ベン・ウィショー(Ben Whishaw)

2013年10月22日 (火)

ベン・ウィショー、フレディ・マーキュリー役の候補に

ベン・ウィショー

ベン・ウィショーが、新たにフレディ・マーキュリー役の候補に挙げられている。クイーンのドラマーを務めるロジャー・テイラーは10月18日(金)に英トーク番組に出演した際、降板したサシャ・バロン・コーエンの後任として、グループとしては『007 スカイフォール』での好演が光ったベンの起用を推していると明かした。サシャは7月にもクイーンの現存メンバーらと創作上の見解の相違が原因で降板しており、それについてロジャーたちはこの映画をジョークにしたくなかったと表現している。以前にはドミニク・クーパーも候補に挙げられているほか、同じく噂されていたダニエル・ラドクリフは出演を否定している。

2013年8月19日 (月)

ベン・ウィショー、ロン・ハワード監督最新作で「白鯨」の著者ハーマン・メルヴィル役へ

ベン・ウィショー

ベン・ウィショーが、新作『In the Heart of the Sea』への出演契約を交わした。ナサニエル・フィルブリックの原作「復讐する海 捕鯨船エセックス号の悲劇」をクリス・ヘムズワース主演でロン・ハワード監督が映画化する作品で、ベンは「白鯨」の著者であるハーマン・メルヴィルを演じる契約を先日交わしたようだ。本作では、1820年に巨大マッコウクジラと衝突したことで90日間以上の漂流を強いられた捕鯨船エセックス号の乗組員たちの姿が描かれる。ベンの他にも、若手俳優の起用を予定していると見られていたペターソンという名前の船員役に、同じくイギリス出身俳優で英ドラマ「Misfits/ミスフィッツ -俺たちエスパー!」や「フレッシュ・ミート」でおなじみのオシー・イクヒルが決定したようだ。ワーナー・ブラザースとヴィレッジ・ロードショー・ピクチャーズが製作を務める『In the Heart of the Sea』にはこれまで主役のクリスのほか、キリアン・マーフィー、ブレンダン・グリーソン、トム・ホランド、フランク・ディレイン、サム・キーリーらがキャスティングされている。

2013年8月 7日 (水)

ベン・ウィショー、同性婚していたことを告白!

ベン・ウィショー

ベン・ウィショーが、同性愛者であること、そして昨年すでにパートナーと結婚していたことを告白した。『007/スカイフォール』のQ役でお馴染みのベンは、2012年8月にオーストラリア人作曲家のマーク・ブラッドショウと市民パートナーシップ法の元、同性婚していたことを今回明らかにした。これまでゲイであることを隠していたつもりはないものの、私生活についてあまり話したくなかっただけというベンだが、様々な噂が飛び交い始めてしまったため、発表することにしたようだ。ベンは2009年のジェーン・カンピオン監督作品『ブライト・スター~いちばん美しい恋の詩(うた)~』で、マークがサントラを担当したことをきっかけに知り合ったそうで、2人共とても幸せだそうだ。

2013年2月21日 (木)

ベン・ウィショー、007シリーズ次回作24作目は2014年初頭にクランクイン予定!?

ベン・ウィショーベン・ウィショーが、24作目となる「007」シリーズ最新作の撮影は2014年初頭にも開始されると仄めかした。シリーズ23作目となる『007 スカイフォール』で英国諜報部の兵器開発課チーフQを演じたベンは今回、およそ10ヶ月後に次回作の撮影が始まるためキャスト陣が再結集するだろうと明かしている。さらに、『007 スカイフォール』で監督を務めたサム・メンデスが次回作でもメガホンを取りたいかについて75%は確実だと報じられたことについて、2月18日にロンドンのカーゾン・メイフェア・シネマで開かれた『クラウド アトラス』の試写会の際にベンは是非とも次回作でもサムが手掛けて欲しいと話した。また自身のQ役がより重要な役柄になることを願っているとか。




最新映画ナビ関連ブログ

カテゴリ