アレクサンダー・スカルスガルド(Alexander Skarsgard)

2016年7月13日 (水)

新作映画『The Legend of Tarzan』、男性同士のキスシーンをカット

アレクサンダー・スカルスガルド新作映画『The Legend of Tarzan』から、アレクサンダー・スカルスガルドとクリストフ・ワルツのキスシーンがカットされたそうだ。クリストフ演じるレオン・ロムが、気を失って横たわるアレクサンダー演じるジャングルの王者ターザンにキスするシーンがあったが、公開前に行き過ぎ感があるという反応を受けたため、本編には採用しなかったのだと監督のデヴィッド・イェーツが明かした。さらにはターザンとマーゴット・ロビー扮するジェーンのラブシーンも、最初に撮ったものが原始的でありすぎたとしてセクシーさを残しながらも控えめなものに変更したのだそうだ。

2014年7月18日 (金)

ケイティ・ホームズとアレクサンダー・スカルスガルドが交際中!?

ケイティ・ホームズケイティ・ホームズとアレクサンダー・スカルスガルドが交際中だと報じられている。昨年、映画『The Giver』の撮影時に急接近した2人は、撮影終了後も連絡を取り合い、最近では度重なる密会を楽しんでいるようだ。撮影現場でのいちゃつきぶりも噂になっていたという2人だが、同作のプロモーション活動が間もなく始まるため、さらに一緒に過ごす時間が増えそうだ。2年前にトム・クルーズと離婚してからというもの、ジェイミー・フォックス、ジョージ・クルーニー、ルーク・カービーらとロマンスが囁かれたケイティは、現在は自身のキャリアや子育てに忙しすぎてデートする時間はないと話していたばかりだった。

2014年2月17日 (月)

アレクサンダー・スカルスガルドとマーゴット・ロビー、『ターザン』へ出演か!?

アレクサンダー・スカルスガルドアレクサンダー・スカルスガルドとマーゴット・ロビーが、2016年夏に公開予定の新作『ターザン』へ出演するようだ。エドガー・ライスの同名小説を映画化する新作で、アレクサンダーがターザン役を、マーゴットがターザンの恋人として有名なジェーン役を演じるという。昨年春に予定されていた撮影開始から遅れが出たものの、現在ようやく撮影準備が進められていて、他にもサミュエル・L・ジャクソンとクリストフ・ヴァルツの出演が噂されている。お馴染みのターザンの物語に沿って、赤ん坊のとき孤児になり類人猿に育てられたターザンが、出生地のロンドンに戻る内容が軸となるが、さらに今回の映画化では、ストーリーにいくつかのひねりが加えられ、時代の流れに沿った変化が見られる作品になるようだ。

2013年5月 3日 (金)

アレクサンダー・スカルスガルド、『クロウ/飛翔伝説』のリメイク作品で主演!?

アレクサンダー・スカルスガルドアレクサンダー・スカルスガルドが、『クロウ/飛翔伝説』のリメイク作品に出演すると噂されている。本作のタイトルロールには以前からジェームズ・マカヴォイやトム・ヒドルストンの名が上がっていたものの、つい先日のトムの出演報道は、どうやら関係者間の単なる会話が漏れ伝わって誇張されたものだったようだ。そんな中、アレクサンダーに白羽の矢が立っていると新たに報じられている。フィアンセを殺害された復讐を遂げるために死の世界から蘇った主人公エリック・ドレイヴンを演じる出演契約をアレクサンダーはまだ結んでいないが、アレクサンダーがその気になれば主役の座を獲得できる状況のようだ。1994年に映画化された『クロウ/飛翔伝説』をレラティヴィティー・メディア社がリメイクする本作では、F・ハビエル・グティエレスがメガホンを取ることが決まっている。そんなアレクサンダーは最新作『メイジーの知ったこと』に出演していて、そのほかにも『The East』などの新作を控えている。

2012年5月 7日 (月)

アレクサンダー・スカルスガルド、イタリア人のスカイダイバーと交際中?

アレクサンダー・スカルスガルドアレクサンダー・スカルスガルドが、イタリア人のスカイダイバー、ロベルタ・マンチーノと交際しているようだ。デートやディナーを何度も重ね、お互いこの交際に満足しているようだが、真剣な付き合いとまではいかないと言われている。そんな中、先日『バトルシップ』で共演したリアーナがアレクサンダーにメロメロであると明かしていた。現場では思わず見つめてしまっていたというリアーナの発言に、アレクサンダーはどう感じているのだろうか。そんなアレクサンダーは、過去にケイト・ボスワースと2年間交際、シャーリーズ・セロンと噂になっていたこともある。

2011年7月18日 (月)

アレクサンダー・スカルスガルド、新作映画でヴァイキング役へ

アレクサンダー・スカルスガルドTVドラマ「トゥルーブラッド」で知られるスウェーデン出身の俳優アレクサンダー・スカルスガルドが、『The Vanguard』でヴァイキングを演じることになった。アレクサンダーが演じるのは、アメリカ亡命後、母国スウェーデンに戻ろうと試みる兄弟の1人になるようだ。ワーナー・ブラザースによると、『グラディエーター』や『ブレイブハート』のような作風になるそうで、アレクサンダーはプロデュースも担当する予定。そんなアレクサンダーは、リメイク版『わらの犬』、そして人気ボードゲームを映画化した『Battleship』のほか、本年度のカンヌ国際映画祭でプレミア上映されたラース・フォン・トリアー監督作『メランコリア』では、父のステランと共演するなど、出演作が目白押しだ。




最新映画ナビ関連ブログ

カテゴリ