クリス・ブラウン(Chris Brown)

2012年6月 6日 (水)

クリス・ブラウン、ラズ-Bを告訴!?

クリス・ブラウンクリス・ブラウンが、ゲイだと示唆されたことを理由にラズ-Bを訴えるかもしれない。クリスは、元B2Kのラズが自叙伝「ザ・ボーイズ・ライフ」において、クリスのことをゲイだと示唆する記述があったことに対して真っ向から否定している。クリスは「人の嘘を本に書くなんて名誉毀損に値する。ラズ-B!こんな戯言、2度と抜かすなよ。お前とその本が世の中に金輪際出ないようにしてやる。こんちくしょう……今俺の弁護士たちが動き出してるんだ。清々するぜ」とツイートした。その後、同自叙伝に綴られた今回の問題点の法的処置を取るのを待つために、クリスはこのコメントを削除している。問題となっているこの本でラズは「自分のことをちゃんと理解できているかなんて誰も分からないものなんだよ。クリスはネット上で俺を非難してるみたいだけど、奴はその事実がなんも分かっちゃいないんだよ。クリス側と親しい友だちがいるんだけど、彼が言うにはクリスは新進気鋭の作曲家のアンドレ・メリットと複雑な関係にあるらしいよ。だから、クリスが誰かをゲイとかホモとか呼びだしたら、俺はアンドレの名前を挙げるんだ。奴が俺にかみついてきた時にあいつはゲイだってわかったよ」と綴っている。

2011年7月28日 (木)

クリス・ブラウン、映画で初の大役を獲得

クリス・ブラウンR&B歌手で俳優のクリス・ブラウンが、映画で初の大役を演じることになった。クリスは、コメディアンのスティーヴ・ハーヴェイの自己啓発本を映画化した『Think Like a Man』で主役を演じる。この映画は、スティーヴの著書「Act Lik a Lady, Think Like a Man: What Men Really Think About Love, Relationships, Intimacy and Commitment」を購入し、そこに記されたアドバイスを真剣に受け取ったことから恋愛関係が怪しくなってしまう4人の友達グループを描いた、一風変わったラブコメ作品。同著書には「マザコン男の見分け方と、対処の仕方」や「90日ルール:フォード社が従業員に対して要求したこと。これを君は恋人に要求するか?」などの項目が設けられている。今回の映画出演は、2009年に当時の恋人リアーナの顔を殴り、暴行容疑で逮捕されたクリスにとって、カムバックへの新たなステップとなる。




最新映画ナビ関連ブログ

カテゴリ