デイジー・リドリー(Daisy Ridley)

2018年3月22日 (木)

エンパイア賞、『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』が最多受賞!

デイジー・リドリー第23回エンパイア賞で『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』が最多受賞を果たした。人気シリーズ第8弾となった同作は18日(日)にロンドンで行われた式典で、最高賞となる作品賞をはじめ、ライアン・ジョンソンが監督賞、デイジー・リドリーが女優賞を受賞、マーク・ハミルがアイコン賞を受賞したほか、視覚効果賞と衣装デザイン賞にも選ばれた。一方でウルヴァリン役としての最終作となった『LOGAN/ローガン』でヒュー・ジャックマンが男優賞に輝いており、共演者である12歳のダフネ・キーンが新人女優賞を受賞している。今回の式典ではスティーブン・スピルバーグにエンパイア・レジェンド賞が贈られ、メリル・ストリープやトム・ヒドルストン、J・J・エイブラムス、オリヴィア・クックらからのお祝いメッセージが寄せられたトリビュート映像が公開された。

2017年12月20日 (水)

マーク・ハミル、『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』で2役を演じていた!

デイジー・リドリー、マーク・ハミルマーク・ハミルが『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』でルーク・スカイウォーカー役だけでなく、宇宙人の声も担当していたことが分かった。シリーズ第8弾となる最新作でマークは、ジェダイ・マスターだけでなくドッブ・スケイというCGIによるキャラクターの声も務めていたという。しかしマークは謎めいているところが好きだとして、そのキャラクターの詳細を語ることを避けた。CGIのキャラクターを演じてみたかったというマークは、カジノのシーンのセットで150人のエキストラが奇抜な衣装に身を包んでいる中、シーンの詳細を目にしたそうだ。そんなマークは声優としての活動で良く知られており、ジョーカー役としてアニメ版『バットマン』をはじめ、映画作『バットマン:キリングジョーク』などDCコミックのアニメシリーズ作に出演してきている。

2017年12月 5日 (火)

デイジー・リドリー、『スター・ウォーズ』第9弾でレイ役は最後

デイジー・リドリーデイジー・リドリー(25)は「スター・ウォーズ」シリーズ第9弾を最後にレイ役は今後演じるつもりはないそうだ。デイジーは2015年の『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』でレイ役として初登場し、今月15日公開となる第8弾『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』でも続投している。『最後のジェダイ』でメガホンを取ったライアン・ジョンソンは最近、本筋とは異なる新たな三部作に取り掛かっていると発表していたが、デイジーは当初の契約通り、3作品への出演でシリーズを去る意向であると明かした。その一方で、デイジーは実家に帰るような気分だという同人気シリーズに参加できたことを主演決定当時より一層ありがたく感じているそうで、締めくくりとなる第9弾の撮影をとても楽しみにしているそうだ。

2017年7月16日 (日)

デイジー・リドリー出演の「混沌の叫び」シリーズ映画作、2019年3月公開へ

デイジー・リドリー人気小説「混沌の叫び」シリーズの映画化となるデイジー・リドリー主演作『Chaos Walking』が2019年3月に公開されることが決定した。『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』でお馴染みのデイジーとトム・ホランド共演となる同作品の公開時期には、『ヒックとドラゴン』第3弾や『キャプテン・マーベル』も公開が予定されており、激しい興行収入争いが繰り広げられることになりそうだ。パトリック・ネスによる3部作のヤングアダルト小説「心のナイフ」「問う者、答える者」「人という怪物」を原作とするこの新作は、地球破滅後に人間が入植した「新世界」を舞台に、土着の生き物スパクルによって撒かれたノイズと呼ばれる細菌により、女性が死に絶え、残された男性たちは互いや動物の考えていることが聞こえるようになっている世界を描く。新世界のたった1つの街プレンティスタウンに暮らすホランド演じるトッド・ヒューイットは、世界の秘密を解読する手助けとなるデイジー演じるヴァイオラに出会うことになる。当初2018年公開予定と言われていた同作品ではダグ・リーマンがメガホンを取る。

2016年8月 8日 (月)

デイジー・リドリー、『混沌の叫び』シリーズ映画化作出演へ

デイジー・リドリーデイジー・リドリーが人気小説「混沌の叫び」シリーズの映画化作に出演する方向だ。『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』で一躍スターダムを駆け上がったデイジーは、パトリック・ネスによる同名小説を原作とした新作映画のキャスト入りを果たした。デイジーが演じる役柄については分かっていないものの、ある発見により男だらけの街から愛犬を連れて逃げ出すメインキャラクターの少年が出会う静寂の少女である可能性が高いとみられている。『心のナイフ(混沌の叫び)』はお互いの考えが聞こえてしまう世界を舞台にしており、『問う者、答える者』『人という怪物』と続く3部作の第1弾となっている。監督にはダグ・リーマンが就任しており、ジェイミー・リンデンによる最新版の脚本を基にアリソン・シェアマーとダグ・デイビッドソンがプロデュースを手掛ける。

2016年4月20日 (水)

デイジー・リドリー、英王子達に『スター・ウォーズ』撮影現場を案内!

デイジー・リドリーデイジー・リドリーが4月19日、イギリス王室のウィリアム王子とヘンリー王子に『スター・ウォーズ:エピソード8』の撮影現場を案内したそうだ。『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』からレイ役を演じているデイジーはルーク・スカイウォーカー役を演じたマーク・ハミルと共に、現在新作の撮影が行われているバッキンガムシャーにあるパインウッドスタジオを案内したようで、ウィリアム王子とヘンリー王子は小道具を手にとったり、ライトセーバーを振りかざして遊んだりとその現場をとても楽しんだようだ。その後、ヘンリー王子はチューバッカと、ウィリアム王子はBB-8と対面を果たしており、ケンジントン宮殿の公式ツイッターには2人の見学の様子を写した写真の数々が掲載されている。

2016年4月19日 (火)

デイジー・リドリー、J・J・エイブラムス最新作『Kolma』出演?

デイジー・リドリーデイジー・リドリーがJ・J・エイブラムスがプロデューサーを務める新作『Kolma』出演に向けて話を進めているようだ。エイブラムス監督作『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』で主役レイを演じて一躍人気者となったデイジーが、新たなファンタジー・スリラー映画でもタッグを組む可能性が出てきたのだ。エイブラムスがパラマウント・ピクチャーズとともにプロデュースを手掛けるこの作品では、『ミニー・ゲッツの秘密』の監督を務めたマリエル・ヘラーがメガホンを取ることが決定している。自動車事故で恋人を失った女性が年を取り、亡くなったときに事故が起きた時からの人生を再びやり直すか、もしくは事故で失った恋人とやりなおすことができるという選択肢を与えられることになるという物語でデイジーはこの女性役をオファーされているようだ。ケレン・マーガリット監督の2003年作イスラエル映画『All I've Got』を基にしたこの映画は10年以上に渡って計画されてきた。

2016年4月12日 (火)

『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』、MTVムービー・アワード最多受賞

デイジー・リドリー『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』が、4月9日にカリフォルニア州バーバンクで行われたMTVムービー・アワードで最多受賞作品となった。このJ・J・エイブラムス監督作品は最優秀作品賞、主人公レイ役を務めたデイジー・リドリーがブレイクスルー賞、アダム・ドライバーが最優秀悪役賞に輝いた。ドウェイン・ジョンソンとケヴィン・ハートの司会で行われた同式典では、『デッドプール』『ピッチ・パーフェクト2』がそれぞれ2部門に輝き、『ストレイト・アウタ・コンプトン』が最優秀TRUE STORY賞を獲得したほか、最優秀女優賞に『マッドマックス怒りのデス・ロード』のシャーリーズ・セロン、最優秀男優賞には『レヴェナント:蘇えりし者』レオナルド・ディカプリオがそれぞれ輝いた。

2016年3月15日 (火)

『スター・ウォーズ』のデイジー・リドリー、ララ・クロフト候補に!

デイジー・リドリーデイジー・リドリーが、『トゥームレイダー』の序章となる新作でヒロインのララ・クロフト役を演じる出演交渉を行っているようだ。オリジナル版でアンジェリーナ・ジョリーが演じた人気ゲームキャラクターの考古学者ララの若かりし頃を演じる候補に挙がっているというデイジーだが、2015年公開の『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』のレイ役で一躍国際的スターとなり、現在は同シリーズの続編の撮影で多忙な日々を送っている。1996年にイギリスのゲーム会社コア・デザインが制作した同名ゲームの映画化となる2001年作と2003年公開『トゥームレイダー2』はアンジェリーナの活躍もあり、大ヒットとなっていた。新作の内容についてはほとんど明らかになっていないものの、2015年発売の「ライズ・オブ・トゥームレイダー」ではララの冒険の始まりが描かれている。

2015年12月21日 (月)

デイジー・リドリー、『スター・ウォーズ』最新作プレミアで観客を魅了!

デイジー・リドリー『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』のヨーロッパプレミアでのデイジー・リドリーのファッションスタイルが話題を呼んでいる。ロンドンで行われた同イベントに登場したデイジーは、星空のような宝石がちりばめられたデザインの美しい黒のロングドレスで観客を魅了した。もちろん同イベントで観客たちの目を惹いたのはデイジーだけではなく、ルピタ・ニョンゴもメッシュ素材に宝石がちりばめられたドレスを身にまとい、明るいブルーの口紅を添えて観客たちの注目を集めていた。一方でシリーズに登場するストームトルーパーやダース・ベイダー、ヨーダのコスチュームを着て出席する大の『スター・ウォーズ』ファンのセレブ達もいたようだ。




最新映画ナビ関連ブログ

カテゴリ