アルフォンソ・キュアロン(Alfonso Cuaron)

2014年4月 2日 (水)

第19回エンパイア賞の受賞者が発表!

トム・クルーズ第19回エンパイア賞で、『ゼロ・グラビティ』が映画賞に輝いた。3月30日にロンドンのグロブナー・ハウスで行われた同アワードで『ゼロ・グラビティ』が、『それでも夜は明ける』『キャプテン・フィリップス』『ホビット 竜に奪われた王国』『ハンガー・ゲーム2』をおさえて見事映画賞に輝き、監督のアルフォンソ・キュアロンも監督賞を受賞している。その他、『ウォルト・ディズニーの約束』のエマ・トンプソンが女優賞、『フィルス』のジェームズ・マカヴォイが男優賞に輝き、『それでも夜は明ける』のマイケル・ファスベンダーと『ブルージャスミン』のサリー・ホーキンスがそれぞれ助演男優賞と助演女優賞を受賞している。今回のアワードでは、トム・クルーズのこれまでの映画業界での成功を称えて、特別賞のレジェンド・オブ・アワ・ライフタイム賞が、アクション映画での活躍を称えてアーノルド・シュワルツェネッガーに特別賞のジ・アクション・ヒーロー・オブ・アワ・ライフ・タイム賞がそれぞれ贈られている。




最新映画ナビ関連ブログ

カテゴリ