クリスティーナ・キャンベル(Christa Campbell)

2013年7月16日 (火)

ジョージ・A・ロメロ監督の古典的ホラー『死霊のえじき』が再びリメイク化へ

クリスティーナ・キャンベルジョージ・A・ロメロ監督の古典的ホラー作品『死霊のえじき』が、再びリメイク化されることになった。2008年にはミーナ・スヴァーリ&ニック・キャノン主演で『デイ・オブ・ザ・デッド』としてリメイクされた1985年公開の『死霊のえじき』だが、最近のソンビ映画ブームに目を付けたラティ・グロブマンとクリスティーナ・キャンベルが率いるCampbell Grobman Films社が再度映画化する権利を取得し、2014年の公開を目指して『飛びだす 悪魔のいけにえ レザーフェイス一家の逆襲』を手掛けたチームが今回のリブート作を手掛けるという。『ナイト・オブ・ザ・リビングデッド』『ゾンビ』などの初期作を成功させたロメロ監督が1985年に放った『死霊のえじき』では、地上のゾンビたちから避難するために地下に隠れた主人公達のサバイバルを描いていた。




最新映画ナビ関連ブログ

カテゴリ