アンナ・パキン(Anna Paquin)

2013年1月30日 (水)

アンナ・パキン、『X-Men: Days of Future Past』でローグ役続投へ

スティーヴン・モイヤー、アンナ・パキンアンナ・パキンが、新作『X-Men: Days of Future Past』でローグ役を続投することになった。アンナの他にも、『X-MEN:ファイナル ディシジョン』でシャドウキャットを演じたエレン・ペイジや、ローグの恋人となるアイスマン役のショーン・アシュモアらも続投が決定している。『X-Men: Days of Future Past』は、X-メンが人類やミュータントに大きな影響を及ぼす主要な歴史的事件を変えるために時空を旅するというストーリーで、パトリック・スチュワート、イアン・マッケラン、ヒュー・ジャックマン、ジェームズ・マカヴォイ、マイケル・ファスベンダー、ジェニファー・ローレンスらお馴染みの面々も続投する予定だ。そんな同新作は2014年7月18日の全米公開が予定されている。

2012年4月20日 (金)

『トゥルーブラッド』のアンナ&スティーヴン夫妻が待望の第1子を妊娠

アンナ・パキン、スティーヴン・モイヤー『ピアノ・レッスン』でアカデミー助演女優賞を受賞し、人気ドラマ「トゥルーブラッド」で知られるアンナ・パキンが妊娠した。2007年に同ドラマで共演し知り合ったアンナとスティーヴン・モイヤーは、3年後にマリブで結婚。2人の代理人によると、この秋にも第1子が誕生するという。そんなアンナは以前、同ドラマでセックスシーンを夫と撮影することに、抵抗を感じることはなく、むしろ、どこまでやってもいいかという境界線を分かっているため、やりやすいとさえ話していた。バイセクシャルであることを公言しているアンナだが、あまりその性的趣向について質問されることはないそうで、もっと話題にすればするほど、世間からの偏見が減ると考えているようだ。

2010年4月14日 (水)

『ピアノ・レッスン』の元天才子役アンナ・パキンが、バイセクシャル宣言!

先日、リッキー・マーティンが衝撃のゲイ告白をしたばかりだというのに、今度は『ピアノ・レッスン』で、11歳でアカデミー賞助演女優賞を受賞したアンナ・パキンが、バイセクシャルであることを宣言した。アンナは、『True Blood』で共演したスティーブン・モイヤーと婚約していることから、ますます世間を驚かせているが、スティーブンと恋に落ちたことはアンナにとっても自然なことであり驚きでもあるそう。今回は、両性愛者であることを告白することで、少しでも世間の性的な差別や平等の権利を勝ち取りたいと思い、宣言することを決めたそうだ。

2009年8月17日 (月)

アンナ・パキンが、婚約!

『ピアノ・レッスン』でホリー・ハンターの娘役を演じ、11歳でアカデミー助演女優賞を受賞したアンナ・パキンが、婚約したことが明らかになった。お相手は、現在テレビで活躍しているアンナ主演の米HBOテレビ・ドラマ「トゥルー・ブラッド」の共演者で、イギリス人俳優のスティーブン・モイヤー。27歳のアナと39歳のスティーブンは、昨年9月に出会った時にお互いに一目ぼれしたようで、今年2月には交際を公にしていた。なお、結婚式の日取りなどは明らかになっていない。

Photo:Rex Features/アフロ




最新映画ナビ関連ブログ

カテゴリ