クリスチャン・スレーター(Christian Slater)

2017年3月 3日 (金)

クリスチャン・スレーター、ディズニー・チャンネル『マイロ・マーフィーの法則』出演へ

20170303_elliottdeckerクリスチャン・スレーターがディズニー・チャンネルの「マイロ・マーフィーの法則」に出演することが決定した。4月3日放送回よりクリスチャンは同アニメの主人公マイロ・マーフィーの天敵エリオット・デッカー役の声優として登場する。『マイロ・マーフィーの法則』は失敗する可能性があることは必ず失敗するという「マーフィーの法則」通りに生きる定めを持って生まれた少年マイロの周辺で巻き起こる出来事を描いたアニメ作品となっている。クリスチャンが声を務めることになったエリオットは、学校周辺の横断歩道を生徒たちが安全に渡ることができるよう警備のボランティアを行う「自称安全の皇帝」で、大惨事を冒険へと変えてしまうマイロのことを街の人々を危険にさらす少年だと思い込み監視するキャラクターだそうだ。

2016年2月29日 (月)

クリスチャン・スレーター、実父に訴えられる

クリスチャン・スレータークリスチャン・スレーターが実父トーマス・ナイト・スレーターに2000万ドル(約22億5800万円)の訴訟を起こされている。マイケル・ホーキンズという役者名で活動したトーマスは、自分自身が躁鬱病で苦しんでいることをクリスチャンが暴露したために役者人生が崩壊してしまったと訴えているようだ。トーマスが裁判所に提出した文書にはクリスチャンが故意にトーマスを中傷したことでショービジネス界のコミュニティーで要注意人物にされたとし、クリスチャンがトーマスの躁鬱病について昨年7月にインタビュー誌の中で語った際にはクリスチャンは医学的に証明できるようなものを一切持っていなかったと記載されている。トーマスは今年7月までに審理を行うことを要求しているという。

2011年5月11日 (水)

クリスチャン・スレーターら、カラオケ大会でユニセフ支援

クリスチャン・スレーター5月17日、U.S.ファンド・フォー・ユニセフ主催でセレブのチャリティカラオケ大会が、ロサンゼルス市内にあるエル・レイ・シアターで開かれる。ユニセフの「アフリカに学校を建てよう!(Schools for Africa)」キャンペーンに向けて寄付を募るイベントで、クリスチャン・スレーターやジャック・ブラック、リタ・ウィルソンのほか、クリスティン・ベル、アンジェラ・キンゼイ、カイル・マクラクラン、ロリ・ローリン、ジェームズ・デントンなど人気スターたちが参加する予定。NBCの「Tonight Show」で知られるリッキー・マイナー・バンドをバックに従えて、パフォーマンスを披露するという。

2008年10月28日 (火)

ウィノナの虜、C・スレーターが『ヘザース』の続編製作を切望

クリスチャン・スレーターが、1989年に公開されたコメディ『ヘザース~ベロニカの熱い日』の続編製作を切望していることが明らかになった。同作でウィノナ・ライダーと共演して以来、すっかりウィノナの虜になってしまったスレーターは、ウィノナと会うたびに続編話を持ちかけており、ウィノナも乗り気だという。ウィノナと共演してもう一花咲かせたいようだが、過去の人になりつつある2人とあって、どこまで予算が集まるかが微妙なところだ。




最新映画ナビ関連ブログ

カテゴリ