ブライス・ダラス・ハワード(Bryce Dallas Howard)

2019年2月 1日 (金)

ブライス・ダラス・ハワード、ハーバード大学のヘイスティ・プディング賞を受賞へ

ブライス・ダラス・ハワードブライス・ダラス・ハワードにハーバード大学のヘイスティ・プディング賞が贈られる。『ジュラシック・ワールド/炎の王国』で有名なブライスは同大学の演劇部によって2019年度のウーマン・オブ・ザ・イヤーに選出され、今月31日(木)に表彰を受けることになる。ブライスは高く評価される多岐に渡る作品に出演し、あらゆる創作分野において女性の役割を拡大することに尽力している点を評価されたようだ。ブライスは自身の持つ強い労働倫理が、恵まれた家庭でありながらもそれを当然と思わせないように育てた母のおかげだとしている。過去のヘイスティ・プディング賞受賞者には、昨年のミラ・クニスをはじめ、メリル・ストリープ、ハル・ベリーなど錚々たる面々が並んでいる。

2019年1月21日 (月)

ブライス・ダラス・ハワード、女性メインの新作コメディ出演決定!

ブライス・ダラス・ハワードブライス・ダラス・ハワードが新作『Fairy Tale Ending』に出演する。「ジュラシック・ワールド」シリーズなどでおなじみのブライスは、『アイス・エイジ2』の脚本家ジム・ヘクトと『マッドメン』のトレイシー・マクミランが手掛ける女性中心の新作コメディで、『ヘルプ~心がつなぐストーリー~』で共演したオクタヴィア・スペンサーと再タッグを組むことになる。ユニバーサルが贈るこの新作で、ブライスは自身の製作会社Nine Muses Entertainment を通じてエリック・クラーソン、スーザン・クラーソンと共にプロデューサーも兼任する予定となっており、ファジー・ドア社からセス・マクファーレンとエリカ・ハギンズも製作に携わるほか、オクタヴィアが製作総指揮を務める。2人の前回の共演作である、1960年代のミシシッピを舞台に裕福な家庭のハウスキーパーたちの姿をエマ・ストーン演じるライターからの視点で描いた『ヘルプ ?心がつなぐストーリー?』では、オクタヴィアがアカデミー賞助演女優賞を受賞している。

2017年8月 2日 (水)

ブライス・ダラス・ハワード、長編映画で監督デビュー

ブライス・ダラス・ハワードブライス・ダラス・ハワード(36)が『Sorta Like a Rock Star』で監督デビューを果たすようだ。巨匠ロン・ハワードの娘であるブライスは、マシュー・クイックの同名小説が原作の同作で監督を務めることになるという。原作は、母親が運転するスクールバスで犬のスライス・Bと共に暮らす、高校生アンバー・アップルトンのストーリーが描かれている。これまでにもいくつかの短編作品やリリー・コリンズが出演したバンドM83のミュージックビデオなどで監督経験のあるブライスだが、本格的な長編映画の監督は今回が初めてだ。ブライスが手掛けた短編映画『When You Find Me』は、新人監督を対象としたキャノンのプロジェクト・イマジネーションでアカデミー賞のショートリスト入りを果たしたものの、アカデミー賞へのノミネートは逃していた。

2012年1月25日 (水)

ブライス・ダラス・ハワードに女児誕生

ブライス・ダラス・ハワード『50/50 フィフティ・フィフティ』『ヘルプ ~心がつなぐストーリー~』のブライス・ダラス・ハワードに、第2子となる女児が誕生した。ブライスの父親であるロン・ハワード監督が、ブライスと夫セス・ゲーブルの間に娘ベアトリス・ジーン・ハワード=ガベルが誕生したと、1月19日にツイッターで報告した。『ヴィレッジ』『レディ・イン・ザ・ウォーター』でブライスと共に仕事をしたM・ナイト・シャマラン監督は、将来ベアトリスをキャスティングすることを心待ちにしていると、ハワード監督のSNSページに書き込みをしている。そのほか『ヘルプ ~心がつなぐストーリー~』の共演者を代表してオクタヴィア・スペンサーから祝福の言葉が届いたほか、ジェニファー・コネリーやブライスの妹ペイジ・ハワードらからも続々と喜びのメッセージがツイートされている。

2008年6月10日 (火)

「ターミネーター」シリーズ第4弾にあの監督の娘が出演!

2009年公開予定の「ターミネーター」シリーズ第4弾『Terminator Salvation: The Future Begins』に、ロン・ハワード監督の娘ブライス・ダラス・ハワードが出演することになりそうだ。大人になったジョン・コナーにはクリスチャン・ベール、その妻のケイト・コナーにはシャルロット・ゲンズブールが決まっていたが、他のフランス映画の撮影とスケジュールの折り合いがつかず、降板することになった。監督は「チャーリーズ・エンジェル」シリーズのマックGで、既にニュー・メキシコで撮影できる段階にあるようだが、6月30日から俳優組合がストライキに突入した場合、撮影延期が必至。それに備えてシャルロットが降板し、ブライス・ダラス・ハワードに白羽の矢が立ったようだ。

(C)Steve Granitz/WireImage




最新映画ナビ関連ブログ

カテゴリ