ブライアン・コックス(Brian Denis Cox)

2022年3月24日 (木)

ブライアン・コックスとリサ・クドロー、新作ポルターガイスト・コメディで共演へ

ブライアン・コックスブライアン・コックス、リサ・クドロー、ディーン・ノリス、イーディ・ファルコが新作コメディ映画『ザ・ペアレンティング』で共演する。テレビドラマでの活躍で知られる4人がキャスト陣に名を連ねるHBO Maxの同新作ポルターガイストコメディは、『スケルトン・ツインズ 幸せな人生のはじめ方』のクレイグ・ジョンソン監督のもと今月マサチューセッツで撮影開始となっている。『サタデー・ナイト・ライブ』のケント・サブレットが脚本を執筆する同作では、田舎に家を借りてお互いの両親と週末を過ごすことにしたゲイのカップルが、その家に400年前からの邪悪な霊が宿っていることを発見する姿を描く。『キング・オブ・メディア』のブライアンと『ナース・ジャッキー』のイーディが1組のカップル、そして『フレンズ』のリサと『ブレイキング・バッド』のディーンがもう1組のカップルを演じる。

2021年11月28日 (日)

ブライアン・コックス、故郷スコットランドを舞台にした新作で監督デビューへ

ブライアン・コックスブライアン・コックス(75)が、『Glenrothan』で監督デビューを果たす。『メディア王~華麗なる一族~』で人気のブライアン、スコットランドのハイランド地方にあるウィスキー蒸留所を舞台にした同作は、母国スコットランドへの「ラブレター」だという。同作では、母親の葬儀で父親と大喧嘩したことから、弟がハイランド地方を離れアメリカに移住し兄と疎遠になっていたものの、家業であるグレンローサン蒸留所で40年ぶりに再会する2人の兄弟の姿が描かれる。ブライアン本人がデヴィッド・アシュトンと共に原案を手掛けた本作は、家族、赦し、ウィスキーがもたらす絆のストーリーになるという。

2021年9月22日 (水)

ブライアン・コックスとジョディ・ターナー=スミス、新作で共演へ

ブライアン・コックスブライアン・コックスとジョディ・ターナー=スミスが、新作『The Independent』で共演する。『チャーチル/ノルマンディーの決断』のブライアンと『クイーン&スリム』のジョディが、エミー賞へのノミネート歴もあるエイミー・ライスが監督を担う新作でタッグを組む。史上最も重要とされた大統領選挙が終わりに近づく中、若いジャーナリスト(ジョディ)が憧れの人物(ブライアン)と組んで選挙や国の運命を決める陰謀を暴く姿が描かれるという。一方でブライアンは、自身が出演並びに製作総指揮を担うジョシュア・コールドウェル監督の新作『Mending the Line』を控えている。




最新映画ナビ関連ブログ

カテゴリ