クリス・プラット(Chris Pratt)

2019年2月19日 (火)

クリス・プラット、新作SF映画に出演か

クリス・プラットクリス・プラットが新作SF映画『Ghost Draft』に向けて出演交渉のようだ。ザック・ディーンが脚本を執筆する同作で、クリスは「LEGO?ムービー」シリーズで仕事をしたクリス・マッケイと再タッグを組むことになるという。今夏撮影が始まるとみられる本作には、アダム・コルブレナーやデヴィッド・S・ゴイヤーが製作陣に名を連ねているほか、ダナ・ゴールドバーグとドン・グレンジャーがスカイダンス・メディアの下、製作を統括する。一方でクリスは、3月29日に日本公開を控えている『レゴ? ムービー2』でエメット・ブロックスキー役を続投するほか、『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』や『ジュラシック・ワールド』、『マグニフィセント・セブン』でクリス演じた登場人物をモチーフにしたレックス・デンジャーベストという新キャラクターにも声をあてる。

2018年11月22日 (木)

クリス・プラット、リメイク版『セイント』主演へ?

クリス・プラットクリス・プラットがリメイク版『セイント』で主演を務めると報じられている。悪徳政治家やドラッグディーラーなどの犯罪者をターゲットに善行のために犯罪を犯すロビン・フッド的存在のサイモン・テンプラー役に向けて、クリスがパラマウントと交渉中だという。1928年から1963年にかけて出版されたレスリー・チャータリスによる数々の小説に登場したこのキャラクターは、40年代のラジオドラマを皮切りに、何度も映像化されてきており、ロジャー・ムーアが主演した60年代のテレビドラマ『セイント/天国野郎』が最も有名だ。一方でヴァル・キルマーが主演を務めた1997年の映画『セイント』はそれまでの作品に比べてユーモアやウィットに欠けたことが原因となり、高評価は得られず、主演のヴァルはその年のゴールデンラズベリー賞で最低主演男優賞の不名誉に輝いていた。今回、新たに映像化を試みているプロデューサーのロレンツォ・ディ・ボナヴェンチュラは、クリスを主役の第1候補に挙げているようだ。

2018年10月29日 (月)

クリス・プラット、新作アクションスリラーに出演か

クリス・プラットクリス・プラットが、新作アクションスリラー映画の出演交渉中のようだ。「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」シリーズ第3弾や『Cowboy Ninja Viking』などが控えているクリスだが、これらの作品の製作が無期限延期となったため、『ウインド・リバー』などで知られるテイラー・シェリダンが監督兼脚本を務める同作の出演者として名前が浮かび上がった。『Fast』の仮題が付けられているシェリダンの脚本では、麻薬の売人をターゲットとした特殊部隊を主導した元隊員の物語となるという。ワーナー・ブラザース作品としてデヴィッド・ハイマンが製作を手掛けるこの新作に向け、シェリダンはここ数ヶ月、同社からの資金援助を確約するのに必要な大物俳優を見つける為に、ハリウッドスターらと面談していたようだ。製作予算としては7500万ドル(約84億円)を計上しているそうで、ワーナーはシリーズ化も視野に入れていると言われている。

2018年8月13日 (月)

クリス・プラット、噂の恋人と真剣交際に発展

クリス・プラットクリス・プラット(39)とアーノルド・シュワルツェネッガーの娘キャサリン・シュワルツェネッガー(28)との交際がより真剣なものへと発展しているようだ。先日、交際を報じられた2人は、クリスの離婚手続き中の妻アンナ・ファリスとの子供ジャック君(5)を連れているところを目撃されたことで、付き合いが一層本格化してきていると噂されている。昨年8月に8年間連れ添った妻アンナと離婚することを発表したクリスは先月29日(日)、ジャック君を連れて、キャサリンと一緒に教会の後にアイスクリームを食べに行っている姿を目撃されていたほか、1日(水)には3人で会員制クラブにいるところも目にされていた。

2018年7月25日 (水)

クリス・プラットら、降板させられたジェームズ・ガンを支持

クリス・プラットクリス・プラットとゾーイ・サルダナが、先日「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」シリーズ第3弾の監督を降板させられたばかりのジェームズ・ガンを支持する声を上げた。2人が出演している同シリーズで脚本と監督を担当していたガンだが、レイプや小児性愛に関するジョークが含まれていたとされる過去の自身のツイートが明るみになり、ウォルト・ディズニー社から解雇されていた。ガンの解雇について、クリスはツイッターに合掌やハートの絵文字と共に、『新約聖書』の「ヤコブの手紙」から第1章19節を引用し「愛する兄弟たちよ。このことを知っておきなさい。人はすべて、聞くに早く、語るにおそく、怒るにおそくあるべきである」と綴り、一方のゾーイは全てを飲み込むのに時間がかかったとしながら、『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』の仲間のことを大好きだと皆には知って欲しいとコメントした。

2018年6月27日 (水)

『ジュラシック・ワールド/炎の王国』、7億ドル越えの興行収入を記録

クリス・プラット『ジュラシック・ワールド/炎の王国』が、全世界で7億1150万ドル(約783億円)もの興行収入を記録した。来月13日に日本での公開を控える同作は、すでに17ヶ国で公開が始まっており、北米で1億5000万ドル(約165億円)、それ以外の地域で5億6000万ドル(約618億円)もの収益をあげた。2015年に公開された前作『ジュラシック・ワールド』では、世界で10億ドル(約1100億円)、北米で6億5200万ドル(約712億円)もの興行収入を記録していた。最新作では、オーウェン・グレイディ役のクリス・プラットとクレア・ディアリング役のブライス・ダラス・ハワードが続投している。

2015年7月29日 (水)

『ジュラシック・ワールド』に使用されたバイクがオークションへ

ジュラシック・ワールド『ジュラシック・ワールド』内で、クリス・プラットが乗っていたトライアンフ・スクランブラーのバイクがオークションに出品された。今年の大ヒット作となっている同映画に登場したこのバイクは7月23日から8月2日までイーベイに出品されており、そこからの収益はトライアンフ社が支援するチャリティ団体The Distinguished Gentlemans Rideへと寄付されることになる。同団体は医学研究のために過去4年間で200万ドル(約2億5000万円)の寄付金を募っているが、世界各地で開催される数々のイベントを通じて今年は300万ドル(約3億7000万円)の募金を目標としているそうだ。そんな中、『ジュラシック・ワールド』のコリン・トレボロウ監督は続編が2018年6月公開となることを発表しており、クリスもオーウェン・グラディ役を続投すると明かしている。

2015年6月18日 (木)

ジェニファー・ローレンス、新作『Passengers』で共演のクリス・プラットよりも高額ギャラ?

ジェニファー・ローレンスジェニファー・ローレンスが、新作『Passengers』で共演のクリス・プラットよりも800万ドル(約9億9000万円)高額のギャラを手にすると報じられている。「ハンガー・ゲーム」シリーズや『世界にひとつのプレイブック』など数々のヒット作に出演してきたジェニファーは、同作の収益からの30パーセントを受け取る方向で、最高2000万ドル(約25億円)の収入が見込まれているという。一方で同SF新作の共演者であるクリスは、先日公開された『ジュラシック・ワールド』のヒット受けて200万ドル(約2億5000万円)増となった1200万ドル(約15億円)の契約を交わしたようだ。9月にも撮影はスタートする予定の『Passengers』は『ゼロ・グラビティ』にロマンスの要素が取り入れられたような作風になるとされており、アカデミー賞ノミネート経験もあるモルテン・ティルドゥムが監督を務める。ジェニファーの収入に関しては、ソニーのメール流出事件で2013年作『アメリカン・ハッスル』メインキャストの女性陣が男性陣よりギャラが低かったことが明らかになって以来、注目の的となってきた。

2015年5月 1日 (金)

クリス・プラットとアンナ・ファリス夫妻、ハリウッドを引退!?

アンナ・ファリス、クリス・プラットクリス・プラットとアンナ・ファリス夫妻がハリウッド引退を考えているようだ。2歳になる息子のジャック君に普通の人生を送らせたいと考えている2人は、生活に必要な金額が貯まるまで働いた後、俳優業を引退して執筆業や絵を描くことに専念しようとしているという。クリスは詳細な目標金額については明言を避けたものの、豪邸に住むような生活は必要ないとしている。とはいえ『ジュラシック・ワールド』の公開が迫るクリスと、ドラマ「Mom」が好評のアンナは、しばらくは出来るだけ働いて映画界とテレビ界というそれぞれの部門でのヒットを願い、現状を維持していくつもりだそうだ。

2015年4月15日 (水)

クリス・プラット、アイアンマン・レースに参加していた!

クリス・プラットクリス・プラットは、ハーフ・アイアンマン・トライアスロンに参加するためにMTVムービー・アワード式典を欠席していたようだ。4月12日、ロサンゼルスで開かれた同式典で4部門に渡ってノミネートを受けていたクリスだが、同日はフロリダ州ヘインズ・シティで行われたこの鉄人レースに参加し、水泳1.2マイル(約1.9キロ)、バイク56マイル(約90キロ)、ラン13.1マイル(約21キロ)を7時間4分52秒の好記録で完走していたという。脳障害を受けた兵士たちへの寄付金と注目度を高めるために本大会に参加したクリスは、この大きな挑戦に向けてかなりのトレーニングをしていたそうで、レース中にけいれんを起こした他の参加者を助ける余裕まであったようだ。




最新映画ナビ関連ブログ

カテゴリ