ベン・フォスター(Ben Foster)

2016年10月12日 (水)

アシュトン・カッチャー、「ザット'70sショー」の共演者ローラ・プレポンの婚約発表に不満!?

アシュトン・カッチャーアシュトン・カッチャーは、「ザット'70sショー」の共演者であるローラ・プレポンの婚約を事前に知らされていなかったことに不満を感じているようだ。先日ローラはアシュトンの友人でもあるベン・フォスターと婚約したが、アシュトンはその事実を報道で初めて知ったのだという。「ライブ!ウィズ・ケリー」にアシュトンがゲスト司会者として登場した際、ゲストとして出演したローラにアシュトンは、20年来の友人である2人が婚約したことをニュースで知ったと不満をぶつけた。とはいえ、アシュトンも「ザット'70sショー」の同じく共演者である妻ミラ・クニスと婚約していたのをローラに秘密にしていたようだ。7月に交際を公にしたばかりのローラとベンは先日、ローラ出演最新作『ガール・オン・ア・トレイン』のニューヨークで開かれたプレミア会場にローラが婚約指輪をつけて登場したことで世間を驚かせていた。

2016年10月 6日 (木)

「オレンジ・イズ・ニュー・ブラック」のローラ・プレポンとベン・フォスターが婚約!?

ローラ・プレポンドラマ「オレンジ・イズ・ニュー・ブラック」のローラ・プレポンとベン・フォスターが婚約したようだ。10月4日にニューヨークで行われた最新出演作『The Girl On The Train』の試写会で左手の薬指に指輪をつけて登場していたローラは、ベンからのプロポーズを受けたと言われている。今年の7月に交際を公にしていた2人をよく知る人物が婚約の事実を認めたという。ベンは昨年、3年間の交際の末婚約までしていたロビン・ライトと破局していた。ポーラ・ホーキンズの同名小説の映画化となるこの新作でキャシー役を演じているローラは、1999年からサイエントロジーを信仰しており、その宗教のおかげでよりリラックスした気分になり、感情の抑制が出来るようになったと語っていた。

2016年8月 1日 (月)

ベン・フォスター、クリスチャン・ベイル主演作『ホスタイルズ』出演へ

ベン・フォスターベン・フォスターがクリスチャン・ベイル主演作『Hostiles』に出演することが決まった。スコット・クーパーがメガホンを取る本作は、1982年を舞台にクリスチャン演じる陸軍大尉がシャイアン族の酋長をインディアン保留地に連れて帰るストーリーだ。ベンとクリスチャンが共演するのは2007年の西部劇映画『3時10分、決断のとき』以来今回で2回目。ベンやクリスチャンのほかにも『ゴーン・ガール』のロザムンド・パイクがニューメキシコからモンタナへと移動する陸軍大尉とシャイアン族の酋長の一行に加わる家族を失った若い未亡人役に決まっているほか、ウェス・ステュディ、アダム・ビーチ、ライアン・ビンガムらもキャスティングされている。撮影はすでにニューメキシコで始まっており、来年の公開を予定している。

2016年7月21日 (木)

ローラ・プレポンとベン・フォスターが交際中?

ローラ・プレポンローラ・プレポンとベン・フォスターの交際が報じられている。ドラマ「オレンジ・イズ・ニュー・ブラック」で人気のローラが、ロビン・ライトの元婚約者としても知られるベンとここ数か月で急接近しているようで、先週末にはニューヨーク内で腕を組んでいる姿が目撃されたという。ローラは出演作「ザット'70sショー」の共演者ダニー・マスターソンの弟であるクリストファー・マスターソンと7年間に渡って交際をしていた過去があり、一方のベンは昨年、2011年公開作『ランパート 汚れた刑事』での共演をきっかけに知り合い、2012年2月に交際をスタートしていたロビンとの2度目の婚約解消を発表していた。

2015年9月17日 (木)

ベン・フォスター、役作りのためにドラッグを試していた!

ベン・フォスターベン・フォスターは、新作『The Program』でのランス・アームストロング役に向けてドラッグを使用していたという。ツール・ド・フランスの勝者としてその名を知られながらもドーピング使用が発覚してタイトルをはく奪されたアームストロングを演じるにあたり、ドラッグによる影響の理解を深めるためにベンは医師監視の元、薬物を使用したのだという。その状況を個人的に理解することが役作りの上で重要だったというベンは効果が得られたとする一方で、後遺症もあったうえ精神面にも影響が出たとして、ほかの俳優たちに勧めるようなことではないと語っている。アームストロングは1999年から2005年にかけてツール・ド・フランスを7連覇したものの、ドーピング問題が浮上した後に本人が使用を認めたことで2012年にそのタイトルをはく奪された。

2015年9月 3日 (木)

ロビン・ライトとベン・フォスター、また婚約解消!

ロビン・ライト、ベン・フォスターロビン・ライトとベン・フォスターが、2度目の婚約解消に至ったと言われている。昨年11月に婚約解消した後、わずか数週間後には復縁していた2人だが、数か月前に密かに再び婚約を解消していたという。2人は2011年の映画『ランパート 汚れた刑事』の撮影で知り合い、翌年2月から交際をスタートさせていた。2014年1月にはロビンが婚約指輪を披露しており、その翌月にはベンともう結婚しているような気分だとその幸せぶりを語っていた。過去に2度の結婚歴があり、デイン・ウィザースプーンとの離婚の後に結婚したショーン・ペンとの間にはディラン(25)とホッパー・ジャック(22)という2人の子供を持っているロビンだが、ベンが最高の相手だと口にしていたこともあった。

2015年3月16日 (月)

ベン・フォスター、『ダ・ヴィンチ・コード』続編『インフェルノ』に悪役として出演?

ベン・フォスターベン・フォスターが、新作『インフェルノ』に悪役として出演する可能性が出てきた。ダン・ブラウン原作の『ダ・ヴィンチ・コード』の続編にあたるトム・ハンクス主演のこの作品に向けて、ベンは悪役として出演する方向で製作を務めるソニーとイマジン・エンターテインメントと話し合いを進めているという。この新作ではトムが再び象徴学者ロバート・ラングドン博士役演じることになっている一方で、ロン・ハワード監督も再びメガホンを取ることが決まっている。今回の作品では陰謀に巻き込まれたラングドン博士が、14世紀に詩人ダンテの言葉で鮮明に描かれた「9圏の地獄」を中心に起こる死の伝染病の謎を紐解いていくストーリー展開になっており、ベンの出演が決まれば、地獄に心奪われ、多くなりすぎた世界の人口を減らすべくウィルスをまき散らす計画を練る天才科学者を演じることになるようだ。この新作にはスティーヴン・ホーキング博士の伝記映画『博士と彼女のセオリー』でお馴染みのフェリシティ・ジョーンズも出演が決定している。

2014年11月13日 (木)

ロビン・ライト、ベン・フォスターと婚約破棄

ロビン・ライトロビン・ライトとベン・フォスターが破局したようだ。2011年作『ランパート 汚れた刑事』をきっかけに知り合い、10ヶ月前に婚約していた2人だったが、間違いだったと感じたことで婚約破棄したのだという。婚約して以来、お互いのスケジュールが異常なほど忙しくなったという2人は、この夏、ベンがロンドンで『欲望と言う名の列車』の舞台製作に携わる一方で、ロビンはネットフリックスの人気シリーズ「ハウス・オブ・カード 野望の階段」の撮影をボルチモアで行っており、距離を置いて過ごしたことでロビンがこの決断に至ったと言われている。過去にはデイン・ウィザースプーンをはじめ、2人の子供をもうけたショーン・ペンと結婚歴のあるロビンは、ベンとの間の14歳という年齢差も考えるようになり、これ以上ベンと続けていくことは出来ないと思ったようだ。

2011年8月 5日 (金)

ベン・フォスター、ジョン・トラボルタの息子役に

ベン・フォスターベン・フォスターが、『Gotti: In the Shadow of My Father』に出演することが決定した。マフィア一族の生涯を描いた伝記映画で、ベンはジョン・トラボルタ演じるゴッティの息子ジョン・ゴッティ・Jr.を演じることになり、この作品へ出演するチャンスを与えられたことは非常に光栄だとコメントしている。この作品はゴッティ一家の物語を描く3部作の第1作目になると考えられており、劇中ではニューヨークのガンビーノ一家のボス“ダッパー・ドン”ことジョン・ゴッティの生涯が描かれ、ジョン・ゴッティ・Jr.はコンサルタント的な役割を果たすようだ。監督と脚本は、『レインマン』『バグジー』『スリーパーズ』のバリー・レヴィンソンが務める。




最新映画ナビ関連ブログ

カテゴリ