バズ・ラーマン(Baz Luhrmann)

2014年5月 5日 (月)

バズ・ラーマン、エルヴィスの伝記映画を制作へ?

バズ・ラーマンバズ・ラーマン監督が、エルヴィス・プレスリーの伝記映画を手掛ける交渉中のようだ。ラーマンは、1977年に42歳の若さで他界した人気歌手エルヴィスの半生を描く作品において、ワーナー・ブラザース社と数週間に渡り交渉を続けていると報じられている。映画版『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』を執筆したケリー・マーセルが脚本に取り組んでいるところだというが、エルヴィスの人生におけるどの時期を主に描かれるかについては明らかになっていない。もしラーマンがこの作品へのオファーを引き受けた場合、妻のキャサリン・マーティンも衣装デザイナーと製作デザイナーとして参加する可能性が高いと思われる。そんなラーマンには、HBO放送のナポレオンをテーマにしたミニシリーズのほか、『燃えよ!カンフー』のリメイク版など数々の作品が控えている。

2014年4月16日 (水)

バズ・ラーマン、映画版『燃えよ! カンフー』の監督へ?

バズ・ラーマンバズ・ラーマンが、映画版『燃えよ! カンフー』の監督を務める可能性があるようだ。70年代に放送された同テレビドラマをレジェンダリー・ピクチャーズが映画化する企画で、ラーマンが監督の座に向けて交渉中だという。交渉がどれだけ進んでいるのかについて同社はコメントを発表していないが、ラーマンが監督に就任するとなれば、製作を進める前に『ブラック・スワン』も手掛けたジョン・マクローリンが執筆した現在の脚本を一番に改稿することになる。オリジナル版『燃えよ! カンフー』では、デビッド・キャラダイン演じる少林寺で修業を積んだクワイ・チャン・ケイが異母兄を求め、アメリカ西部を探し回る姿が描かれた。修行僧時代の10代の頃もフラッシュバックで描かれた同作は放送終了後もカルト的ファンが後を絶っていない。現在の脚本は、中国を舞台にクワイが父探しの旅に出るものの牢獄へと入れられる羽目になり、そこで生存をかけた戦いが繰り広げられるという内容になっていると言われている。

2013年12月 2日 (月)

バズ・ラーマン、スピルバーグ製作によるナポレオンのTVシリーズで監督!?

バズ・ラーマン

バズ・ラーマンが、スティーブン・スピルバーグ 作のナポレオンを描くTVミニシリーズで監督を務める可能性があるようだ。『シンドラーのリスト』や『リンカーン』など史実の映画化を得意とするスピルバーグは以前から、故スタンリー・キューブリックが脚本を手掛けたものの、結局生前には製作に至らなかったフランスの皇帝ナポレオン・ボナパルトを題材にしたTVシリーズを製作する意向を明かしていた。そして今回、監督として飛躍のきっかけとなった『ムーラン・ルージュ』はもちろん、『華麗なるギャツビー』も好評だったバズが、米HBO局製作の同シリーズの監督としてオファーを受けているようだ。

2011年9月12日 (月)

バズ・ラーマン、『グレート・ギャッツビー』新バージョンに自信

バズ・ラーマンバズ・ラーマン監督は、F・スコット・フィッツジェラルドの小説を映画化した『The Great Gatsby』が、期待に沿える作品になることを願っているそうだ。レオナルド・ディカプリオ、キャリー・マリガン、トビー・マグワイアが出演する同3D作品を故郷のオーストラリアで撮影開始したラーマン監督は、この有名過ぎる小説は既に4度映画化されているが、今回のキャストとスタッフが最高のバージョンを作り上げてくれるものと信じているという。本作で、時代や場所を問わないフィッツジェラルドの器用な作り方を上手く表現し、そこにある作者の大きな意図とキャラクターの人間性を明確にすることを目指しているというラーマン監督。1.5億ドル(約116億円)の予算をかけたこの大作映画から今後も目が離せない。

2010年10月14日 (木)

バズ・ラーマン監督作『華麗なるギャツビー』リメイク版に、豪華キャストが勢ぞろい?

スコット・フィッツジェラルドの名著「グレート・ギャツビー」を映画化した『華麗なるギャツビー』のリメイク版で、ロバート・レッドフォードが演じた主役のジェイ・ギャツビーを、レオナルド・ディカプリオが演じる可能性があることがわかった。同作の映画化権は、ディカプリオと『ロミオ&ジュリエット』でタッグを組んだバズ・ラーマン監督が2年前に取得したもので、ミア・ファローが演じたギャツビーの恋愛相手デイジーにアマンダ・セイフリード、ギャツビーの隣人ニックに、ディカプリオの親友トビー・マグワイアの名が浮上しているそうだ。

2009年4月 9日 (木)

バズ・ラーマン監督が、ヒュー・ジャックマン&ビヨンセでミュージカルを企画?


今年のアカデミー賞の成功は、大胆な発想の転換と、ホストのヒュー・ジャックマンによるところが大きいと言われているが、同賞のクライマックスでヒューやビヨンセが演じたミュージカルを手がけたバズ・ラーマン監督が、早くも2人を主演にしたミュージカルの企画を考えていることが明らかになった。ラーマンは、二コール・キッドマンとユアン・マクレガーを起用したミュージカル映画『ムーラン・ルージュ』で成功を収めているが、ビヨンセのパフォーマンスを見て、最近では存在しない昔の銀幕の大スターを思い出したとか。ちなみに、ヒューも乗り気だそうだ。

Photo:ロイター/アフロ




最新映画ナビ関連ブログ

カテゴリ