表情という3つの視点から撮影するという取り組みに対しては一切評価がされていないとして、映画製作の知識を持ち合わせていない批評家への不満を露わにしている。また、アロノフスキーはジェニファー・ローレンスをはじめ、ハビエル・バルデム、エド・ハリス、ミシェル・ファイファーら豪華スターが出演していることで自然と求められた映画のタイプと、実際の作品が大きく異なることでがっかりする人もいるだろうと分析した。

2016年11月11日 (金)

ダーレン・アロノフスキー監督、ジェニファー・ローレンスを賄賂に選挙投票を促進!?

ジェニファー・ローレンスダーレン・アロノフスキーが、恋人のジェニファー・ローレンスを使って米大統領選挙でヒラリー・クリントン氏への投票を呼びかけていたそうだ。11月8日、アロノフスキー監督はノースカロライナ州デューク大学で、ジェニファーフェイスタイムで話をする権利を与える代わりに大統領候補者であったクリントン氏へ投票するように学生に促したようだ。その場にいた人物のツイッターにはアロノフスキー監督が、ガウンを着たジェニファーとフェイスタイムで繋がっている携帯電話の画面を見せている写真などが投稿されている。さらにアロノフスキーは学生たちを大学内の投票場に車で送り届けるなど尽力していたようだが、その努力もむなしく、ノースカロライナ州ではトランプが勝利を収めていた。

2016年11月 8日 (火)

ジェニファー・ローレンス、ダーレン・アロノフスキー監督とのキスを目撃される!

ジェニファー・ローレンスジェニファー・ローレンスとダーレン・アロノフスキー監督が、ニューヨークで夕食を楽しんだ後にキスをしている姿が写真に撮られた。最近、ロサンゼルスでデートをしている姿が何度も目撃されていることで交際が噂されている2人が11月2日、ニューヨークの街中で手を繋いでキスをしている写真が雑誌に掲載された。ハビエル・バルデムやミシェル・フェイファーらも出演するタイトル未定の新作映画をきっかけに、今年の夏に急接近したと言われる2人は、互いに私生活への注目を望まないことから、ジェニファーの以前の恋人であるコールドプレイのクリス・マーティンとの時よりストレスのない交際を送っていると言われている。現在のところどちらも交際を正式に認めているわけではないが以前、ジェニファーはインタビューの中で理想の男性は自分自身に感銘を与えてくれる人だと明かしていた。

2016年10月19日 (水)

ジェニファー・ローレンス、ダーレン・アロノフスキー監督と密かに交際中?

ジェニファー・ローレンスジェニファー・ローレンスとダーレン・アロノフスキーが密かに交際しているという。最近、ロサンゼルスでデートをしている姿が何度も目撃されていることで2人の交際が噂されている。ハビエル・バルデムやミシェル・フェイファーらも出演するタイトル未定の新作映画をきっかけに、今年の夏2人が急接近したと言われている。しかしジェニファーにとって映画監督との熱愛が報じられることはダーレンが初めてではなく、昨年にはガブ・ポルスキーとの交際も噂されていたことがあり、昨年4か月間交際したコールドプレイのクリス・マーティンとの破局以来始めての熱愛報道となる。その一方でダーレンは10歳の息子ヘンリー君を共にもうけ、5年間婚約していたレイチェル・ワイズと2010年に破局しており、レイチェルはその後ダニエル・クレイグと結婚している。

2015年10月19日 (月)

ジェニファー・ローレンス、ダーレン・アロノフスキー監督最新作に出演か?

ジェニファー・ローレンスジェニファー・ローレンスが、ダーレン・アロノフスキー監督の新作に出演する可能性が出てきた。『ブラック・スワン』で知られるアロノフスキー監督による来年春から撮影開始予定のタイトル未定の新作に向けて、ジェニファーは出演に前向きな姿勢を見せているようだ。現在は『Passengers』の撮影に入っているジェニファーだが、「ハンガー・ゲーム」「X-MEN」シリーズの撮影が終了したため、2016年には様々な作品に出演出来る時間が比較的あるとみられている。そんな中ジェニファーは先日、ハリウッドにおける男女の給与格差について苦言を呈しており、『アメリカン・ハッスル』で共演した女優エイミー・アダムスと自身の出演料が、同じく共演者の男優クリスチャン・ベール、ブラッドリー・クーパー、ジェレミー・レナーらよりも低かったという事実への驚きをあらわにしていた。

2015年9月18日 (金)

ダーレン・アロノフスキー監督、エベル・ナイベル伝記映画制作へ

ダーレン・アロノフスキーダーレン・アロノフスキー監督が、エベル・ナイベルの伝記映画を制作することになった。『ブラック・スワン』の監督として知られるアロノフスキー監督は、14台のバスをバイクでジャンプするという快挙を成し遂げ、20年間のエンターテイナーとしてのキャリアの間に433本の骨を骨折するも生き延びた人物としてギネス世界記録にも登録されているエベルの伝記映画のメガホンを取ることになったという。チャニング・テイタムがエベル役に決定している同作品の製作計画は2012年にスタートしており、当初は『ハンコック』のピーター・バーグ監督がメガホンを取る予定となっていたが、バーグの降板を受けてアロノフスキー監督に白羽の矢が立ったようだ。

2012年4月20日 (金)

ダーレン・アロノフスキー、新作映画でアメリカ初代大統領ジョージ・ワシントンを描く?

ダーレン・アロノフスキーダーレン・アロノフスキーがジョージ・ワシントンを題材にする作品『The General』を監督するようだ。アメリカ初代大統領であるワシントンの人生を描くこの作品の大部分は、現在のところ謎に包まれており、アロノフスキー監督が『Noah』の撮影中であることから、実際の製作開始はまだまだ先になりそうだ。アダム・クーパーとビル・コラージュが脚本を執筆し、アロノフスキーはプロデュースも務める方向だ。配給を担当するパラマウント社が、アロノフスキーのプロトゾア・ピクチャーズとのファースト・ルック契約に基づき同作の版権ついて現在交渉中だが、数日以内に契約が完了しない場合、他社に話が持ち込まれることになる。そんなアロノフスキーは、アン・ハサウェイを主役に置いたジュディ・ガーランドの伝記『Get Happy』 についても製作を検討中だ。

2011年12月 5日 (月)

クリスチャン・ベール、D・アロノフスキー最新作『Noah』を降板

クリスチャン・ベールクリスチャン・ベールが、ダーレン・アロノフスキーが監督を務める『Noah』を降板した。旧約聖書に記された「ノアの箱舟」をテーマにした新作映画でタイトルロールを演じる予定であったクリスチャンだが、『Lawless』や『Knight of Cups』など別作品への出演でスケジュールの調整がつかないことを理由に、降板を決めたという。現在のところ、先日アロノフスキー監督とミーティングの機会を持っていたというマイケル・ファスベンダーが有力候補の様子。とはいうものの、正式に決定しているのはブラッド・ピット主演作『12 Years A Slave』だけとは言え、『X-MEN: ファースト・ジェネレーション』の続編話も浮上していることから、マイケル自身もかなり多忙なスケジュールになっているため、今後どうなるか気になるところだ。

2011年11月 8日 (火)

ダーレン・アロノフスキー、ルー・リード&メタリカのPVを監督へ

ダーレン・アロノフスキー『レスラー』『ブラック・スワン』のダーレン・アロノフスキー監督が、11月2日に発売されたメタリカとルー・リードのコラボレーション・アルバム「LULU」に収録されている「アイスド・ハニー」のPVを手がけることが明らかになった。サンフランシスコ・ベイエリアで撮影されるそうで、今月中にも公開される予定だという。アロノフスキーのデビュー作『π(パイ)』以来、ずっとファンだったというメタリカのラーズ・ウルリッヒは11月3日に出した声明文で、ルーだけでなく、アロノフスキーとも仕事が出来るなんて夢のようだとコメントしている。一方のルーもこの機会を喜んでいるようで、その新作PVが自身にとっての『ブラック・スワン』になったら嬉しいと期待しているそうだ。




最新映画ナビ関連ブログ

カテゴリ