ブラッド・ピット(Brad Pitt)

2017年1月11日 (水)

ブラッド・ピットとアンジェリーナ・ジョリーの離婚手続きが非公開に

ブラッド・ピットとアンジェリーナ・ジョリーの離婚手続きが非公開で行われることが決定した。昨年9月に破局した2人はプライベートの裁判官を起用することによって離婚手続きの詳細を非公開にすることに同意し、家族の絆を取り戻すことにも共に取り組んでいくことにしたようだ。このことで2人は今後、裁判所の書類すべてを非公開とし、プライバシーの権利を保持しながら決定事項を裁判官と決めていくことになる。また、6人の子供達を持つブラッドとアンジェリーナは離婚問題の話し合いを進めていく過程で子供達に大きな衝撃を与えないように心がけていくつもりだという意志を表明している。

2017年1月10日 (火)

ブラッド・ピット、ゴールデン・グローブ賞にサプライズ登場!

ブラッド・ピットブラッド・ピットが1月8日(日)に行われたゴールデン・グローブ賞に登場し、世間を驚かせた。昨年9月に妻アンジェリーナ・ジョリーと破局して以来、公の場にあまり姿を現さなくなったブラッドだが、自身の製作会社プランBがプロデュースしたバリー・ジェンキンス監督作『ムーンライト』の作品紹介の際にステージに登場し、観衆からは歓声が沸き起こった。ブラッドは最終的に作品賞に輝いた同作を人間が引き起こす過ち、過失、悪行を、魂をさらけ出し表現することのできる俳優たちに努力によって生まれた作品だと表現し、ジェンキンス監督の信念だと称賛した。

2016年12月 1日 (木)

アンジェリーナ・ジョリー、感謝祭にブラッド・ピットを子供たちに会わせず

アンジェリーナ・ジョリー、ブラッド・ピットアンジェリーナ・ジョリーは、感謝祭にブラッド・ピットが子供たちに会うことを許さなかったようだ。アメリカで家族が集まる日にあたる感謝祭に、ブラッドはマドックス(15)、パックス(12)、ザハラ(11)、シャイロ(10)、ヴィヴィアン(8)、ノックス(8)の6人の子供たちに会うことが叶わなかったことから、男友達と一緒にタークス・カイコス諸島で時を過ごしたという。当初は子供たちのことを優先させて一緒に過ごすとみられていたが、11月25日の感謝祭にアンジェリーナはロサンゼルスで過ごしていたようだ。プライベート機内でブラッドが長男のマドックス君に攻撃的な態度をとったとされる喧嘩の後、9月に2人は破局を迎えており、アンジェリーナが離婚を申請して以来、ブラッドは子供たちと3回しか会っていないと言われている。

2016年11月22日 (火)

アンジェリーナ・ジョリー元夫ビリー・ボブ・ソーントン、ブラッド・ピットとの共演を希望

ビリー・ボブ・ソーントン title=アンジェリーナ・ジョリーの元夫であるビリー・ボブ・ソーントンが、ブラッド・ピットとの共演を望んでいるようだ。アンジェリーナがブラッドとの離婚を申請したことで、2人とも「元夫」という位置付けとなっているが、プレイボーイ誌の新刊でビリーは「こんなこと言ったら驚く人もいるかもしれないけど、ブラッド・ピットと一緒に映画を作ってみたいんだ。たぶん僕達すごく合うと思うんだよね。南部出身の男かなんかを演じてさ」とコメントした。そんな発言をしたビリーだが、先日にはブラッドとの親権争いの渦中にあるアンジェリーナが大丈夫そうだと話していた。「僕が話した時は彼女は大丈夫そうだったよ。そんなにしょっちゅう話をするわけではないけどね。たまに話すだけさ。でも人が試練や苦難に陥っている時は、なるべく放っておいてあげるように心がけているんだ。向こうが話したいと思わない限りね。言い換えれば、僕には関係ない話だってことだと思うんだ。僕を関与させない限りは僕には関係のない話ってことさ」

2016年11月16日 (水)

ブラッド・ピットの飛行機内での出来事、航空交通官制には記録なし

ブラッド・ピットブラッド・ピットと息子マドックスが、9月14日にプライベート機内で起きたといわれている喧嘩についての記録が航空交通官制に残っていないことが分かった。飛行機内でアルコールの影響下にあったブラッドがマドックスに対して攻撃的な態度をとったと乗務員の一人が通報したことにより、児童虐待の容疑でDCFS(児童家庭支援組織「デパートメント・オブ・チルドレン・アンド・ファミリー・サービス」)がブラッドの調査を行っていたが、つい先日その容疑が晴れたと報じられていたばかりだ。パリからロサンゼルスに向かう飛行機の中で口論が発生した際、2002年にマドックスを養子に迎えたアンジェリーナ・ジョリーをかばうためにマドックスがブラッドに対して反論したあと、ブラッドがマドックスに対して攻撃的な態度をとったという乗務員の証言があったものの、ミネアポリス航空交通官制の記録には、ブラッド一家の乗った飛行機が乱気流を通過したことのみが記載されていたそうだ。

2016年11月14日 (月)

ブラッド・ピット、ファンの応援に感謝

ブラッド・ピット離婚騒動の渦中にいるブラッド・ピットがファンの応援に感謝の意を表した。ブラッドは11月9日、ロサンゼルスで行われた新作『マリアンヌ』のプレミアに妻アンジェリーナ・ジョリーと破局して以来初めてレッドカーペットに姿を現した。共演者のマリオン・コティヤールも登場した同イベントで、結婚指輪をはめていないブラッドはファンへサインすることに十分の時間を取り、その親切心に対して感謝の意を表したようだ。ブラッドは8日、自身の製作会社プランBがプロデュースした新作映画『ムーンライト』のプライベート試写会に友人であるジュリア・ロバーツと共に出席し、離婚騒動以来初めて公の場に姿を見せていた。そんなブラッドは同日、プライベート機の中でアルコールの影響下、15歳の息子マドックスに暴行を働いたとされる件で、DCFS(児童家庭支援組織「デパートメント・オブ・チルドレン・アンド・ファミリー・サービス」)の8週間に渡る調査の結果、その疑いが晴れたことが明らかになった。

2016年11月11日 (金)

ブラッド・ピット、離婚騒動後初めて公の場に登場!

ジュリア・ロバーツ、ブラッド・ピットブラッド・ピットがアンジェリーナ・ジョリーとの破局後、初めて公の場に姿を表した。11月8日、ロサンゼルスで行われたブラッドの製作会社プランBがプロデュースした新作映画『Moonlight』のプライベート試写会の会場で『オーシャンズ11』の共演者でもある友人のジュリア・ロバーツと写真に写っており、笑顔こそ浮かべっているもののその姿はやつれているようにも見える。チェックのシャツにジャケット、ジーンズ姿で登場したブラッドがその場に現れることは事前に知らされていなかったという。さらにブラッドは11月9日にカリフォルニアで行われる『マリアンヌ』のプレミア試写会のレッドカーペットに登場すると言われている。

2016年11月10日 (木)

ブラッド・ピットとアンジェリーナ・ジョリー、親権問題に決着

アンジェリーナ・ジョリー、ブラッド・ピットブラッド・ピットとアンジェリーナ・ジョリーが6人の子供たちの親権について合意に至ったようだ。6人の子供たちは引き続きアンジェリーナと共に暮らすことになり、保育の専門家の助言通り、ブラッドとはセラピー治療として面会するという形を続けていくという。ブラッドは子供たちにとって最適な方法として提案された同条件に合意したようだが、先日には子供たちの共同親権を求めて裁判所に書類を提出したと報じられていた。一方、この離婚騒動を受けて、新作映画『マリアンヌ』の宣伝活動を全てキャンセルしたと報じられていたブラッドだったが、11月23日に行われるプレミア試写会のメインイベントには出席することを決めたようだ。

2016年11月 9日 (水)

ブラッド・ピット、新作『マリアンヌ』宣伝活動をすべてキャンセル

ブラッド・ピットブラッド・ピットがアンジェリーナ・ジョリーとの破局をうけて、新作映画の宣伝活動を全てキャンセルしたようだ。来年2月に日本公開予定となっている『マリアンヌ』の中でマックス・ヴァタンを演じているブラッドだが、自身のアンジェリーナとの離婚問題が取り沙汰されているためインタビューや記者会見、トークショーなどへの出演を断っていると報じられている。念願のアカデミー賞受賞に向けて大規模なキャンペーンが始まる予定だったというが、両者否定こそしているものの、共演者のマリオン・コティヤールとの浮気の噂があったこともあり、全てをキャンセルすることにしたと言われている。現在アンジェリーナとブラッドは6人の子供たちの親権争いを繰り広げており、単独親権を希望するアンジェリーナに対してブラッドは共同親権を求めている。

2016年10月20日 (木)

ブラッド・ピット、長男に面会を拒否される?

ブラッド・ピットが、長男に面会を拒否されてしまったようだ。先月妻アンジェリーナ・ジョリーが離婚申請を行って以降、アンジェリーナが一時的な親権を獲得していたために子供たちと会えなかったブラッドは、10月8日にようやくブラッドのロサンゼルス宅で子供たちと面会する機会が与えられたが、その際に長男のマドックスは参加しなかったという。カリフォルニア州の法律の下、マドックスは14歳を越えているためにどちらの親と一緒に暮らすかを選ぶ権利を持っており、アンジェリーナが離婚申請を行う前にプライベート機の中でブラッドと喧嘩になったと言われる中、アンジェリーナととても近い関係のためブラッドには二度と会いたくないと思っているとも報じられている。




最新映画ナビ関連ブログ

カテゴリ