ダニエル・ラドクリフ(Daniel Radcliffe)

2016年10月25日 (火)

ダニエル・ラドクリフ、新作映画で麻薬密輸を行うパイロット役に

ダニエル・ラドクリフダニエル・ラドクリフが『Beast of Burden』でパイロット役に挑戦することが分かった。ザ・ハリウッド・レポーターによると、同アクション映画の中でダニエルは麻薬密輸を行うパイロットを演じるという。スウェーデン人監督ジェスパー・ガンスランドにとって初めての英語での映画作品で、麻薬取締局と麻薬密輸組織の目をかいくぐりながらメキシコとアメリカ間で麻薬密輸を行う、ダニエル演じるパイロットの姿を追ったストーリーだ。ダニエルの出演シーンは11月後半からジョージア州サバンナで撮影がスタートするという。

2016年8月23日 (火)

ダニエル・ラドクリフ、映画『インペリウム』での人種差別的発言を共演者に謝罪していた!?

ダニエル・ラドクリフダニエル・ラドクリフが、映画『インペリウム』での人種差別的発言に関して共演者に謝罪をしていたという。同作品で白人至上主義組織を潜入調査するFBI捜査官を演じるダニエルは罵倒する言葉を使わなければならなかったシーンのあとは毎回共演者に謝罪していたそうだ。使わなければならなかった差別的用語を好まなかったダニエルだが、「素晴らしい経験で最高のクルーだったからある意味では作っているのがとても不思議な映画だったんだ」「一方で、右翼とか白人至上主義者が集結するシーンのようなとても重い題材と撮影に臨んでいたし、全員が『白い力』と書かれたTシャツを着ていて、そんなことは不気味で恐ろしいことだよね」と続けた。また、映画のワンシーンでスキンヘッドにしなければならなかったダニエルは頭の形が変ではないことが分かり嬉しかったとようで、ザ・デイリー・ショーの番組内で「とにかく変な形をしていたり変なマークがついていない頭だと分かって嬉しかったよ」と冗談交じりに話した。

2016年6月 9日 (木)

ダニエル・ラドクリフ、英劇作家ピーター・シェーファーの死を偲ぶ

ダニエル・ラドクリフ、ピーター・シェーファーダニエル・ラドクリフが、90歳で他界した劇作家ピーター・シェーファーを偲んだ。「ハリー・ポッター」シリーズで名声がピークに達していた2007年と2008年、当時17歳だったダニエルはロンドンとニューヨークで上演されたピーターの舞台「エクウス」で主役アラン・ストラングを演じた。ダニエルはこの作品に出演できたことに心から感謝しているとし、またピーターがイギリスで最高の劇作家の1人だったと称賛した。ピーターは生涯で18作品以上を残し、1979年の作品「アマデウス」は1984年に映画化されている。『アマデウス』は脚色賞を含む8つの賞をアカデミー賞で獲得したほか、その翌年のゴールデングローブ賞で脚本賞を受賞した。

2016年1月18日 (月)

『ハリー・ポッター』のスネイプ役、アラン・リックマンが69歳で死去

アラン・リックマン「ハリー・ポッター」シリーズのスネイプ先生役で知られるアラン・リックマンが69歳で帰らぬ人となった。1月14日、がんの闘病生活の末にアランがロンドンで亡くなった事を親族が発表した。アランは50年以上にも渡る俳優活動歴の中で『ロビン・フッド』『ラブ・アクチュアリー』『ダイ・ハード』など数々のヒット作に出演した。「ハリー・ポッター」シリーズの共演者であったダニエル・ラドクリフやエマ・ワトソンはアランの訃報に対してコメントを発表しており、ダニエルはその中でアランが今まで仕事をした俳優の中で最も素晴らしい人の1人だとし、ハリー・ポッターの撮影現場でも子どもとしてではなく、仲間の1人として接してくれた初めての大人だったというエピソードを明かした。アランは昨年、50年間交際していた恋人リマ・ホートンと結婚したばかりだった。

2015年7月 2日 (木)

ダニエル・ラドクリフ、イギリスのお尻大賞に選ばれる!

ダニエル・ラドクリフダニエル・ラドクリフが、美しいお尻の持ち主を決めるリア・オブ・ザ・イヤー2015に輝いた。ダニエルはイドリス・エルバや『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』のジェイミー・ドーナンらを抑えてこの栄誉を勝ち取った。ダニエルはスリラー作『ホーンズ 容疑者と告白の角』でヌードを披露していたほか、舞台「エクウス」で演じたアラン・ストラング役で全裸になっていて、このことが今回の受賞に貢献したと見られている。トップ5にはほかにもイギリス人テニス選手のアンディ・マレーやアカデミー賞受賞者のエディ・レッドメインがランクインした。一方でこのランキングの女性部門では、ドラマ女優のキム・マーシュがトップを飾っている。

2014年8月27日 (水)

ダニエル・ラドクリフ、日本語を猛勉強中!?

ダニエル・ラドクリフダニエル・ラドクリフが日本語を勉強しているという。レッスンを受けてはいるものの現在かなり苦戦していると明かしているダニエルのお気に入りの単語は「時々」だそうで、というのも発音がOKのカジュアルな言い方である「オーキードーキー」に似ているからなのだという。学校で習ったため、スペイン語も少し話せるダニエルだが、地元イギリスの試験でスペイン語の好成績を収めたのは、発音の良かったからで、文法は全くタメなのだとか。そんなダニエルは今回、若かりし頃はキャメロン・ディアスの大ファンで、自分の部屋にドリュー・バリモアと共にポスターまで貼っていたと明かしている。

2014年8月 6日 (水)

ダニエル・ラドクリフ、ファンの頭を剃る!?

ダニエル・ラドクリフダニエル・ラドクリフが、7月29日、米トーク番組「ジミー・キンメル・ライブ」に出演し、ファンの髪の毛をバリカンで剃りあげたそうだ。餌食となったフロリダ出身のダンに対しダニエルは、自身のヘアカットの能力について警告したものの、ダン本人はさほど気にしていなかったようで、この番組の後にはダンの家族や友人もダニエルから髪を切られたことに対する大興奮のツイートをしていた。そんなダニエルが今回プロモーションのために同番組に出演した新作映画『What If』では、ダニエル演じるなかなか素敵な恋に巡りあえない医大を中退した青年ウォレスが恋人ベンと同棲中のシャントリーに出会い、恋を育んでいくというストーリーが描かれる。

2014年7月29日 (火)

ダニエル・ラドクリフ、コミコンへの出演できず

ダニエル・ラドクリフダニエル・ラドクリフが、7月24日、入国審査のトラブルでサンディエゴで行われていたコミコンに出演できなかったようだ。カナダのトロントから同イベントに参加するためにカルフォルニアに飛ぶ予定であったダニエル。最近更新したビザにスタンプが必要だったのだが、米国大使館のコンピューターシステムがダウンしていたためスタンプがもらえず、トロントで足止めをくらったという。ダニエルは最近、外国人俳優やエンターテイナーたちに発給されるP-2ビザから、科学、芸術、教育、ビジネス、スポーツにおいて択一した能力を持つ人たちに発給されるO-1ビザに更新したばかりだったとダニエルの広報担当は話している。

2014年4月24日 (木)

ダニエル・ラドクリフ、エリン・ダークとの2年に渡る交際が発覚

ダニエル・ラドクリフダニエル・ラドクリフが、エリン・ダークと恋人関係にあるようだ。ダニエルが2012年に『Kill Your Darlings』で共演したエリンと約2年間交際を続けていることが最近明らかになった。同作撮影時には短期間の交際だけで終わったと報道されていた2人だったが、先週末にニューヨークのスーパーで一緒に買い物をしているところを目撃されている。ダニエルは2012年10月に元恋人ロージー・コーカーと破局した直後にエリンとの交際を始め、ロンドンとニューヨークでデートを重ねるなど真剣な交際のように見えていたが、あっさりエリンを置いてニューヨークを去ってしまったと言われていた。しかしながら、昨年8月にもロンドンで一緒の姿が目撃されていたことから、その間もずっと交際は続けていたものと考えられている。

2014年1月27日 (月)

ダニエル・ラドクリフ、新作『Brooklyn Bridge』で主演へ

ダニエル・ラドクリフダニエル・ラドクリフが、新作『Brooklyn Bridge』で主演を務めるようだ。本作は、父ジョン・ローブリングが設計したブルックリン橋の建設を、父亡き後、借金や病気、家庭崩壊の危機といった苦難を乗り越えながら、妻エミリーの献身的な助けを支えに、20人の犠牲者を出しながらも1500万ドル(約15億円)を投じ、14年かけて完成させた若きエンジニア、ワシントン・ローブリングの実話を題材にしたもの。ダニエルがワシントン役として出演する本作は、ダグラス・マクグラス監督の下、ゴールドクレスト・プロダクションズが製作及び配給を担当することとなっていて、製作陣はダニエルの参加の決定を喜んでいるという。『Brooklyn Bridge』は8月に撮影開始予定。




最新映画ナビ関連ブログ

カテゴリ