アレック・ボールドウィン(Alec Baldwin)

2012年7月 3日 (火)

アレック・ボールドウィン、「Orphans」でブロードウェイ復帰

アレック・ボールドウィンアレック・ボールドウィンが、「Orphans」でブロードウェイ復帰を果たすことになった。同作は、2人の孤児の兄弟の1人が、裕福だがいかがわしい紳士のハロルドを誘拐した後、ハロルドが2人の父親のような存在になるという物語。今回、1983年のライル・ケスラーの同名劇を現代風にした作品でアレックはハロルド役を演じ、ダニエル・サリヴァンが演出を務めるという。1985年にマンハッタンのウェストサイド・アーツ・シアターでオフ・ブロードウェイとして上演された同舞台だが、装いも新たにニューヨークのシューベルト劇場で来春からプロダクションを開始するという。アレックが最後にブロードウェイに出たのは、アン・ヘッシュと共演した2004年の「Twentieth Century」で、2006年にはオフ・ブロードウェイでジョー・オートン作の「スローン氏の歓待」にも出演している。

2012年6月19日 (火)

アレック・ボールドウィン、婚約者と今月末に結婚

アレック・ボールドウィンアレック・ボールドウィンが、今月末に結婚することになった。アレックは6月30日に、婚約者でヨガインストラクターのヒラリア・トーマスとニューヨークのセント・パトリック大聖堂で結婚することにしたという。この大聖堂は、フランシス・フォード・コッポラ監督作品『ゴッドファーザー』の劇中で、洗礼儀式のシーンに使われたほか、教会の石の壁で覆われた墓地は、マーティン・スコセッシ監督の『ミーン・ストリート』や『ギャング・オブ・ニューヨーク』でも使用されている。約1年間交際しているアレックとヒラリアは先月、カンヌ映画祭の後に駆け落ち同然で結婚すると噂されていた。別の関係者は「2人はヨーロッパで生活していくことを知人に話していたため、結婚式をあげるのではないかと噂になってましたね」とコメントした。また、前妻のキム・ベイシンガ-との間に16歳の娘アイルランドを持つアレックは、最近、ヒラリアとの間に子どもが欲しいと話していた。

2012年4月12日 (木)

カナダ人女優、アレック・ボールドウィンへのストーカー容疑で接近禁止に

アレック・ボールドウィンアレック・ボールドウィンに対してストーカー行為を行ったとして、カナダ人女優がアレックから離れるよう裁判所から命令を受けた。アレックに対するストーカーと悪質な嫌がらせ行為を理由に警察に通報されていたのは、女優ジュヌヴィエーヴ・サブラン。検察官によると、アレックは2010年友人に頼まれてサブラン被告とディナーを共にしたものの、その後も彼女がアレックに何度も携帯やパソコンに大量にメールを送りつけたため、携帯の番号を変更せざるを得なくなったという。2000年に映画『プルート・ナッシュ』の撮影現場でアレックと初めて出会ったジュヌヴィエーヴは、先日アレック司会で行われた『ラストタンゴ・イン・パリ』上映に際し警備員に追い出されたほか、さらには、ニューヨーク市内およびロングアイランドにあるアレックの自宅に突然現れたとも言われている。

2012年4月 5日 (木)

アレック・ボールドウィン、28歳のヨガインストラクターと婚約

アレック・ボールドウィンアレック・ボールドウィンが婚約した。4月3日に54歳の誕生日を迎えたアレックは、ヨガインストラクターのヒラリア・トーマスに週末結婚を申し込み、彼女もそれにイエスと答えたようだ。交際をスタートして約1年になるアレックと28歳のヒラリアは、2011年5月に一緒にパーティーへ出席するなどして公の場に登場。過去、アレックはキム・ベイシンガーと結婚していたが、9年間の結婚生活を送った後に関係が悪化し、2002年に離婚。さらにはその後、現在16歳の娘アイルランドちゃんの親権を巡り、キムと苦い法廷劇を繰り広げたこともある。そんなアレックとヒラリアの関係はここ数ヶ月間ですっかり真剣になっており、最近では子どものことまで口に出すようになっているという。

2012年3月20日 (火)

アレック・ボールドウィン、サーカスをボイコットするようアメリカ国民に呼びかけ

アレック・ボールドウィンアレック・ボールドウィンが、サーカスをボイコットするようアメリカ国民に呼びかけている。YouTubeに4分間のビデオを投稿したアレックは、リングリング・ブラザーズ・アンド・バーナム・アンド・ベイリー・サーカスなどのサーカス団が、動物たちに非道な扱いを行っているため、サーカスを見に行かないようにして欲しいと世間に訴えた。ビデオの中でアレックは、ステージに立つ直前に調教師が金属製のかぎ突き棒で象を叩いている様子を隠し撮りしたビデオ映像など、PETAが行ったリングリング・ブラザーズに対する調査についても言及した。これに対し、リングリング・ブラザーズの広報スティーヴン・ペインは、このビデオが2009年のもので、記録やリハーサル映像を事実とは異なるように歪めているとPETAを激しく非難、現在は改善されていると話す。そして、実際ショーで動物たちが元気にやっていることを自分の目で確かめて欲しいと反論している。

2012年2月 7日 (火)

アレック・ボールドウィン、糖尿病予備軍と診断され14キロ減量

アレック・ボールドウィンアレック・ボールドウィンが糖尿病状態と診断され、約14キロ減量したという。アレックは、2011年5月に2型糖尿病発症の恐れがあると診断された後、根本的に食習慣を変えたとアクセスハリウッドに語った。「砂糖をカットしたら4ヶ月で13キロ落ちたよ。すごいだろ。ピラティスやスピンバイクでエクササイズするけれど、ヨガはやりたくてもさほどやってないね。撮影があって運動する時間がないときは、食べる量を減らすのさ。でも、僕には砂糖が一番厄介な問題だったね。」アレックが減量しようと思ったもう一つの理由は、27歳の恋人ヒラリア・トーマスとの間に子どもが欲しいと思ったからのようだ。前妻のキム・ベイシンガーとの間に16歳の娘アイルランドがいるが、「もっと子供が欲しいかって?もちろんそうなったら嬉しいよ。本当に最高だね」とコメントしている。

2012年1月25日 (水)

ジュリア・ロバーツ&アレック・ボールドウィン、R・マーフィー新作映画で共演へ

ジュリア・ロバーツジュリア・ロバーツとアレック・ボールドウィンが、「glee」のクリエイターとして知られるライアン・マーフィーの次回監督作に出演することになった。2人が共演するのはトニー賞受賞の舞台「The Normal Heart」の映画版で、ブラッド・ピットの製作会社プランBがプロデュースを手掛ける。マーフィーは昨年8月に映画化権利を獲得しており、80年代のニューヨークでエイズに警鐘を鳴らした第1人者ネッド・ウィークス役にはマーク・ラファロを起用するよう。ジュリアは、ニューヨークで唯一新病であるエイズに真剣に取り組んだ車椅子の医師、エマ・ブルックナー役を演じる。そしてアレックが演じるのはネッドの兄役で、弟の性指向に苦悩する弁護士という役どころになるようだ。ジュリアはマーフィーの前作『食べて、祈って、恋をして』でも主演を務めた。

2011年8月15日 (月)

アレック・ボールドウィン、市長選に向け大学に入学か

アレック・ボールドウィンアレック・ボールドウィンが、ニューヨーク市長当選を目指して大学に入学する意向を見せている。2013年以降に市長選に立候補するつもりでいるアレックは、市長職をより理解するために2つの大学院で政治学を学ぶことを検討しているという。ニューヨーク生まれのアレックは、後援者から他の州での出馬を促されたものの、他の都市よりもニューヨーク市民のことの方が理解できると思っていることから、地元を離れる気はないのだそう。俳優として人気があっても、政界進出となれば話は別と考えているため、政治家としてパーティーを開いたところで参加者がいるかどうかは分からないと話している。

2011年6月13日 (月)

アレック・ボールドウィン、次回ニューヨーク市長選に出馬?

アレック・ボールドウィンアレック・ボールドウィンが、ニューヨーク市長選へ出馬するかもしれない。2013年の市長選で有力視されていた現職の民主党議員アンソニー・ウィーナーが、ツイッターで自分の下半身の画像を知らない女性に送ったことが発覚し出馬を断念したため、政界進出に長年興味を持っていたアレックの出馬が噂されている。これに対してアレックの広報は「可能性がないとは言い切れない」と微妙なコメント。「30ロック」の降板を発表した際にも政界に入る意欲を口にしており、過去にニューヨーク州知事の座を狙っているとコメントしていたこともあるため、今が絶好ののタイミングなのかもしれない。

2011年6月 3日 (金)

アレック・ボールドウィン、ヨガ講師と交際か

アレック・ボールドウィンアレック・ボールドウィンが、28歳のヨガインストラクター、ヒラリア・トーマスに夢中のようだ。アレックはヒラリアと共に何度かパーティに出席しているところを目撃されており、先月行われたカーネギー・ホールの120周年記念アフターパーティにも一緒に出席していた。関係者によると、近々開催されるトニー賞にも一緒に登場するのではないかという。キム・ベイシンガーと結婚暦があり、15歳の娘を持つアレックは、以前、年下女性には興味がないと話していたが、方向性が変わったようす。この件についてアレックの代理人は、新作映画『Rock of Ages』で共演中のラッセル・ブランドと交際中だと、冗談でかわしている。




最新映画ナビ関連ブログ

カテゴリ