アーノルド・シュワルツネッガー(Arnold Schwarzeneggar)

2015年5月26日 (火)

アーノルド・シュワルツェネッガー、自撮り大好き!?

アーノルド・シュワルツェネッガーアーノルド・シュワルツェネッガーは、ファン達と自撮りするのが大好きだそうだ。数々のソーシャルメディアを活用しているシュワルツェネッガーはスナップチャットが一番のお気に入りであるものの、ファン達がツイッターやインスタグラムに投稿するために一緒に自撮りすることを楽しんでいるそうだ。そんなシュワルツェネッガーは自分の子供たちともソーシャルメディアを通じて会話することもあるそうだが、自分の投稿によって子供たちが恥ずかしい思いをしたことはないはずだと自信があるようだ。また、シュワルツェネッガーは人生も後半に差し掛かってからこの新しいテクノロジーを取り入れたことで、自身の年配のファン達や仕事仲間達にも世界と交流を持ち始めるきかっけを作ったと考えているという。

2014年9月18日 (木)

アーノルド・シュワルツェネッガー、元妻と12月にも離婚成立へ

アーノルド・シュワルツェネッガーアーノルド・シュワルツェネッガーとマリア・シュライバーの離婚が、12月に成立する見込みだ。1986年に結婚した2人は、シュワルツェネッガーとハウスキーパーだったミルドレッド・バエナとの隠し子が発覚したことで3年前に破局、2011年の7月に離婚を申請していた。4人の子供を持つ2人は、シュワルツェネッガーの推定3億ドル(約320億円)とジョン・F・ケネディ元米大統領の姪であるマリアの1億ドル(約109億円)という計4億ドル(約430億円)の財産分与について友好的な同意に至っているというが、その財産の多さから子供たちへの相続の話も含めて、ここまで来るのは簡単な作業ではなかったため、時間がかかったと言われている。

2014年8月11日 (月)

アーノルド・シュワルツェネッガー、「ターミネーター」シリーズ最新作のタイトルを発表!

アーノルド・シュワルツェネッガーアーノルド・シュワルツェネッガーが、大人気シリーズ「ターミネーター」の5作目のタイトルが『Terminator Genisys』になると発表した。シュワルツェネッガーは8月6日、現在製作中の同シリーズ第5弾のタイトルがプリントされた黒の監督イスに座った自身の姿が映った写真をインスタグラムに投稿し、今回のニュースを発表した。アラン・テイラーがメガホンを取り、来年7月公開予定。シュワルツェネッガーは今回の投稿で、同作のやりがいあるシーン撮影が正式に終了したと報告している。

2014年7月23日 (水)

シュワちゃんの息子、トム・フォードの広告塔に抜擢

パトリック・シュワルシェネッガーパトリック・シュワルシェネッガーが、トム・フォードの広告塔に抜擢された。アーノルド・シュワルツェネッガーの息子、パトリックは、トム・フォードの秋冬コレクションのキャンペーンモデルとしてヴォーグ、ハーパーズ・バザー、エル、ヴァニティフェアなどの名だたるファッション誌の紙面を飾ることになる。その新広告では黒のタートルネックを着たパトリックが、アニマルプリント柄のコートと同ブランドでおなじみのサングラスをかけたジジ・ハディッドを見つめている姿を披露しているという。パトリックはモデル業だけでなく、父親のように映画業界での俳優の道も考えているようで、昨年はロマコメ作『スタック・イン・ラブ』でリリー・コリンズとローガン・ラーマンと共演したほか、『アダルトボーイズ青春白書2』では男子学生役でテイラー・ロートナーとの共演を果たしている。

2014年4月 8日 (火)

アーノルド・シュワルツェネッガー、キャリア成功の秘訣は否定的なアドバイスを受け入れないこと!

アーノルド・シュワルツェネッガーアーノルド・シュワルツェネッガーは「ノー」という答えを受け入れない姿勢が、自身のキャリアが成功した理由だと考えているようだ。シュワルツェネッガーは、『トゥルー・ライズ』「ターミネーター」シリーズ、『トータル・リコール』ら数々のアクション映画における演技が評価され、3月30日、ロンドンのグロブナー・ハウス・ホテルで行われたジェイムソン・エンパイア・アワードでアクション・ヒーロー・オブ・ア・ライフタイム賞を授与された。受賞スピーチでシュワルツェネッガーは「僕はボディビルダーとしてはやっていけないと言われました。それに映画界では成功しないと言われました。僕は体が大きすぎるし、僕の英語のアクセントでは仕事にならないと言われました。でも僕はその言葉に耳を貸すことはなく、キャリアを成功させてきたのです」と語った。さらに主役を演じる『ターミネーター』での決めゼリフを使い、「だから『ノー』なんて言葉を受け入れないでください。ありがとうございました。それに俺は戻ってくるぜ」と続けた。

2014年4月 2日 (水)

第19回エンパイア賞の受賞者が発表!

トム・クルーズ第19回エンパイア賞で、『ゼロ・グラビティ』が映画賞に輝いた。3月30日にロンドンのグロブナー・ハウスで行われた同アワードで『ゼロ・グラビティ』が、『それでも夜は明ける』『キャプテン・フィリップス』『ホビット 竜に奪われた王国』『ハンガー・ゲーム2』をおさえて見事映画賞に輝き、監督のアルフォンソ・キュアロンも監督賞を受賞している。その他、『ウォルト・ディズニーの約束』のエマ・トンプソンが女優賞、『フィルス』のジェームズ・マカヴォイが男優賞に輝き、『それでも夜は明ける』のマイケル・ファスベンダーと『ブルージャスミン』のサリー・ホーキンスがそれぞれ助演男優賞と助演女優賞を受賞している。今回のアワードでは、トム・クルーズのこれまでの映画業界での成功を称えて、特別賞のレジェンド・オブ・アワ・ライフタイム賞が、アクション映画での活躍を称えてアーノルド・シュワルツェネッガーに特別賞のジ・アクション・ヒーロー・オブ・アワ・ライフ・タイム賞がそれぞれ贈られている。

2014年3月11日 (火)

アーノルド・シュワルツェネッガー、『ターミネーター: ジェネシス』に期待

アーノルド・シュワルツェネッガーアーノルド・シュワルツェネッガーは、『ターミネーター:ジェネシス』に取り掛かることをとても楽しみにしているそうだ。カリフォルニア州知事を務めていた2003年から2011年の間、同シリーズからの降板を余儀なくされていたシュワルツェネッガーは、1984年の『ターミネーター』で自らが初めて演じた役に最新作で復帰することに感激しているという。シュワルツェネッガーは「新作を楽しみにしているよ。だってご存じの通り、前回『ターミネーター』を作った時は僕は州知事だったから、その映画には出られなかったんだ。だけど今回からは復帰することになって、製作側も僕がこの作品に登場することを喜んでくれているよ。脚本が素晴らしいから、本当にこの映画を楽しみにしてるんだ」と説明している。そんなシュワルツェネッガーは、4月から全米各地で行われる撮影に備えて準備しているところのようだ。『ターミネーター:ジェネシス』は来年7月の公開を目指している。

2013年11月12日 (火)

トム・ハーディ、リブート版『ターミネーター』でジョン・コナー役へ?

トム・ハーディ

トム・ハーディが、リブート版『ターミネーター』で主演候補に挙がっているようだ。トムは2015年に公開を予定しているこの新作映画で、主役のジョン・コナーとしてアラン・テイラー監督による候補者リストに挙がっているという。2009年に公開された『ターミネーター4』では、クリスチャン・ベールが同役を演じていた。一方でサラ・コナー役には、「ゲーム・オブ・スローンズ」でおなじみのエミリア・クラーク、先日ウィル・スミスとの不倫が囁かれたオーストラリア出身女優のマーゴット・ロビー、ブリー・ラーソンらの名前が挙げられているようだ。このシリーズでは、アーノルド・シュワルツェネッガー演じるロボットのターミネーターが、サラ・コナーが将来レジスタンスのリーダーとなるジョンを産むまで守る指名を遂行する姿が描かれている。『ターミネーター4』を除いたシリーズ全作に出演してきたシュワルツェネッガーが、このリブート版でもターミネーター役を続投することになっている。

2013年9月26日 (木)

アーノルド・シュワルツェネッガー、新恋人とのロマンスがヒートアップ!

アーノルド・シュワルツェネッガー

アーノルド・シュワルツェネッガーと新恋人のヘザー・ミリガンとのロマンスがヒートアップしている。25年間の結婚生活を経て、2011年に妻のマリア・シュライバーと破局した66歳のシュワルツェネッガーは、今回、米サンタモニカのフェアモント・ホテルにあるレストラン「フィグ」に、38歳の理学療法士であるヘザーをロマンチックなディナーに連れて行き、別れ際に情熱的なキスをする姿が激写された。今年2月に初めて交際の噂が立ち始めていて、シュワルツェネッガーは妻マリアとの復縁も取り沙汰されている一方で、ヘザーにメロメロだとも言われている。シュワルツェネッガーの元家政婦との間の隠し子発覚がきっかけで、2年前に妻マリアと破局したものの、最近になっては子供の親として変わらず良い関係を保っているとシュワルツェネッガーは話していた。

2013年9月18日 (水)

アーノルド・シュワルツェネッガー、『アバター2』に悪役で出演!?

アーノルド・シュワルツェネッガー

アーノルド・シュワルツェネッガーが、『アバター2』に出演すると噂されている。シュワルツェネッガーは、盟友ジェームズ・キャメロンが監督を務めるこの作品で悪役として軍人を演じる可能性があるようだ。ただ第1作目では、キャスト陣の中でシガニー・ウィーバーが唯一知名度の高いキャストである以外は、大物俳優の起用を避けていたため、シュワルツェネッガー級の俳優が続編で起用されることになるのかははっきりしていない。これまでにも『ターミネーター』『ターミネーター2』『トゥルーライズ』といったキャメロンの代表作に出演してきているシュワルツェネッガーは、新作『ターミネーター5』に復帰する予定のほか、『エクスペンダブルズ3』『エスケープ・プラン』など数多くの新作が控えている。



最新映画ナビ関連ブログ

カテゴリ