ボー・バーナム(Bo Burnham)

2019年2月20日 (水)

全米脚本家組合賞、『エイス・グレード』が最高賞を受賞!

ボー・バーナム全米脚本家組合賞でボー・バーナム(28)により『エイス・グレード』がオリジナル脚本賞に輝いた。バーナムが脚本と監督を手掛けた同作は、アルフォンソ・キュアロンの『ROMA/ローマ』、アダム・マッケイの『バイス』、ニック・バレロンガ、ブライアン・ヘインズ・クリー、ピーター・ファレリーの『グリーンブック』、ジョン・クラシンスキーの『クワイエット・プレイス』ら強豪を抑え、17日(日)に開かれた式典で最高賞を受賞した。一方で脚色賞にはリー・イスラエルの自伝をニコール・ホロフセナーとジェフ・ウィッティが脚色した『ある女流作家の罪と罰』が輝いた。一方でテレビ部門では、『マーベラス・ミセス・メイゼル』がコメディシリーズ賞、『ジ・アメリカンズ 極秘潜入スパイ』がドラマシリーズ賞をそれぞれ受賞した。




最新映画ナビ関連ブログ

カテゴリ