ブライアン・オースティン・グリーン(Brian Austin Green)

2015年10月 2日 (金)

ブライアン・オースティン・グリーン、ミーガン・フォックスに配偶者手当を求める

ブライアン・オースティン・グリーンブライアン・オースティン・グリーンが、ミーガン・フォックスとの離婚手続きの中で配偶者手当を求めている。TMZが入手した法廷書類によれば、「デスパレートな妻たち」などで知られるブライアンは2人の息子を共にもうけているミーガンに、今後も経済的援助を求めているという。ブライアンは昨年12月、ミーガンと共に巻き込まれた交通事故の後遺症により平衡感覚に影響を及ぼす目まいを患っているため仕事が出来ない状態になっている。ミーガンは和解できない相違を理由に離婚を申請しており、2人の息子の身体的および法的共同親権を求めているが、破局そのものはとても友好的なものであったと言われており、ロサンゼルスにある自宅にまだ一緒に住んでいるようだ。

2015年8月21日 (金)

ミーガン・フォックス、結婚生活が破綻していた!?

ミーガン・フォックス、ブライアン・オースティン・グリーンミーガン・フォックスの結婚生活が終わりを告げていたことが分かった。「トランスフォーマー」シリーズでお馴染みのミーガンは、半年前に夫ブライアン・オースティン・グリーンとの5年間に及ぶ結婚生活に終止符を打っていたそうで、その原因はミーガンが仕事に力を入れ過ぎたことにあったようだ。2歳と1歳の息子を持つミーガンだが、最近では役を取ることに躍起になり、キャリア志向になっていたことでブライアンと言い合いになっていたという。今回破局を迎えた2人だが、子供たちのためにも今後も良い関係を続けていくつもりだそう。普段プライベートの事をほぼ話すことがないミーガンだが、以前にはあるインタビューの中で男だらけの家族の中で女家長でいることが大好きだと語っていた。

2014年6月26日 (木)

ミーガン・フォックスとブライアン・オースティン・グリーン夫妻、新居を購入

ミーガン・フォックス、ブライアン・オースティン・グリーンミーガン・フォックスとブライアン・オースティン・グリーンが、かつてはビング・クロスビーの自宅だった物件を購入した。1歳8ヵ月のノア君と4ヵ月のボーディ君のいる夫妻は、335万ドル(約3億4000万円)を費やし、「ホワイト・クリスマス」などで知られるビングのカリフォルニア州トルーカレイクの自宅敷地内にある馬車置場としてかつては使用されていた6710平方フィート(約623平方メートル)を擁するランチ様式の物件を購入した。4つの寝室に6つのバスルームを持つこの物件は、2008年に行われた大掛かりな改築工事を経てモダンな作りへと変化を遂げており、現在では多くのむき出しになった木のはりやスレートを使用した床を備えた開放感のある生活空間になっているという。6年間の交際を経て2010年に結婚した夫妻は、4年前に300万ドル(約3億円)で購入したロス・フェリズの自宅をつい数週間前に399万5000ドル(約4億円)で市場に出したばかりで、こちらの物件はまだ売却されていない。




最新映画ナビ関連ブログ

カテゴリ