キャリー・フィッシャー(Carrie Fisher)

2017年1月18日 (水)

ディズニー、キャリー・フィッシャーのCG化を否定

キャリー・フィッシャーディズニーの傘下であるルーカスフィルムが、今後『スター・ウォーズ』作品内でキャリー・フィッシャーのデジタルイメージを使う権利を求めているという噂を一掃した。先月60歳で亡くなったキャリーの遺産管理団体にディズニーがキャリーの肖像権を求めて交渉を行っていると噂されていたが、ここにきてディズニーはキャリーが同SFシリーズに与えてくれた全てを誇りに思っていくものの、今後キャリーのイメージを作品内で使うことはないとStarWars.comで宣言した。『スター・ウォーズ』の前日譚『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』に1994年に他界した俳優ピーター・カッシングがCGで登場していたことから、ディズニーが今後シリーズ内で同様の技術を使用してレイア姫を蘇らせようとしているのではないかと報じられていた。

2017年1月11日 (水)

キャリー・フィッシャーとデビー・レイノルズ親子、ゴールデン・グローブ式典で追悼

キャリー・フィッシャーキャリー・フィッシャーとデビー・レイノルズの追悼コーナーが、ゴールデン・グローブ賞式典で設けられた。1月8日(日)に開かれた同式典で、先月27日に飛行機内で起きた心臓発作の末に他界しキャリーとその翌日に後を追うように死去したデビーの生涯とキャリアを称える出演作やプライベート写真などのモンタージュ動画が披露された。ジミー・ファロンが司会を務めた今回の式典ではまた、先週に執り行われた2人の共同葬儀にも参列したメリル・ストリープをはじめ、式典中受賞スピーチの中でも追悼メッセージが贈られ、その後キャリーの弟トッド・フィッシャーはツイッターで感謝の意を表した。

2017年1月 4日 (水)

ディズニー、キャリー・フィッシャーの死を受けて59億円の保険金受領へ

キャリー・フィッシャーキャリー・フィッシャーの死を受けて、ディズニーが巨額の保険金を受け取ることになるようだ。『スター・ウォーズ』のレイア姫役で知られるキャリーはディズニーと3本の映画契約を結んでいたものの、昨年12月27日にこの世を去ったため、その契約が果たすことができなくなり、保険会社よりディズニーに個人の生命保険金として史上最高額となる5000万ドル(約59億円)が支払われることになるというのだ。キャリーは亡くなる前に2017年12月公開予定の『スター・ウォーズ:エピソード8』の撮影を完了させていたものの、2019年に公開予定の『スター・ウォーズ:エピソード9』でも大きなパートを務める予定となっていた。そのため、キャリーの死を受けて同作品の脚本は大幅な変更を余儀なくされるとみられている。キャリーはロンドンからロサンゼルスに向かう飛行機の中で心臓発作に襲われ、その後帰らぬ人となってしまった。

2016年11月16日 (水)

キャリー・フィッシャー、ハリソン・フォードとの不倫を暴露!

20161121_carriefisherキャリー・フィッシャーがハリソン・フォードと3か月間に渡って激しい不倫関係にあったことを暴露している。1976年、当時若干19歳であったキャリーが『スター・ウォーズ』の共演者であったハリソンと12週間に渡って不倫関係にあったことを明かした。「平日はハンとレイア。そして週末はキャリーとハリソンといった感じだった」というキャリーは自伝「The Princess Diarist」の中で、いかにもヒーローという存在感のハリソンが、経験もほとんどない自分でどうやったら満足するのか思っていたという当時の自身のなさを綴っている。そんな過去を暴露したキャリーだが、2人の関係についてそれ以上の詳細は明かさない意志を示している。

2015年12月 2日 (水)

キャリー・フィッシャー、『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』のために15キロ減量!

キャリー・フィッシャーキャリー・フィッシャーは、シリーズ最新作『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』出演のために35ポンド(約15キロ)の減量を行わなければならなかったようだ。同作品の中でレイア姫役を再演しているキャリーは、映画業界における体重や見た目への重点の置き方は間違っていると苦言を呈し、この作品のために15キロ体重を落とすために辛い時間を過ごしたと明かした。食べる量を減らし運動量を増やしただけだというキャリーだが、見た目を重要視しているところが業界の唯一の問題点だとしており、そのうち若返ることも求められるのではないかと皮肉交じりのコメントをしている。

2015年10月 8日 (木)

『スター・ウォーズ』レイア姫が身に着けたビキニ、1150万円で落札!

キャリー・フィッシャー『スター・ウォーズ/ジェダイの帰還』でキャリー・フィッシャー演じるレイア姫が身に着けていたビキニが9万6000ドル(約1150万円)で落札された。『スター・ウォーズ/ジェダイの帰還』の中でレイア姫がジャバ・ザ・ハットに捕らえられた際に着ていた有名なビキニ、さらにそのビキニにつけられていた首輪、チェーン、そしてインダストリアル・ライト・アンド・マジック社のデザイナーであるリチャード・ミラー提供と記された証明書付きのセットが10月2日(金)、オンラインオークションのプロファイルズ・オブ・ヒストリーを通じて匿名の落札者の手に渡ることになった。さらに同オークションではレイア姫が乗っていた宇宙船「ブロッケード・ランナー」のミニチュアモデルが20万ドル(約2400万円)からスタートした後に45万ドル(約5400万円)で落札され、スター・ウォーズ関連商品の中では最高額の値を付けた。

2015年7月22日 (水)

キャリー・フィッシャー、『スター・ウォーズ』本を執筆

キャリー・フィッシャーキャリー・フィッシャーが、『スター・ウォーズ』についての本を執筆しているようだ。『スター・ウォーズ』初期3作品にレイア姫として出演していたキャリーは、当時撮影現場で起きたことなど細かに記録していたようで、今回その出来事を書籍として出版することにしたという。この書籍ではジョージ・ルーカスと衣装の下にブラジャーをつける、つけないを巡り撮影現場で喧嘩になった逸話などが含まれるようで、同作の幹部たちは大人気シリーズの舞台裏を皮肉に書き上げて欲しいと願っているようだ。そんなキャリーは、今年12月公開予定の『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』に再びレイア姫として登場することになっている。

2014年7月 3日 (木)

キャリー・フィッシャーの娘、『スター・ウォーズ エピソード7』に出演!

キャリー・フィッシャー、ビリー・ロードキャリー・フィッシャーの娘が『スター・ウォーズ エピソード7』に出演する。現在イギリス東南部バッキンガムシャーのパインウッド・スタジオで撮影が進行中の「スター・ウォーズ」シリーズの最新作でレイア姫に再び扮するキャリーだが、監督のJ・J・エイブラムスはキャリーの娘で駆け出しの女優兼歌手ビリー・ロードが母親と似ているという理由から、レイア姫の若い頃の役に起用したと言われている。ビリーは、同作での回想シーンで母親がオリジナルの3部作で演じたレイア姫の若かりし頃を演じることになり、母キャリーも自身の最も有名な役どころを家族の一員が演じることを望んでいたため、ビリーの起用の後押しをしたようだ。一方エイブラムスは今回父親のジェラルドと、義父のジェームズ・H・マグラス・Jrにエキストラの役を与えている。この2人は同じくエイブラムスがメガホンを握った『スター・トレック』にもエキストラで出演を果たしていた。

2013年6月28日 (金)

マーク・ハミルとキャリー・フィッシャー、「スター・ウォーズ」最新作に向けて猛ダイエット!

キャリー・フィッシャーマーク・ハミルとキャリー・フィッシャーが、最新作『スター・ウォーズ エピソードVII』の撮影に向けてダイエットするように言われたようだ。36年前に「スター・ウォーズ」シリーズ初期3部作でそれぞれルーク・スカイウォーカーとレイア姫を演じた2人だが、現在61歳のマークと56歳のキャリーは、オリジナルのイメージになるべく近づけるため体型を絞るようにとプロデューサー陣から忠告されたという。『エピソード7』の撮影が始まる前までに若かりし頃の体型に戻さなければいけないという2人には、確実なダイエットができるようにと、専属の栄養士やフィットネストレーナーがつくようだ。また、オリジナルでハン・ソロを演じたハリソン・フォードも本作に復帰して、オリジナル・トリオが再集結する予定だが、ハリソンに至っては御年71歳にも関わらずスリムな体型を維持しているためにプロデューサー陣は現状で満足だと考えているという。

2013年3月 8日 (金)

キャリー・フィッシャー、『スター・ウォーズ エピソードVII』でレイア姫を再演することを認める

キャリー・フィッシャーキャリー・フィッシャーが『スター・ウォーズ エピソードVII』(エピソード7)に復帰することを認めた。1977年から1983年に渡って「スター・ウォーズ」3部作にハリソン・フォードやマーク・ハミルらと出演してきた現在56歳のキャリーだが、2015年に公開が予定されているJ・J・エイブラムス監督作のエピソード7で再びレイア姫を演じることになったという。キャリーは、エピソード7でのレイア姫はトレードマークのお団子ヘアなどは昔のままで、他方、年をとったため認知症の一種を患って銀河系の老人ホームにでもいるのではないかと予想している。そんなキャリーは実際に双極性障害を患っていることが知られており、先月にはカリブ海上を航行するクルーズ船の中で奇妙な行動をしており、その直後一時入院していた。




最新映画ナビ関連ブログ

カテゴリ