アン・リー(Ang Lee)

2013年4月26日 (金)

ニコール・キッドマンとアン・リー、カンヌ国際映画祭の審査員に決定

ニコール・キッドマンニコール・キッドマンとアン・リーが、今年のカンヌ国際映画祭の審査員に加わった。ニコールとリーは先に審査委員長に決まっているスティーヴン・スピルバーグに加わり、今年の同映画祭で最高賞パルム・ドールの受賞作を決定するために審査を行うと発表された。今年2月に開かれたアカデミー賞では監督賞をかけて争ったスピルバーグとリーだが、カンヌでは最高賞に輝く受賞作を選ぶために力を合わせることになる。また、クリストフ・ヴァルツ、ダニエル・オートゥイユ、ルーマニア人監督クリスティアン・ムンジウ、河瀨直美、リン・ラムジー、そしてインド人女優ヴィディヤ・バランなども審査を担当する。

2013年3月20日 (水)

アン・リー、スピルバーグが蹴った旧約聖書のモーセを題材にした新作『Gods and Kings』の監督に!?

アン・リーアン・リーが、旧約聖書のモーセを題材にした新作『Gods and Kings』の監督を手掛ける可能性が出てきた。製作のワーナー・ブラザースはスティーヴン・スピルバーグに監督の依頼をしていたものの、契約にこぎつけることが出来ず、すぐさま『ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日』でアカデミー賞監督賞に輝いたリーにオファーを出した模様だ。リーは今回のオファーに対して興味を示しているようだが、スタジオ側との正式な契約交渉の席にはまだ招かれていない段階だとか。メル・ギブソン監督・主演作『ブレイブハート』に類似した作風になるとも言われている本作だが、もし今回の交渉が固まれば、これまで様々なジャンルを手掛けてきたリーにとっては、また新たな挑戦となる。




最新映画ナビ関連ブログ

カテゴリ