チャニング・テイタム(Channing Tatum)

2014年10月 2日 (木)

新作『マジック・マイクXXL』の概要が明らかに!

チャニング・テイタム『マジック・マイクXXL』の概要が明らかになった。2012年に公開された『マジック・マイク』の続編である本作は、ストリッパーというキャリアから退く決断をするマイク(チャニング・テイタム)のその後を描いたストーリーとなっており、オリジナル作品の舞台から3年後という設定になっているようだ。マイクと同じ道を歩むことに決めたタンパのストリッパーたちが、引退を記念して盛大なショーを企画し、ストリッパーの面々はファン達を最後に大盛り上がりさせるだけでなく、最後のパフォーマンスのために伝説的ヘッドライナーであるマジック・マイクをヘッドライナーに迎えることを固く決意するといった筋書きになるようだ。チャニング・テイタムをはじめ、マット・ボマー、ジョー・マンガニエロ、ケヴィン・ナッシュ、アダム・ロドリゲス、ガブリエル・イグレシアスらが前作に続き出演するほか、新たにジェイダ・ピンケット・スミスやマイケル・ストレイハンらが出演陣に加わる待望の同作は2015年7月3日公開予定となっている。

2014年9月22日 (月)

マシュー・マコノヒー、『マジック・マイク』続編には出演せず

マシュー・マコノヒーマシュー・マコノヒーが『Magic Mike XXL』に出演しないことが発表された。チャニング・テイタム、マット・ボマー、ジョー・マンガニエロがそれぞれ『マジック・マイク』での役柄を続投することが決定している中、前作でストリップクラブ、エクスイズィットのオーナーであるダラス役を演じていたマシューが続編に出演しないと、監督のグレゴリー・ジェイコブスによって発表された。ジェイコブスによれば、この新作は2012年発表のオリジナル作品とはかなり異なるものになり、人気ストリッパーたちがツアーに出る姿が描かれるという。『ダラス・バイヤーズクラブ』でのアカデミー賞受賞以来、マシューのギャラが激しく高騰したことにより、今回の続編出演が難しくなったということは以前から報じられており、来年夏の公開に向けて新たなキャストが加わるものと見られているものの、まだ発表はされていない。

2014年9月15日 (月)

『23ジャンプストリート』製作開始へ!

チャニング・テイタム『23ジャンプストリート』の製作がスタートしたようだ。ソニー・ピクチャーズとオリジナル・フィルムが、シリーズ第2弾『22ジャンプストリート』の脚本家ロドニー・ロスマンを再び迎え、チャニング・テイタム、ジョナ・ヒル主演のシリーズ3作目の製作をスタートしたという。前2作のメガホンを取ったフィル・ロード&クリス・ミラーのコンビは、監督を続投するかは決まっていないものの、ロスマンと共同で脚本を執筆し、ニール・モリッツ、チャニング、ジョナと共にプロデューサー陣に加わるようだ。警察官であるシュミット(ジョナ)とジェンコ(チャニング)が覆面捜査官として地元の大学に乗り込み、男子学生社交クラブ内の犯罪組織と戦うストーリーで、今年初めに公開された『22ジャンプストリート』は世界中で3億2000万ドル(約340億円)の興行収入をたたき出した。

2014年9月 4日 (木)

『マジック・マイクXXL』の製作が開始!

チャニング・テイタム『マジック・マイクXXL』の製作が開始された。監督のスティーブン・ソダーバーグが自身のツイッターページに『マジック・マイクXXL』と書かれたカチンコの写真を投稿し、2012年発表の『マジック・マイク』の続編製作がスタートしたことを発表した。前作で監督を務めたソダーバーグは今回の新作で、撮影監督、カメラマン、編集を担当する予定で、元助監督のグレゴリー・ジェイコブスがメガホンを取る予定になっている。前作で主役のマイクを演じ、今回も続投が決定しているチャニング・テイタムが共演者のリード・キャロリンと共に手掛けた脚本では、マイクが全米を駆け巡るストリッパーのツアーに焦点が置かれると言われている。『トゥルーブラッド』でおなじみのジョー・マンガニエロもリッチー役を続投することになっている一方で、アレックス・ペティファー、マット・ボマー、マシュー・マコノヒーらがシリーズに続投するかについては明らかになっていない。

2014年6月25日 (水)

マシュー・マコノヒー、『Magic Mike XXL』への出演料は高すぎ?

マシュー・マコノヒーマシュー・マコノヒーの高額な出演料が理由で、『Magic Mike XXL』へ出演しない可能性が出ている。2012年の『マジック・マイク』で年配の男性ストリッパー、ダラスを演じたマシューだが、アカデミー主演男優賞の受賞となった『ダラス・バイヤーズクラブ』への出演など最近の活躍を受けて出演料が高騰していることから、マシューの出演がなくなる可能性が出ていると共演者のガブリエル・イグレシアスが明かした。主演のチャニング・テイタムの指揮のもと製作されるこの続編は、前作でメガホンを握ったスティーヴン・ソダーバーグに代わり、前作では第1アシスタントを務めたグレゴリー・ジェイコブズが監督の座に就く予定になっており、出演が決定しているジョー・マンガニエロは撮影が今年後半に開始されると明かしていた。

2014年4月18日 (金)

チャニング・テイタムが「X-メン」シリーズに出演へ?

チャニング・テイタムチャニング・テイタムが「X-メン」シリーズに出演する可能性があるようだ。チャニングは同シリーズのプロデューサー、ローレン・シュラー・ドナーとギャンビット役についてミーティングの機会を持っていることを認め、その役柄が南部出身という同じルーツを受け継いでいることから親近感を感じているそうだ。シリーズの中でも大好きなキャラクターだというギャンビットを演じることに乗り気のチャニングは、すでにその役作りとして訛りの練習まで始めているというものの、今後どうなるかは分からないとしている。2009年の『ウルヴァリン: X-MEN ZERO』では、その役をテイラー・キッチュが演じていた。シリーズ最新作『X-MEN:フューチャー&パスト』は日本で5月30日公開予定。

2014年2月13日 (木)

チャニング・テイタム、『マジック・マイク2』を執筆中

チャニング・テイタムチャニング・テイタムが、『マジック・マイク2』を手掛け始めた。チャニングは第1作目の共演者であるマシュー・マコノヒーの胸元を感慨深い様相で見つめる自身の写真を投稿して、続編に向けて脚本の執筆を始めたことを発表した。1作目の『マジック・マイク』は驚くほどダークな脚本だったが、続編はもう少し気楽なものになるそうで、チャニングは出演だけでなく監督を務めることも考えているそう。もしそれが実現した場合には、チャニングにとって監督デビュー作となる。また、チャニングは同作をブロードウェイ・ミュージカル化する作業も進めているところだが、こちらは映画版のストーリーとは異なる作品になるようだ。

2013年10月31日 (木)

チャニング・テイタム、テレビ進出第2弾はバーレスク・クラブをテーマにしたリアリティー番組

チャニング・テイタム

チャニング・テイタムが、バーレスク・クラブをテーマにしたリアリティー番組をプロデュースすることになった。『マジック・マイク』で自らもストリッパーを演じたチャニングは、昨年にビジネスパートナーのキース・カーツと共にオープンしたニューオリンズのナイトクラブSaints and Sinnersを舞台にした新番組を製作するという。米ケーブルテレビ局A&Eが1時間ものとしてシリーズ化を検討している作品で、同クラブのエンターテイナーたちに焦点を当てるようだ。そんなチャニングは今年に入ってから、「新ビバリーヒルズ青春白書」や「NYボンビー・ガール」などのヒットドラマでお馴染みの親友ニック・ザーノ主演で贈る新作シットコム番組の製作を発表し、テレビ界に初進出を果たしたばかりだ。

2013年10月24日 (木)

チャニング・テイタムとゾーイ・サルダナ、アニメ映画『Book of Life』で声優に

チャニング・テイタム

チャニング・テイタムとゾーイ・サルダナが、新作アニメ映画『Book of Life』への出演契約を結んだ。ギレルモ・デル・トロがプロデュースを手掛け、ディエゴ・ルナとクリスティーナ・アップルゲイトらも出演予定で、チャニングとゾーイの2人は主人公達の声を担当することになる。家族からの期待と自らの夢との間に板ばさみになる少年マノロの姿が描かれ、マノロが3つの魔法の世界へ冒険に繰り出し、自らが最も恐れる事態に幾つも遭遇することになる。ダグ・ラングデイルと共に脚本を執筆したジョージ・グティエレスがメガホンを取ることになっており、『ブロークバック・マウンテン』や『バベル』を手掛けたグスターボ・サンタオラヤが作曲とサウンドトラックを担当する。そんなチャニングは、ワーナー・ブラザース製作の新作アニメ『レゴ・ムービー』でもスーパーマン役で声優を務めているが、ゾーイにとっては初のアニメ映画出演となる。

2013年7月30日 (火)

チャニング・テイタム、『マジック・マイク』をブロードウェイ・ミュージカル化へ

チャニング・テイタム

チャニング・テイタムが、『マジック・マイク』をブロードウェイ・ミュージカル化させるようだ。俳優業だけでなくプロデューサーとしても活躍するチャニングが主演し、男性ストリッパーを描いた同コメディ作がニューヨークのブロードウェイで公演されることになると発表した。自身のウェブサイトに、チャニングは「続編が出来ることは知っていたと思うけど、もうすぐライブステージ・バージョンが見れるようになるんだ。『マジック・マイク』のミュージカル版だよ!みんなのお気に入りの男性ストリッパーの話が、ブロードウェイの最高のステージに登場するんだ」と投稿している。このショーは、チャニングとそのビジネスパートナーであるリード・カロリンが、映画でも監督を務めたスティーブン・ソダーバーグと共に監修することになり、グレゴリー・ジェイコブズとニック・ウェクスラーが共同で製作を務める。



最新映画ナビ関連ブログ

カテゴリ