キャサリン・ゼタ=ジョーンズ(Catherine Zeta-Jones)

2015年11月23日 (月)

キャサリン・ゼタ=ジョーンズ、結婚15年目の夫マイケル・ダグラスと今もラブラブ!?

マイケル・ダグラス、キャサリン・ゼタ=ジョーンズキャサリン・ゼタ=ジョーンズは、15年目の結婚記念日を迎えた今でも夫マイケル・ダグラスと歩むこれからの人生を楽しみにしているようだ。11月18日に迎えた15回目の結婚記念日に、マイケルがおでこにキスをしている愛にあふれたモノクロ写真をソーシャルメディアに投稿したキャサリンは、同時にマイケルに向けたメッセージを送った。一方のマイケルも自身のフェイスブックのプロフィール欄に最近の2人の写真を投稿し、この節目の日を祝っている。一男一女をもうけた2人は、キャサリンが双極性障害、マイケル・ダグラスが咽頭がんで闘病した後、2013年に一時期破局していたが、ヨリを戻して結婚生活を続けており、今年に入ってからは2人の関係が完全に戻ったとマイケルが発言していた。

2014年2月14日 (金)

マイケル・ダグラスとキャサリン・ゼタ=ジョーンズ、再挙式か?

マイケル・ダグラス、キャサリン・ゼタ=ジョーンズマイケル・ダグラスとキャサリン・ゼタ=ジョーンズが再挙式を計画しているようだ。現在ディラン君とカリスちゃんの、2人の子どものいるマイケルとキャサリンは、14年間に渡る結婚生活の後の昨年8月に別居し、今年に入って関係が修復したと噂されているが、今年9月25日のお互いの誕生日に再挙式を上げて再度結婚の誓いを立てる計画のようだ。マイケルとキャサリンは結婚生活を修復するためにセラピーを受け、現在は日記をつけて、ぎくしゃくした時にストレスのはけ口としてその日記を見せ合うなど、セラピーでのアドバイスに基づいたいくつかの方法を使って関係を保っているようだ。また、今回の一件で、2人とも息抜きをすることがどれだけ大事なのかに気づいたそうで、今後は1年に1か月間だけ別居し、結婚生活をリフレッシュすることに決めたそうだ。

2014年1月15日 (水)

キャサリン・ゼタ=ジョーンズ、ゴールデングローブ賞でマイケル・ダグラスに同伴せず

マイケル・ダグラス、キャサリン・ゼタ=ジョーンズキャサリン・ゼタ=ジョーンズが、1月12日に開催されたゴールデングローブ賞授賞式で、夫マイケル・ダグラスに同伴しなかった。『恋するリベラーチェ』で主演男優賞(ミニシリーズ/テレビムービー部門)を受賞したマイケルだが、昨年一時別居したものの、最近になってヨリを戻した可能性が報じられていた妻のキャサリンが、今回ロサンゼルスで行われた第71回ゴールデングローブ賞に出席できないと語っていた。マイケルはEOnline.comにキャサリンは子供たちと一緒に東海岸に戻っていると明かしたが、家族の関係は良好だと強調していた。そんなマイケルとキャサリンの2人は、クリスマスにカナダのケッベックへスキー旅行に行く前、ニューヨークにある自宅で共に過ごしている。

2013年10月 9日 (水)

キャサリン・ゼタ=ジョーンズとマイケル・ダグラス、子供を挟んで再会!?

マイケル・ダグラス、キャサリン=ゼタ・ジョーンズ

キャサリン・ゼタ=ジョーンズとマイケル・ダグラスが、感謝祭にも再会を果たす計画のようだ。13歳のディラン君と10歳のセリスちゃんを持つ夫妻は、別居しているものの、感謝祭シーズンにも13年間の結婚生活をやり直すきっかけを模索しているようで、来月28日にもニューヨークのベッドフォードにある豪邸で家族団らんを計画しているという。2人の関係は完全に修復されたわけではないものの、結婚指輪は外しておらず、まずは子供と一緒に過ごして楽しむことに専念するようだ。マイケルは、2人の間の問題を修復しようと自宅から出ているが、それ以降も定期的に連絡だけは取っているようで、先月開催された第65回エミー賞で主演男優賞を授与された際のスピーチで、キャサリンに感謝の言葉を捧げていた。

2013年5月 1日 (水)

キャサリン・ゼタ=ジョーンズ、躁と鬱を繰り返す双極II型障害のため治療施設に入院

キャサリン・ゼタ=ジョーンズキャサリン・ゼタ=ジョーンズが、躁状態と鬱状態を繰り返してしまう双極II型障害のため治療施設に入院した。キャサリンは未然防止として、今回30日間限定の治療プログラムを受けるために施設入りしたようだ。キャサリンは2011年にも同じ双極II型障害のために米コネチカット州にあるメンタルヘルス施設に入居していた。また、キャサリンが今回施設入りした理由はただ、医者に治療の進捗状況を看てもらいたがっているだけだったとも言われている。キャサリンと夫のマイケル・ダグラスは4月22日に、ニューヨークにあるフィルム・ソサエティ・オブ・リンカーン・センターが毎年主催している第40回チャップリン・アワード・ガラに夫婦そろって出席したばかりだ。

2012年9月25日 (火)

キャサリン・ゼタ=ジョーンズ、夫のマイケル・ダグラスにマット・デイモンとのキスのコツを伝授!?

キャサリン・ゼタ=ジョーンズ、マイケル・ダグラスキャサリン・ゼタ=ジョーンズが、夫のマイケル・ダグラスにキスのコツを教えているようだ。スティーヴン・ソダーバーグ監督による米ピアニストのリベラーチェの生涯を基にした伝記映画『Behind the Candelabra』で、同性愛者だった主人公のリベラーチェに扮しているマイケルは、リベラーチェの愛人を演じるマット・デイモンとのキスシーンがあるため、妻のキャサリンがマイケルのコーチ役を買って出ているとある関係者がナショナル・エンクワイアラー誌に明かした。「キャサリンはマイケルのラブシーンの間コーチをしていて、『さああなた、もっと舌を使って演技にのめり込むのよ。いつもそんな風に私とキスしていないでしょ?』といった感じのコーチ振りでしたね」そんなキャサリンは最近『ロック・オブ・エイジズ』でパトリシア・ウィットモア役を演じており、同映画での「悪役」演技が好きだったとも語っている。そんなキャサリンの新作『ロック・オブ・エイジズ』は9月21日(金)から日本でも公開中だ。

2012年5月15日 (火)

キャサリン・ゼタ=ジョーンズ、イ・ビョンホンと『レッド2』で共演

キャサリン・ゼタ=ジョーンズキャサリン・ゼタ=ジョーンズとイ・ビョンホンが、『RED/レッド』の続編『Red 2』に出演することになった。サミット・エンターテインメント社は、すでに続編への出演契約を交わしているブルース・ウィリス、ジョン・マルコヴィッチ、ヘレン・ミレン、メアリー=ルイーズ・パーカーら加え、キャサリンとイ・ビョンホンが新たに参加することを発表した。今回の続編では、元CIA捜査員たちがヨーロッパの強大な敵と対決する内容になるようだが、キャサリンとイ・ビョンホンがどういった役柄を演じるかなどの詳細は明らかにされていない。第1作のロベルト・シュヴェンケ監督に代わって、続編ではディーン・パリソット監督がメガホンを取り、ジョン&エリック・ホーバーの脚本コンビが今回も続投する模様だ。年内にも撮影を開始し、来年8月2日の全米公開を目指す。

2012年1月27日 (金)

キャサリン・ゼタ=ジョーンズ、S・ソダーバーグ新作映画『Side Effects』出演へ

キャサリン・ゼタ=ジョーンズキャサリン・ゼタ=ジョーンズが、新作映画『Side Effects』への出演契約を交わした。キャサリンは、『コンテイジョン』のスティーブン・ソダーバーグ監督/スコット・Z・バーンズ脚本のコンビが手掛ける予定のこの作品で、ジュード・ロウ、チャニング・テイタム、ブレイク・ライブリーと共演することになる。ブレイク演じる処方薬依存症に陥ったうつ病患者の女性が、刑務所暮らしの夫(テイタム)が間もなく出所するという最中に、主治医(ロウ)と不倫を始めてしまうという内容。その中で、キャサリンはエリカ・シーバートという名の医者を演じることになるようだ。昨年は躁うつ病で入院するなど困難な一年を過ごしたキャサリンだが、以来トム・クルーズ主演作『Rock of Ages』や、ブルース・ウィリスとの共演作『Lay The Favorite』などで力強いカムバックを果たしており、現在は『Broken City』を撮影中だ。

2011年3月 2日 (水)

マイケル・ダグラスがパパラッチと激突

マイケル・ダグラス、キャサリン=ゼタ・ジョーンズマイケル・ダグラスが、妻キャサリン・ゼタ=ジョーンズのことを殴ったとして、パパラッチと押し問答になった。2人は、2月24日にキャサリンが英国勲章を授与された後、レストランで夕食を済ませホテルに戻ったところ、写真を撮ろうとするパパラッチ集団にもみくちゃにされ、キャサリンが1人のカメラマンから顔を殴られたという。なんとかドアまでたどり着いたキャサリンが、自分を殴ったカメラマンを指差したところ、マイケルが外に飛び出して行き、その男性の胸ぐらを掴んだが、その男性は自分ではないと反論。しかし、2人のボディガードと思われる人物から、追い返されてしまったそうだ。

2011年3月 1日 (火)

キャサリン・ゼタ=ジョーンズ、大英帝国勲章を授与される

キャサリン・ゼタ=ジョーンズキャサリン・ゼタ=ジョーンズが、映画業界での活躍とチャリティー活動が認められ、チャールズ皇太子からCBE(大英帝国勲章司令官)を授与された。2月24日にバッキンガム宮殿で行なわれた勲章授与式には、夫マイケル・ダグラスと2人の子供と共に登場し、この名誉を受け取った。ウェールズ出身のキャサリンは、アメリカに移住する前の1991年にイギリスのTVドラマ『The Darling Buds of May』で注目を浴び、その後1998年に『マスク・オブ・ゾロ』でヒロインを演じてブレイク。2003年には、映画『シカゴ』での演技が評価され、アカデミー賞助演女優賞を獲得している。




最新映画ナビ関連ブログ

カテゴリ