クリス・オドネル(Chris O'Donnell)

2017年7月 7日 (金)

クリス・オドネル、『メン・イン・ブラック』主役を断るようハメられた!?

クリス・オドネルクリス・オドネルが『メン・イン・ブラック』の主役を断るように仕向けられていたことを明かした。1995年の『バットマン・フォーエヴァー』と1997年の『バットマン & ロビン Mr.フリーズの逆襲』でロビン役を演じたクリスだが、スティーヴン・スピルバーグが自身の製作会社アンブリン・エンターテインメントを通じてプロデュースを手掛けた1997年の大ヒット作『メン・イン・ブラック』にエージェントJ役として出演を依頼されていたという。しかし、同作のバリー・ソネンフェルド監督はウィル・スミスにその役を演じてもらいたかったことから、その作品があまり良くない作品だとして、クリスにオファーを引き受けないように仕向けたのだそうだ。結局、そのオファーを断ってクリスが出演したジョージ・クルーニーとの共演作『バットマン & ロビン Mr.フリーズの逆襲』は興行成績に伸び悩み、批評家からもこき下ろされる結果となったが、一方の『メン・イン・ブラック』はジェームズ・キャメロン監督作『タイタニック』に続く1997年公開作で2番目のヒット作となっている。

2012年9月20日 (木)

クリス・オドネル、ロビンを主人公にしたスピンオフ映画の製作が予定されていたと明かす

クリス・オドネルクリス・オドネルが、1990年代にバットマンの相棒ロビンを主人公にしたスピンオフ映画の製作が予定されていたと明らかにした。1995年の『バットマン・フォーエヴァー』でバル・キルマー扮するバットマンの相棒ロビンを演じ、1997年の『バットマン & ロビン Mr.フリーズの逆襲』でも同役を演じたクリスだが、ジョエル・シュマッカー監督が手掛け、ジョージ・クルーニーがバットマンを演じた『バットマン & ロビン Mr.フリーズの逆襲』が興行的に失敗してしまったため、当初予定されていたロビンのスピンオフ企画が無くなってしまったと今回語った。さらにクリスは『メン・イン・ブラック』の主役の座へのオファーがあったことも明かしている。

2008年12月31日 (水)

エディ・マーフィが、『Gotham』でリドラー役に抜擢される

『ダークナイト』の続編となる『Gotham』の悪役リドラーに、『ドリームガールズ』に出演し、アカデミー賞以外で助演男優賞を総なめにしたエディ・マーフィが決定したことが明らかになった。ジム・キャリーが演じていた同役にジョニー・デップとの噂も流れていたが、噂に終わってしまったようだ。またクリス・オドネルが演じたロビン役にはシャイア・ラブーフが決定し、レイチェル・ワイズがキャットウーマンを演じる可能性が高くなってきた。なお同作の公開は、2010年予定。




最新映画ナビ関連ブログ

カテゴリ