ブリー・ラーソン(Brie Larson)

2016年5月11日 (水)

ブリー・ラーソン、婚約!

ブリー・ラーソンブリー・ラーソンが婚約した。『ルーム』で今年のアカデミー賞主演女優賞を獲得したブリーが、先週末「サタデー・ナイト・ライブ」に出演した際、薬指に婚約指輪をつけている姿を目撃され、その後ブリーの代理人がファントム・プラネットのバンドメンバーであるアレックス・グリーンウォルドと婚約したことを発表した。2人は今年3月に東京で休暇を過ごした際、アレックスがプロポーズし婚約に至ったそうで、ブリーはすぐにでも子供を作りたいようだと言われている。2年以上に渡って交際しているアレックスについて最近ブリーは、自分の半身のような存在であると同時に親友だと話していた。

2016年4月21日 (木)

マックス・グリーンフィールド、「ガラスの城の子どもたち」映画化作品でブリー・ラーソンと共演

マックス・グリーンフィールドマックス・グリーンフィールドが、新作『The Glass Castle』に出演することになった。人気ドラマ「New Girl / ダサかわ女子と三銃士」のシュミット役などでおなじみのマックスは、ジャネット・ウォールズ著作「ガラスの城の子どもたち」をライオンズゲート社が映画化する同作で今年度のアカデミー主演女優賞を受賞したブリー・ラーソンと共演することになる。監督には2013年作『ショート・ターム』でブリーとタッグを組んだデスティン・ダニエル・クレットンが予定されている。アメリカ人ジャーナリストのウォールズが自身の半生を綴った原作では、放浪癖があり親の役目をロクに果たさないアルコール中毒の父と芸術家の母のもと、筆者が兄弟たちと送った貧しい生活が描かれている。映画版では10代でニューヨークへと上京するジャネット役をブリーが演じることになっており、その夫役をマックスが演じる。また、問題の多い両親役にはすでにナオミ・ワッツとウディ・ハレルソンが決定しており、今年の6月に撮影開始予定となっている。

2016年2月 3日 (水)

レオナルド・ディカプリオ、SAG賞主演男優賞を獲得!

レオナルド・ディカプリオレオナルド・ディカプリオが、全米俳優組合賞で主演男優賞を獲得した。先月30日、ロサンゼルスのシュライン・オーディトリアムで行われた第52回全米俳優組合賞でブライアン・クランストン、ジョニー・デップ、マイケル・ファスベンダー、エディ・レッドメインら強豪を抑え、『レヴェナント:蘇えりし者』に出演したディカプリオが同賞に輝いた。主演女優賞には『ルーム』に出演したブリー・ラーソン、助演女優賞には『リリーのすべて』のアリシア・ヴィキャンデルが輝き、イドリス・エルバが『ビースト・オブ・ノー・ネーション』で映画部門助演男優賞を獲得したほか、さらには「刑事ジョン・ルーサー」でテレビ映画部門の主演男優賞を獲得している。他には『スポットライト 世紀のスクープ』が映画部門のキャスト賞、「ダウントン・アビー ~貴族とメイドと相続人~」がテレビ部門ドラマシリーズのアンサンブル演技賞に選ばれた。




最新映画ナビ関連ブログ

カテゴリ