☆映画賞(Awards)

2012年1月18日 (水)

第69回ゴールデングローブ賞、『アーティスト』が最多3部門に輝く

ミシェル・アザナヴィシウス,ベレニス・ベジョアカデミー賞の前哨戦と呼ばれるゴールデングローブ賞授賞式が1月15日に開催され、先日の放送映画批評家協会賞に続き、『アーティスト』が最多受賞作品に輝いた。白黒サイレント映画の同作は、作品賞(ミュージカル・コメディ部門)のほか、主演のジャン・デュジャルダンが主演男優賞(ミュージカル・コメディ部門)を、ルドヴィック・ブールスが作曲賞と、計3部門を獲得。作品賞(ドラマ部門)に輝いた『ファミリー・ツリー』から、ジョージ・クルーニーが主演男優賞(ドラマ部門)を獲得し、主演女優賞(ドラマ部門)は『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』で元英首相を演じたメリル・ストリープが勝ち取った。また、主演女優賞(ミュージカル・コメディ部門)には、『マリリン 7日間の恋』でマリリン・モンローを演じたミシェル・ウィリアムズが選ばれている。

2011年1月26日 (水)

アカデミー賞のノミネーションが発表!

コリン・ファース第83回アカデミー賞のノミネーションが発表され、本命の『英国王のスピーチ』が12部門ノミネートで最多となった。トム・フーパー監督の同作は、作品賞をはじめ、主役のジョージ5世を演じたコリン・ファースが主演男優賞、ジェフリー・ラッシュが助演男優賞、ヘレナ・ボナム=カーターが助演女優賞にそれぞれノミネートされている。それに続くのは10部門にノミネートされたコーエン兄弟監督&ジェフ・ブリッジスの『トゥルー・グリット』。ゴールデングローブ賞では最多受賞を果たした『ソーシャル・ネットワーク』も強さを見せ、デヴィッド・フィンチャーの監督賞をはじめ、作品賞、主演男優賞を含む8部門の候補に挙がっている。なお授賞式は、2月27日にロサンゼルスのコダック・シアターにて開催される。

2011年1月18日 (火)

コリン・ファースがゴールデングローブ賞主演男優賞に輝く

1月16日にロサンゼルスのビバリー・ヒルトン・ホテルで行なわれた第68回ゴールデングローブ賞にて、最多7部門でノミネートされていた『英国王のスピーチ』でジョージ6世を演じたコリン・ファースが主演男優賞を獲得した。また、主演女優賞には『ブラック・スワン』のナタリー・ポートマンが輝いている。そんな今回の授賞式で最も多くトロフィーを持ち帰った作品は、前評判どおり作品賞、監督賞、脚本賞、作曲賞の4部門を獲得した『ソーシャル・ネットワーク』だった。リッキー・ジャーヴェイスが司会を務めた同式典ではそのほかにも、『ザ・ファイター』に出演したクリスチャン・ベールとメリッサ・レオ、そして『キッズ・オールライト』のアネット・ベニングらがゴールデングローブの栄光を手にしている。

2010年6月11日 (金)

MTVムービー・アワードは、『ニュームーン トワイライト・サーガ』が席巻! ビッグサプライズも続々

6月6日、第19回MTVムービー・アワードが発表され、「トワイライト」シリーズの第2弾『ニュームーン トワイライト・サーガ』が、前作の5冠に引き続き、作品賞、女優賞、男優賞、キスシーン賞の最多4部門を制覇した。今回の授賞式ではサプライズが続出。まずジェネレーション賞に輝いたサンドラ・ブロックが、放送映画批評家協会賞でメリル・ストリープにキスしたのに続いて、ホストのスカーレット・ヨハンソンに濃厚キス。マドンナとブリトニー・スピアーズのキス以来の衝撃となった。またキス・シーン賞を受賞したロバート・パティンソンとクリステンが、壇上でキスを披露。破局説が流れていることもあり、こちらは更なるビックサプライズとなった。

2010年4月27日 (火)

今年のカンヌ映画祭は、アカデミー賞よりも豪華な出席者!

第63回カンヌ国際映画祭のラインナップが発表され、今年はアカデミー賞でも実現していない、ジョニー・デップとブラッド・ピットらの共演が実現することが明らかになった。ブラッドは、ショーン・ペンと共にテレンス・マリック監督作『Tree of Life』で、ジョニー・デップは、『Rum Diary』で出席。また、『Biutiful』のハビエル・バルデムの出席も予定されており、それぞれのパートナーのアンジェリーナ・ジョリー、バネッサ・パラディ、ペネロペ・クルスも姿を現す可能性大。さらに『ロビン・フッド』のラッセル・クロウ、ケイト・ブランシェットのほか、ニコール・キッドマン、ナオミ・ワッツ、『 Wall Street 2: Money Never Sleeps』で共演して恋人同士になったシャイア・ラブーフやキャリー・マリガンなど、アカデミー賞より豪華キャストが勢ぞろいしそうだ。

Photo : ロイター/AFLO

2010年3月29日 (月)

来年のゴールデングローブ賞は1月16日に決定

アカデミー賞が終わり、映画界のすべての賞レースが終了したが、早くもハリウッドの外国人記者クラブが、来年の第68回ゴールデン・グローブ賞の開催日程を発表した。同賞は、2011年1月16日の日曜日に、例年通りロスのビバリー・ヒルズで開催され、米NBCテレビがオンエアすることが決定。同賞は、昨年に比べて視聴率が約14%もアップし、NBCテレビにとっては、アメリカで最も人気のあるスポーツ番組以外で、過去6年間で最も視聴率を稼いだ番組となったことも明らかになった。

2010年2月26日 (金)

全米脚本家組合賞に、『ハート・ロッカー』と『マイレージ、マイライフ』が選ばれる!

2月20日、アカデミー賞発表前としては最後の大きな賞となる全米脚本家組合賞(WGA)が発表され、オリジナル脚本賞には『ハート・ロッカー』が、脚色賞には『マイレージ、マイライフ』が選ばれ、アカデミー賞に王手をかけた。ちなみに、アカデミー賞の脚本賞は、他に『イングロリアス・バスターズ』『The Messenger』『A Serious Man』『カールじいさんの空飛ぶ家』が、脚色賞には、『第9地区』『17歳の肖像』『In the Loop』『プレシャス』がノミネートされている。
※写真は『ハート・ロッカー』の脚本家マーク・ボール

英アカデミー賞、『ハート・ロッカー』が作品賞、監督賞に!


2月21日に、イギリスのアカデミー賞(BAFTA賞)の表彰式が行われ、『ハート・ロッカー』が、作品賞、監督賞(キャスリン・ビグロー)、脚本賞(マーク・ボール)など、最多の6部門を受賞。2部門の受賞に終わった『アバター』を大きく引き離し、アカデミー賞に一歩近づいた。また、主演男優賞は『A Single Man』のコリン・ファース、主演女優賞は『17歳の肖像』のキャリー・マリガンと、いかにもイギリスのアカデミー賞らしい結果に。しかし助演男優賞と助演女優賞は、『イングロリアス・バスターズ』のクリストフ・ヴァルツと『プレシャス』モニークが受賞。2人とも各映画賞総なめで、ますますアカデミー賞に近づいた。

2010年2月 5日 (金)

第30回ゴールデン・ラズベリー賞、ノミネート発表

アカデミー賞のノミネートが発表された前日の2月1日、アカデミー賞とは対照的に、その年の最低最悪の映画や俳優を表彰する第30回ゴールデン・ラズベリー賞(ラジー賞)のノミネートが発表された。『アバター』をのぞけば昨年の最高興行成績を記録した『トランスフォーマーリベンジ』が、作品賞、監督賞、主演女優賞、スクリーンカップル賞などで、リメイク版で大コケしたウィル・フェレル主演作『マーシャル博士の恐竜ランド』とともに、不名誉な最多の7部門でノミネートされた。主演女優賞では、ミーガン・フォックスが『トランスフォーマー~』と『Jennifer's Body』でダブルノミネートを果たしたほか、アカデミー賞主演女優賞の伸び声も高いサンドラ・ブロックが、大コケ作『All About Steve』で、またグラミー歌手ビヨンセが『オブセッション 歪んだ愛の果て』でノミネートされている。なおラジー賞の授賞式は、アカデミー賞授賞式の前日、3日6日に行われる。

2010年2月 1日 (月)

イギリスのアカデミー賞のノミネートが、発表に!

英国アカデミー賞(BAFTA)のノミネートが発表され、作品賞には、ゴールデン・グローブ賞を受賞した『アバター』ほか、『17歳の肖像』『ハート・ロッカー』『プレシャス』『マイレージ、マイライフ』の5作品が選ばれた。主演男優賞には、ジェフ・ブリッジス、ジョージ・クルーニー、コリン・ファース、ジェレミー・レナーほか『Sex & Drugs & Rock & Roll』のアンディ・サーキスがノミネート。主演女優賞は、メリル・ストリープは選ばれているが、ゴールデン・グローブ賞を受賞したサンドラ・ブロックが選ばれておらず、『ココ・アヴァン・シャネル』でシャネルを演じたオドレイ・トトゥ、『ラブリーボーン』のシアーシャ・ローナンなど、イギリスならではのノミネート結果が出ている。なお、BAFTA賞の授賞式は2月21日に開催される予定。




最新映画ナビ関連ブログ

カテゴリ