ジョン・C・ライリー(John C Reilly)

2016年8月19日 (金)

ウィル・フェレル、ジョン・C・ライリーと新作コメディで再び共演!

ウィル・フェレルウィル・フェレルとジョン・C・ライリーがシャーロック・ホームズを題材にした新作コメディ映画で再び共演することが決まった。『タラデガ・ナイト オーバルの狼』『俺たちステップ・ブラザース -義兄弟-』などでタッグを組んできた2人は、アーサー・コナン・ドイル著作「シャーロック・ホームズ」シリーズに登場するキャラクターを基にしたイータン・コーエン脚本『ホームズ&ワトソン』でタイトルロールを演じるという。当初ワトソン役は『タラデガ・ナイト オーバルの狼』にも登場していたサシャ・バロン・コーエンが演じる予定だったが、ジョンへその話が移っていた。ジョンの出演が決まったことから、11月より撮影がスタートすることになったようだ。

2014年4月10日 (木)

ディズニー、『シュガー・ラッシュ』続編を検討中?

ジョン・C・ライリーディズニーが『シュガー・ラッシュ』の続編を検討しているそうだ。2012年に公開されたアニメ作品『シュガー・ラッシュ』だが、音楽を担当した作曲家のヘンリー・ジャックマンは、すでにストーリーが練られていると明かしたものの、まだその続編が製作の初期段階にあるとしている。ジョン・C・ライリーが主役の声優を務めた『シュガー・ラッシュ』は高く評価され、世界中で4億7100万ドル(約483億円)もの興行成績に達していた。また、ゴールデングローブ賞ではアニメ映画賞に、アカデミー賞では長編アニメ賞にノミネートされていた。同作にはほかにサラ・シルバーマン、ジャック・マクブレイヤーらが声優として参加している。

2013年7月12日 (金)

ジョン・C・ライリー、ミュージシャンとしてデビューアルバムを発表へ

ジョン・C・ライリージョン・C・ライリーが、ミュージシャンとしてデビューアルバムを発表することになった。映画『シカゴ』などでおなじみのジョンは今回、ジャック・ホワイト率いる音楽レーベルのサード・マン・レコードを通じて、フォークやアメリカーナのカバー集となるスタジオ・アルバムでデビューを飾るつもりだと発表している。ジョンはこれまでにもサード・マンを通じて、レイ・プライスの「I'll Be There If You Want」とデルモア・ブラザーズの「Gonna Lay Down My Old Guitar」の2曲のカバーをシングルとしてリリースした経験がある。これまでにもかなりせがまれていたそうで、ジョン・C・ライリー&フレンズと題したバンドとしてツアーにも繰り出すつもりだとか。一見意外にも見えるこの組み合わせだが、共通の知人を通じて知り合った2人は、これまでにもジョンが自身の主演映画『ウォーク・ハード ロックへの階段』でジャックをエルヴィス・プレスリー役で起用した経緯もある。

2013年5月29日 (水)

ジョン・C・ライリー、新作SF『Guardians of the Galaxy』に出演!?

ジョン・C・ライリージョン・C・ライリーが、新作SF『Guardians of the Galaxy』への出演オファーを受けたようだ。マーベル・スタジオが贈る本作でジョンはローマン・デイ役の候補となっているとか。サミュエル・L・ジャクソンがこれまでのマーベル作品で演じてきたニック・フューリー率いる秘密組織S.H.I.E.L.D.とガーディアンズ達を取り次ぐ役だという。また、マーベル側は本作でジョンのパートナー役としてヒュー・ローリー、アラン・リックマン、渡辺謙らのキャスティングを検討中だとか。『Guardians of the Galaxy』は2014年8月1日に公開を予定していて、翌年の2015年には『アベンジャーズ2』の公開も控えており、ロバート・ダウニー・Jr.などの豪華キャスト陣と共にガーディアンズのメンバーも出演するのではないかと噂されている。




最新映画ナビ関連ブログ

カテゴリ