クリス・ヘムズワース(Chris Hemsworth)

2013年11月28日 (木)

クリス・ヘムズワース一家、クルーズ満喫中に船が座礁し救助される!

クリス・ヘムズワース、エルサ・パタキー

クリス・ヘムズワース一家が、11月24日、カナリア諸島沖でカタマランによるクルーズ中にトラブルが生じ、助け出されていたようだ。クリスはつい先日、スペイン人女優の妻エルサ・パタキーの第2子妊娠を公表したばかりだが、そのエルサや1歳半の長女インディアちゃんと共にホリデー中、サン・セバスティアン・デ・ラ・ゴメラ沖で優雅にクルーズを楽しんでいたものの、船が座礁するハプニングが生じてしまったという。座礁の一報を受けてスペインの救助艇とヘリコプターが現場に駆けつけ、クリス一家の3人と他5名の乗客をボートで安全な海岸まで運んだそうだ。海岸では救急車も待機していたものの、座礁した船に乗船した全員が無事で、治療の必要はなかったとか。

2013年4月 5日 (金)

『アベンジャーズ2』、来年初頭よりイギリスでクランクイン予定

クリス・ヘムズワース『アベンジャーズ2』の撮影が来年初頭から開始されるようだ。本作のプロダクションは、年内にイギリスのパインウッド‐シェパートン・スタジオで開始されるようで、2015年の公開に向けて来年初頭から撮影が始まる予定だという。続編のプロットやキャストはまだ発表されていないが、前作を手掛けたジョス・ウェドンが今回も監督と脚本を担当する。さらに、ソー役のクリス・ヘムズワース、アイアンマン役のロバート・ダウニー・Jr.、ブラック・ウィドウ役のスカーレット・ヨハンソン、ホークアイ役のジェレミー・レナー、秘密組織S.H.I.E.L.D.の長官ニック・フューリー役のサミュエル・L・ジャクソン、キャプテン・アメリカ役のクリス・エヴァンスらが前作に引き続き、新作でも続投する見込みだ。

2012年9月27日 (木)

アン・ハサウェイ、スピルバーグの新作SF『Robopocalypse』に出演交渉中

アン・ハサウェイアン・ハサウェイが、スティーヴン・スピルバーグ監督最新作『Robopocalypse』への出演交渉中のようだ。アンの他にも、クリス・ヘムズワースが出演交渉中にある同作でプロデューサーを務めることになったトム・ロスマンは、『Robopocalypse』は映画史的にも重要な娯楽作品になるはずで、大胆な構想を持ち合せた大作だと作品をアピールしている。ダニエル・H・ウィルソンの原作を基に、人類とロボットとの戦争を描いており、2014年4月25日に全米公開予定だ。そんなアンがヒュー・ジャックマン、ラッセル・クロウら豪華スターと共演した新作ミュージカル映画『レ・ミゼラブル』は、12月28日に日本公開を控えている。

2012年7月23日 (月)

クリス・ヘムズワース、スピルバーグの新作SF『Robopocalypse』に出演!?

クリス・ヘムズワースクリス・ヘムズワースが、スティーヴン・スピルバーグ監督最新作『Robopocalypse』への出演オファーを受けているようだ。クリスはスティーヴンに会った時に好印象を与えたようで、スティーヴンはクリスを本作のキャスト1人目として起用を切望しているという。本作は、ダニエル・H・ウィルソンの小説を基にしたもので、6月に原作本が出版される以前にスティーヴンがメガホンをとることに合意しており、2014年4月25日に全米公開予定。クリスの妻エルザ・パタキーが、5月に娘のインディア・ローズちゃんを出産したばかりで、『Robopocalypse』はクリスが父親になって最初の映画となる見通しだ。そんなクリスは『マイティ・ソー』の続編となる『Thor: The Dark World』へも出演予定。

2012年6月11日 (月)

『スノーホワイト』の続編、製作決定!

クリステン・スチュワート『スノーホワイト』の続編製作が早くも決定した。『スノーホワイト』は全米で週末3日間のオープニング興行収入が5500万ドル超(約43億6000万円)を叩きだし、ユニバーサル・スタジオは早くも続編の製作にゴーサインを出したという。デヴィッド・コープが続編の脚本家に抜擢され、第1作の後日譚を描く模様だ。クリステン・スチュワートとクリス・ヘムズワースは共に2本のオプション契約を結んでいることから、続編に出演するものとみられるが、一方のシャーリーズ・セロンが悪役で続投するかは不明だ。また、第1作目が監督デビュー作となったルパート・サンダーズが続投するかも明らかにされていない。

2012年5月30日 (水)

クリス・ヘムズワース、早くも『スノーホワイト』スピンオフ作品に意欲

クリス・ヘムズワース6月15日に日本公開予定の『スノーホワイト』で、ハンターのエリック役を演じるクリス・ヘムズワースが、早くもスピンオフ作品に出演したい意向を明らかにした。クリスは同作で演じたハンターのエリックが複雑なキャラクターであることから、エリックを主人公にしたスピンオフ作品の製作が机上に乗れば、ぜひ演じてみたいと語った。今回の映画でエリックがある種のトラウマを抱えていることがわかるものの、その理由は明示されていない。そのため、この作品以前のエリックの人生については、色々な可能性を考えることが出来ると考えているそう。スピンオフ作品に野心を燃やすクリスだが、実際のところプロデューサーにそのアイデアはまだ受け入れられていないようす。「エリックは『シンデレラ』や『眠れる森の美女』につなげたスピンオフ作品に多分できると思うんだよ。だって彼はおとぎ話で活躍するハンターだからさって言ったんだけど、すぐにペケにされたよ」

2011年7月 4日 (月)

クリス・ヘムズワース、新作スパイ映画へ出演へ

クリス・ヘムズワース『マイティ・ソー』のクリス・ヘムズワースが、エリート秘密工作特殊部隊を描いたスリラー作品『Shadow Runner』に出演するようだ。ソニーが手がける同作の詳細は明らかにされていないものの、クリスの出演が決定している『Snow White and the Huntsman』やライアン・ゴスリング主演の新作『Drive』の脚本執筆にも参加しているホセイン・アミニのアイデアを元にしたスパイものになるという。アミニは製作総指揮も兼任し、トリップ・ヴィンソンとボー・フリン、そしてクリスの所属するROARのマネージャーでもあるウィル・ワードがプロデュースを担当する。そんなクリスは、『マイティ・ソー』で演じたソー役を再演する『アベンジャーズ』が来年夏に控えているほか、リメイク版『Red Dawn』にも出演している。

2011年5月 3日 (火)

クリス・へムズワース、小道具で大失敗

クリス・ヘムズワースクリス・ヘムズワースはスーパーヒーロー映画『マイティ・ソー』の撮影現場で、自分の顔にムチを打ってしまったそうだ。主人公ソーを演じるクリスは、悪役ロキを演じるトム・ヒドルストンが操っていたムチを使ってみたかったのだという。しかし、ムチの使い方がイマイチだったクリスは、自身の顔にムチを当ててしまい、身もだえするほどの痛かったのだとか。撮影開始前日に、顔にミミズ腫れが出来るほどの怪我をしてしまったことでパニックに陥ったクリスだが、監督のケネス・ブラナーに相談したところ、とにかく誰にも話さず氷で冷やせとアドバイスされ、なんとか腫れが引いたそうだ。『マイティ・ソー』の日本公開は2011年7月2日。




最新映画ナビ関連ブログ

カテゴリ