コンスタンス・ウー(Constance Wu)

2018年12月14日 (金)

『クレイジー・リッチ!』のコンスタンス・ウー、新作ラブコメ映画に出演か

コンスタンス・ウー『クレイジー・リッチ!』のコンスタンス・ウーが新作ラブコメ映画に向けて出演交渉中のようだ。コンスタンスは、エリザベス・バンクスとマックス・ハンデルマンが製作を手掛けるソニー傘下スクリーン・ジェムズの同作への出演に関して話し合っているという。『GLOW: ゴージャス・レディ・オブ・レスリング』のキミー・ゲートウッドが本作で映画監督デビューを飾ることになり、サヴィオン・アインシュタインによる脚本では、2人の男性との子供をそれぞれ妊娠してしまった女性の物語が描かれるという。『フアン家のアメリカ開拓記』で有名になったコンスタンスは、ケヴィン・クワンの著作を原作とする『クレイジー・リッチ!』でヘンリー・ゴールディングやミシェル・ヨーらキャスト陣の中主役を務めていた。同作は3億2700万ドル(約370億円)もの興業収入を挙げ、コンスタンスはゴールデン・グローブ賞にもノミネートされている。

2018年11月21日 (水)

『クレイジー・リッチ!』続編の企画が進行中!?

コンスタンス・ウー『クレイジー・リッチ!』続編の企画が進行しているようだ。大ヒットを飛ばした同ラブコメ作で主人公のレイチェル・チュウ役を演じたコンスタンス・ウーは、続編の製作を示唆ながらも、ジョン・M・チュウ監督の多忙なスケジュールにより、実現するには時間がかかるだろうとの見方を示した。チュウは2008年にブロードウェイで初上演されたリン=マニュエル・ミランダによるミュージカル『In The Heights』の映画化する予定になっている。コンスタンス演じるレイチェルがヘンリー・ゴールディング演じるニック・ヤングとその裕福な家族との間で奮闘する姿を描いた『クレイジー・リッチ!』は世界で2億3600万ドル(約266億円)もの興行収入を上げる大ヒットとなっていた。原作となった小説『クレイジー・リッチ・アジアンズ』の著者ケビン・クワンは、ほかにも『China Rich Girlfriend』『Rich People Problems』なども執筆しており、映画の続編製作には十分なストーリーが用意されていると言える。




最新映画ナビ関連ブログ

カテゴリ