キャリー・フィッシャー(Carrie Fisher)

2017年8月 4日 (金)

『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』は故キャリー・フィッシャーへのオマージュ

キャリー・フィッシャー『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』は、2016年12月に60歳でこの世を去った故キャリー・フィッシャーへのオマージュとなっているそうだ。キャリーが生前にレイア姫を演じて撮影されたシーンを用いて、同作に最後の出演を果たすことになるという。前作でキャリーと共演したジョン・ボイエガは、「僕たちは一緒の時間を楽しんだんだ。キャリーの死を知った時、僕はナイジェリアにいた。キャスト全員が黙り込んでしまったような、とても奇妙な気持ちがした。でも新作は素晴らしい方法でキャリーを送り出しているんだ」とコメントしている。新作の監督を務めたライアン・ジョンソンもレイア姫の最後の出演シーンについて、「感情的にカタルシスのようなものを与えられたらいいと思っているんだ。キャリーの存在が人々に訴えかけるシーンがいくつもあると思う。それらのシーンを僕らが撮影できたこと、そしてそれを観客に届けられることに感謝の気持ちでいっぱいだよ」と語っている。同作は12月15日に日本公開となる。

2017年6月22日 (木)

キャリー・フィッシャー、検死で体内から薬物が検出

キャリー・フィッシャーキャリー・フィッシャーの遺体からコカイン、ヘロイン、エクスタシーなどの薬物が検出されていたことが分かった。昨年12月飛行機内で状態が急変し、惜しくも60歳の若さで亡くなったキャリーだが、検察医の報告によれば、体内より3種類の違法薬物が検出されたとのことだ。その検察報告は家族が検死解剖を拒否したことを受け、毒物検査と外的判断による結論となっており、血中からそれらの化学物質が発見されたものの、死因に関連しているかを確定するには証拠が不十分であるとされている。一方で検死報告では心拍停止によるものだと思われていたキャリーの死因の一つとして、睡眠中の無呼吸も上げられている。先週、娘のビリー・ロードは、キャリーが生涯の中で薬物依存と精神病と闘ってきたことを公にしたところだった。

2017年6月 5日 (月)

キャリー・フィッシャーとデビー・レイノルズの遺品、競売へ

キャリー・フィッシャー、デビー・レイノルズキャリー・フィッシャーとデビー・レイノルズの遺品がオークションに出品されることになった。昨年12月27日にキャリーが心臓発作により60歳で他界し、その後を追うようにデビーが翌28日に84歳で脳梗塞のためこの世を去っているが、今回キャリーとデビー親子の集めていた1500点以上の芸術作品が9月に行われるオークションに出品されることが決定したのだ。この収益の一部はデビーが設立した精神病を取り巻く環境改善の援助を目的とするチャリティ団体The Thalians、そしてキャリーの娘ビリー・ロードが選んだThe Jed Foundationに寄付されることを発表している。出品されるアイテムの中にはデビーが個人で所有していた『オズの魔法使い』の中で使用された赤いスリッパや、キャリーが『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』の撮影現場で使っていた「Star Wars: The Saga Continues(スター・ウォーズ:物語は続く)」という文字が書かれた椅子、『Annie Get Your Gun』でデビーが着用したコスチューム、キャリー所有の実物大C-3PO などが含まれているという。

2017年1月18日 (水)

ディズニー、キャリー・フィッシャーのCG化を否定

キャリー・フィッシャーディズニーの傘下であるルーカスフィルムが、今後『スター・ウォーズ』作品内でキャリー・フィッシャーのデジタルイメージを使う権利を求めているという噂を一掃した。先月60歳で亡くなったキャリーの遺産管理団体にディズニーがキャリーの肖像権を求めて交渉を行っていると噂されていたが、ここにきてディズニーはキャリーが同SFシリーズに与えてくれた全てを誇りに思っていくものの、今後キャリーのイメージを作品内で使うことはないとStarWars.comで宣言した。『スター・ウォーズ』の前日譚『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』に1994年に他界した俳優ピーター・カッシングがCGで登場していたことから、ディズニーが今後シリーズ内で同様の技術を使用してレイア姫を蘇らせようとしているのではないかと報じられていた。

2017年1月11日 (水)

キャリー・フィッシャーとデビー・レイノルズ親子、ゴールデン・グローブ式典で追悼

キャリー・フィッシャーキャリー・フィッシャーとデビー・レイノルズの追悼コーナーが、ゴールデン・グローブ賞式典で設けられた。1月8日(日)に開かれた同式典で、先月27日に飛行機内で起きた心臓発作の末に他界しキャリーとその翌日に後を追うように死去したデビーの生涯とキャリアを称える出演作やプライベート写真などのモンタージュ動画が披露された。ジミー・ファロンが司会を務めた今回の式典ではまた、先週に執り行われた2人の共同葬儀にも参列したメリル・ストリープをはじめ、式典中受賞スピーチの中でも追悼メッセージが贈られ、その後キャリーの弟トッド・フィッシャーはツイッターで感謝の意を表した。

2017年1月 4日 (水)

ディズニー、キャリー・フィッシャーの死を受けて59億円の保険金受領へ

キャリー・フィッシャーキャリー・フィッシャーの死を受けて、ディズニーが巨額の保険金を受け取ることになるようだ。『スター・ウォーズ』のレイア姫役で知られるキャリーはディズニーと3本の映画契約を結んでいたものの、昨年12月27日にこの世を去ったため、その契約が果たすことができなくなり、保険会社よりディズニーに個人の生命保険金として史上最高額となる5000万ドル(約59億円)が支払われることになるというのだ。キャリーは亡くなる前に2017年12月公開予定の『スター・ウォーズ:エピソード8』の撮影を完了させていたものの、2019年に公開予定の『スター・ウォーズ:エピソード9』でも大きなパートを務める予定となっていた。そのため、キャリーの死を受けて同作品の脚本は大幅な変更を余儀なくされるとみられている。キャリーはロンドンからロサンゼルスに向かう飛行機の中で心臓発作に襲われ、その後帰らぬ人となってしまった。

2016年11月16日 (水)

キャリー・フィッシャー、ハリソン・フォードとの不倫を暴露!

20161121_carriefisherキャリー・フィッシャーがハリソン・フォードと3か月間に渡って激しい不倫関係にあったことを暴露している。1976年、当時若干19歳であったキャリーが『スター・ウォーズ』の共演者であったハリソンと12週間に渡って不倫関係にあったことを明かした。「平日はハンとレイア。そして週末はキャリーとハリソンといった感じだった」というキャリーは自伝「The Princess Diarist」の中で、いかにもヒーローという存在感のハリソンが、経験もほとんどない自分でどうやったら満足するのか思っていたという当時の自身のなさを綴っている。そんな過去を暴露したキャリーだが、2人の関係についてそれ以上の詳細は明かさない意志を示している。

2015年12月 2日 (水)

キャリー・フィッシャー、『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』のために15キロ減量!

キャリー・フィッシャーキャリー・フィッシャーは、シリーズ最新作『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』出演のために35ポンド(約15キロ)の減量を行わなければならなかったようだ。同作品の中でレイア姫役を再演しているキャリーは、映画業界における体重や見た目への重点の置き方は間違っていると苦言を呈し、この作品のために15キロ体重を落とすために辛い時間を過ごしたと明かした。食べる量を減らし運動量を増やしただけだというキャリーだが、見た目を重要視しているところが業界の唯一の問題点だとしており、そのうち若返ることも求められるのではないかと皮肉交じりのコメントをしている。

2015年10月 8日 (木)

『スター・ウォーズ』レイア姫が身に着けたビキニ、1150万円で落札!

キャリー・フィッシャー『スター・ウォーズ/ジェダイの帰還』でキャリー・フィッシャー演じるレイア姫が身に着けていたビキニが9万6000ドル(約1150万円)で落札された。『スター・ウォーズ/ジェダイの帰還』の中でレイア姫がジャバ・ザ・ハットに捕らえられた際に着ていた有名なビキニ、さらにそのビキニにつけられていた首輪、チェーン、そしてインダストリアル・ライト・アンド・マジック社のデザイナーであるリチャード・ミラー提供と記された証明書付きのセットが10月2日(金)、オンラインオークションのプロファイルズ・オブ・ヒストリーを通じて匿名の落札者の手に渡ることになった。さらに同オークションではレイア姫が乗っていた宇宙船「ブロッケード・ランナー」のミニチュアモデルが20万ドル(約2400万円)からスタートした後に45万ドル(約5400万円)で落札され、スター・ウォーズ関連商品の中では最高額の値を付けた。

2015年7月22日 (水)

キャリー・フィッシャー、『スター・ウォーズ』本を執筆

キャリー・フィッシャーキャリー・フィッシャーが、『スター・ウォーズ』についての本を執筆しているようだ。『スター・ウォーズ』初期3作品にレイア姫として出演していたキャリーは、当時撮影現場で起きたことなど細かに記録していたようで、今回その出来事を書籍として出版することにしたという。この書籍ではジョージ・ルーカスと衣装の下にブラジャーをつける、つけないを巡り撮影現場で喧嘩になった逸話などが含まれるようで、同作の幹部たちは大人気シリーズの舞台裏を皮肉に書き上げて欲しいと願っているようだ。そんなキャリーは、今年12月公開予定の『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』に再びレイア姫として登場することになっている。




最新映画ナビ関連ブログ

カテゴリ